違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

電気治療器

その他の違い

電気治療器と低周波治療器の違いをわかりやすく解説!定義をチェック

『電気治療器』や『低周波治療器』を使ったことはありますか?

病院などで利用できたり、家庭用にも販売されていますよね。

 

はなこ
最近、肩こりがひどくてね。

『電気治療器』を買おうと思っているんだけど、どんなのがいいのかな?

『低周波治療器』というのもあるよね。

どちらの方が効果があるのかな?

たろう
はなこ
『低周波治療器』って、『電気治療器』とは違うの?

何が違うのか、調べてみたいわね。

 

今回は、『電気治療器』と『低周波治療器』について調べ、その違いを解説します。

スポンサーリンク

『電気治療器』と『低周波治療器』の定義

まずは、『電気治療器』と『低周波治療器』の意味について調べてみましょう。

『電気治療器』とは?

電気を利用して治療を行うための器具

のことです。

これだけでは、よく分かりませんよね。

電気なんかで治療ができるのでしょうか?

 

人間の体には、『生体電流』と呼ばれる微弱な電気が流れています。

脳からの司令によって筋肉を動かしたり、心臓が鼓動を打ったり、また痛みや暑さ、寒さなどを感じることには、全て『生体電流』が関わっています。

そのため、

人間の体は外部からの電気的刺激にも敏感に反応します。

その特性を利用して治療を行うための器具が『電気治療器』というわけです。

『低周波治療器』とは?

低周波の電気を利用した『電気治療器』

のことです。

つまり、

『低周波治療器』は、『電気治療器』の仲間である

ということになりますね。

 

電気には、『交流』と『直流』の2種類があります。

『交流』の場合、電流の向きが時間ごとに変わります。

なので、正極や負極の区別はありません。

発電所から工場や家庭に送られる電気は『交流』が使われています。

なので、コンセントには正極と負極の区別はありませんよね。

それに対して、『直流』は電流の向きが一定です。

乾電池から得られる電気は『直流』の仲間です。

『交流』の電流が一定時間で向きを変える回数を『周波数』といいます。

この回数が少なければ『低周波』、多ければ『高周波』ということになります。

つまり、周波数の低い電気を使った『電気治療器』のことを『低周波治療器』というわけです。

 

はなこ
『電気治療器』と『低周波治療器』の意味はわかったけど、結局なにが違うのかしら?
どんな効き目があるのかも知りたいよね。
たろう

 

『電気治療器』と『低周波治療器』の違い

『電気治療器』と『低周波治療器』では、なにが違うのでしょうか?

この2つは、主に即効性があるかどうか、また効果が持続するかどうかで分けることができます。

 

低周波の電気が流れると、

電極付近の筋肉が収縮と弛緩

を繰り返します。

筋肉が弛緩した時、血液の流れにより老廃物が洗い流され、血行が促進されます。

これにより、

患部のコリや疲れなどの症状が緩和されるという効果があります。

また、低周波の電気が流れることにより、

痛みの伝達を抑制する成分が分泌される

とも言われています。

そのため、

『痛みが緩和される』という効果もあります。

治療後の効果が持続するというのも『低周波治療器』の特徴の一つです。

ですから、慢性的なコリや疲れ、痛みを改善するのであれば『低周波治療器』のほうがおすすめです。

 

『低周波治療器』の場合、一般的には1~1,200Hz程度の電気が使われます。

Hzとは、1秒間に電流の向きが変わる回数を表します。

普通の『電気治療器』では、それより周波数の高い電気が用いられます。

特に、10,000Hz以上になると、『高周波』と呼ばれる部類になります。

『高周波』の場合、『低周波治療器』では届きにくい筋肉の奥深くまで作用して、コリや痛みを緩和してくれます。

また、

痛みの伝達を即座にブロックしてくれるので、急性の痛みには有効です。

 

『電気治療器』と『低周波治療器』は、どういう使い分けをすればいいでしょうか?

『電気治療器』は、『低周波治療器』に比べて即効性がありますが、効果の持続はそれほど長くありません。

それに対して、『低周波治療器』は即効性はありませんが、治療後も効果が持続します。

神経痛などにより痛みがひどく、すぐに痛みを和らげたい場合は『電気治療器』のほうが有効です。

慢性的な痛みやしびれがあり、それを和らげたいようなときは『低周波治療器』のほうがいいでしょう。

メモ

この他に、

『低周波治療器』の周波数を、いろいろと変えて電気治療を行う

という『スイープ波形』と呼ばれる治療法もあります。

低周波と呼ばれる周波数帯にも、その値によって様々な効能があるので、それらを組み合わせて治療するという考え方ですね。

 

はなこ
私の場合、肩こりを治したいから『低周波治療器』の方がよさそうね。
そうだね。

時間はかかるだろうけど、効果が持続するのは『低周波治療器』の方みたいだしね。

たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回のポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『電気治療器』とは、電気を利用して治療を行うための器具のことである。
  • 『低周波治療器』とは、低周波の電気を利用した『電気治療器』のことである。
  • 慢性的なこりや疲れ、痛みなどには『低周波治療器』のほうが有効である。
  • 急性の痛みに対して、即効性を求めるのであれば『電気治療器』のほうが有効である。

『電気治療器』も『低周波治療器』も、それぞれに特徴があります。

自分の症状に合わせて、使い分けるようにしましょう。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.