違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

マザーボード

その他の違い

電気回路と電子回路の違いをわかりやすく解説!正しい使い分け方は?

パソコンの中を覗いてみると、マザーボードという基板がありますよね。

あれは『電気回路』が正しいのでしょうか、それとも『電子回路』でしょうか?

 

はなこ
『電気回路』と『電子回路』って、同じものなの?
そんなこと、考えたことなかったな。

でも、言葉が違うんだから別物だろうね。

たろう
はなこ
いったい、どうやって使い分ければいいのかしらね?

 

今回は、『電気回路』と『電子回路』の意味について調べ、その違いを解説します。

スポンサーリンク

『電気回路』と『電子回路』の違い

まずは、『電気回路』と『電子回路』の意味について調べてみましょう。

『電気回路』とは?

電気を利用するために電源、『回路素子』を導体で接続したもの

のことです。

『回路素子』という聞き慣れない言葉が登場しましが、簡単に言えば、

回路を構成する部品のこと

を指します。

例えば、次のようなものがあります。

『回路素子』の種類

抵抗

⇒電気を流れにくくさせるための部品。

インダクター

⇒コイルのこと。電圧を安定させるなどの働きがある。

コンデンサー

⇒電荷を蓄えたり、放出したりするための部品。

これらの部品を、導体でつなぎ合わせて作られた回路が『電気回路』になるわけです。

『電子回路』とは?

ダイオードやトランジスタなどの『能動素子』を持った『電気回路』

のことです。

『能動素子』とは、簡単に言えば、

小さな電力で大きな電力、電圧、電流などを得ることのできる素子

を指します。

例えば、次のようなものがあります。

『能動素子』の種類

ダイオード

⇒整流作用(電流を一定方向にしか流さない作用)を持つ部品。

トランジスタ

⇒信号を増幅するための部品。

メモ

『能動素子』に対して、抵抗やインダクター、コンデンサーなどの部品は『受動素子』と呼ばれます。

『電気回路』と『電子回路』の違い

『電気回路』と『電子回路』の違いは、

『能動素子』が回路の中に含まれているか

という点です。

ダイオードやトランジスタなどの『能動素子』が含まれていれば『電子回路』、そうでなければ『電気回路』になります。

 

しかし、『電子回路』は『電気回路』の仲間なので、『能動素子』を含んだ回路を『電気回路』と読んでも間違いではありません。

ですが、『能動素子』を含まない『電気回路』を『電子回路』と呼ぶのは誤りです。

 

また、

電気を熱エネルギーや機械エネルギーなどの『エネルギー』に変換して利用する回路は『電気回路』、

電気を信号として利用する回路は『電子回路』

と呼ぶという、使い分けもあります。

そうなると、

パソコンに搭載されるマザーボードは、CPUやメモリという電気を信号として利用する機器があるわけですから『電子回路』

ということになりますね。

はなこ
なるほど、『能動素子』を含むかどうかで『電気回路』と『電子回路』が区別されるのね。
でも、どうやって使い分ければいいのかな?

見ただけでは『能動素子』が入っているなんて分からないよ。

たろう

 

『電気回路』と『電子回路』の使い分け方

充電式乾電池

充電式乾電池

『電気回路』と『電子回路』の違いは分かりましたが、『能動素子』が入っているかどうかなんて見分けが付きませんよね。

しかし、

電気をエネルギーとして利用しているか、信号として利用しているか

については、ある程度の判別ができそうです。

 

例えば、電気ストーブは

『電気を熱エネルギーに変えて部屋を暖める』

という器具ですね。

ですから、電気ストーブに使われている回路は『電気回路』であると判断することができます。

エアコンや冷蔵庫、洗濯機なども使われている回路は『電気回路』になるでしょう。

 

では、液晶テレビはどうでしょうか?

液晶テレビには、実はトランジスタが利用されています。

液晶テレビは、小さな光源が集まって画面が形成されています。

よく、4Kテレビなんて言葉を聞きますよね。

4Kテレビは、3840×2160の画素を持ちます。

つまり、3840×2160個の光源の集合体であるということになります。

この光源ひとつひとつにトランジスタが使われています。

ですから、液晶テレビの回路は『電子回路』ということになりますね。

液晶テレビ、パソコン、デジタルカメラといった製品には、『電子回路』が組み込まれています。

 

最近では、エアコンや冷蔵庫、洗濯機にも様々な機能が追加されるようになりました。

自動で人のいる位置を判断して風を送るエアコンや、声で知らせる冷蔵庫・洗濯機などもありますよね。

こういった機能には、トランジスタが使われていることが多いです。

ですから、

エアコンや冷蔵庫、洗濯機も、実は『電子回路』が使われている場合があります。

 

はなこ
『電気回路』も『電子回路』も、電化製品にはなくてはならない大事なものよね。
僕も、『受動素子』だとか『能動素子』をもう少し勉強しようかな。
たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回のポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『電気回路』とは、電気を利用するために電源、『回路素子』を導体で接続したものである。
  • 『電子回路』とは、ダイオードやトランジスタなどの『能動素子』を持った電気回路のことである。
  • 『電気回路』は、電気を熱エネルギーや機械エネルギーなどの『エネルギー』に変換する役割を持つ回路である。
  • 『電子回路』は、電気を信号として利用する機能を持った回路である。
  • 『電気回路』を使った製品には、エアコンや冷蔵庫、洗濯機などがある。
  • 『電子回路』を使った製品には、パソコンや液晶モニタ、デジタルカメラなどがある。

『電気回路』も『電子回路』も、日常生活のあらゆる場面で活躍しています。

ぜひ、大事に使ってくださいね。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.