違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

AVAST

ITの違い

アバストの有料版と無料版の違いをわかりやすく解説!機能を比較検証

セキュリティ・ソフトに何を使っていますか?

 

はなこ
パソコンのセキュリティ・ソフトを探しているんだけど、『アバスト』っていうのが便利そうなのよね。

でも、『有料版』と『無料版』があるみたいなの。

どちらの方がいいのかしらね?

アバスト』は結構、人気のあるソフトだよね。

僕は、家のパソコンに『無料版』を使っているけど、機能は充実しているよ。

たろう
はなこ
でも、『有料版』の方が機能は多いんでしょ?

やっぱり、『有料版』を購入した方がいいのかな?

 

今回は、『アバスト』の『有料版』と『無料版』について、その違いを解説します。



アバスト公式サイト

スポンサーリンク

アバスト』の『有料版』と『無料版』の違い

AVAST

AVAST

アバスト』は、チェコのソフトウェア会社Avast Softwareが開発・販売しているセキュリティ・ソフトです。

全世界で4億人に利用されている、非常に人気のあるソフトウェアですね。

 

この『アバスト』には『有料版』と『無料版』があります。

 

それぞれの主な違いは次のようになります。

見出し(全角15文字)

  • 『無料版』の場合は無料で利用できるが、『有料版』は定期的に料金を支払わなくてはならない。
  • 『無料版』に比べ、『有料版』は機能が多い。
  • 『有料版』では、技術サポート窓口を利用することができる。

 

『無料版』が無料で利用できるのは当然ですね。

毎年、利用するための更新作業は必要になりますが、それも当然、無償で行うことができます。

『有料版』の場合、

定期的に料金を支払って利用を継続する形になります。

料金プランは次のようになります。

見出し(全角15文字)

1年 2年 3年
アバスト・プレミア 5,480円 10,980円 16,480円
アバスト・アルティメット 9,080円 なし なし

アバスト』の『有料版』には2つのグレードがあります。

『アバスト・プレミア』には、1年、2年、3年と契約年数があり、それぞれで価格が異なります。

注意ポイント

不思議なことに、わずかですが契約年数が長い方が高くなります。

最上位の『アバスト・アルティメット』については、1年の年間契約しかありません。

 

アバスト』には、日本に技術サポート窓口がありませんでしたが、2018年から開設されました。

ですから、現在では何かあった時に、問い合わせができるようになっています。

もちろん、

技術サポート窓口が利用できるのは『有料版』の場合のみとなります。

 

それでは、『無料版』と『有料版』の機能の違いについて、見ていきましょう。

 

アバスト』の『有料版』と『無料版』の機能

アバスト』の『有料版』と『無料版』には、次のような機能があります。

見出し(全角15文字)

無料版 有料版
アンチウィルス機能
Cyber Capture
Wi-Fiインスペクター
スマートスキャン
自動ソフトウェアアップデータ
リアルサイト ×
サンドボックス ×
ファイアウォール ×
ランサムウェアシールド ×
ウェブカメラシールド ×
データ抹消 ×

○・・・利用可能 ×・・・利用不可

『アンチウィルス機能』は必須機能ですから、『有料版』はもちろん、『無料版』にもあります。

すでに、パソコン内にあるファイルのウィルスチェックや除去はもちろん、ブラウザでダウンロードされたファイルのチェックも自動的に行われます。

 

『Cyber Capture』は、

怪しいファイルが検出されたらクラウドに送信し、脅威であると判断されれば全アバストユーザに通知される

という機能です。

 

Wi-Fiを使っている場合は、

『Wi-Fiインスペクター』を使って脆弱性を検知したり、無断でWi-Fiを利用しているユーザがいたら、検知することができます。

 

『スマートスキャン』は、

安全ではないパスワードや怪しいアドオン機能、古くなったソフトウェアなどを自動的に検知

する機能です。

 

『自動ソフトウェアアップデータ』は、

脆弱性のあるソフトウェアを自動検知してアップデート

してくれます。

 

以上の機能は、アバスト『無料版』と『有料版』の両方で利用が可能です。

 

『リアルサイト』は、

DNSハイジャックによる詐欺サイトへのアクセスを防止

するための機能です。

メモ

DNSハイジャックとは、

ドメイン名(サイト名と考えるとわかりやすいです)を乗っ取ることで別のサイトへユーザを誘導する仕組み

のことです。

そのような被害を未然に防ぐことが、『リアルサイト』という機能でできます。

 

『サンドボックス』は、『砂場』という意味ですが、その名の通り、

初めて動作させるファイルをパソコンに影響を与えずに動作させる環境

のことです。

怪しいフリーソフトなどには、パソコンに悪影響を与えるようなものもあります。

そのようなソフトウェアによる攻撃を未然に防ぐことができます。

 

『ファイアウォール』は、不正な通信を遮断することのできる機能です。

知らないうちに、裏で動作していたプログラムが、外部のサーバと通信していた

というような被害を防ぐことができます。

 

ランサムウェアとは、

パソコンにあるファイルを暗号化して、元に戻すために身代金を要求する

という手口に使われるプログラムです。

これを

『ランサムウェアシールド』で大事なファイルを指定

しておくと、勝手に暗号化されるのを防ぐことができます。

 

ウェブカメラが乗っ取られ、知らないうちに盗撮されていることが起きないよう、

アプリによるウェブカメラの不正利用を防止するのが『ウェブカメラシールド』です。

 

『データ抹消』では、ファイルを完全に消去することができます。

ファイルは、削除しても管理情報が書き換わるだけで、データそのものは他のデータで上書きされない限り残り続けるのです。

『データ抹消』を使えば、データ自体もきれいに消してくれます。

 

『アバスト・プレミア』と『アバスト・アルティメット』では何が違うのでしょうか?

『アバスト・アルティメット』では、『アバスト・プレミア』に加え、次の製品がバンドルされています。

『アバスト・アルティメット』に含まれる製品

  • セキュアラインVPN
  • クリーンアップ・プレミアム
  • パスワード・プレミアム

『セキュアラインVPN』は、簡単に言えば

全ての通信を暗号化

してくれる機能です。

より安全な通信を確保してくれるわけですね。

 

また、『クリーンアップ・プレミアム』は、

パソコンの中の不要なもの(不要になったレジストリやキャッシュなど)を掃除

してくれるソフトウェアです。

パソコンをクリーンアップすることで、高速な動作が期待できます。

 

『パスワード・プレミアム』は、

パスワードを管理するため

のソフトウェアです。

パスワードを、たくさん使い分けている人には、非常に便利な機能となるでしょう。



アバスト公式サイト

スポンサーリンク

まとめ

今回のポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • アバスト』の『無料版』にくらべ、『有料版』には多くの機能が追加されている。
  • アバスト』の『有料版』には『アバスト・プレミア』と『アバスト・アルティメット』の2種類がある。
  • アバスト』の『有料版』では、技術サポート窓口が利用できる。

日本では、『アバスト』の『無料版』を利用している人が圧倒的に多いです。

ですが、『有料版』には『無料版』にない優れた機能がたくさんあります。

セキュリティについて、特に注意したい人であれば、『アバスト有料版』の検討をおすすめします。



アバスト公式サイト

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.