違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

グラボ

ITの違い

グラボのメーカーによる違いをわかりやすく解説!性能を比較チェック

『グラボ(グラフィックボード)』には、様々な種類がある上に、メーカーの数も多いですよね。

どれを買えばいいのか、そこで迷う人も多いのではないでしょうか。

 

はなこ
新しいパソコンに搭載する『グラボ』なんだけど、どれにしようか迷っているの。
『NVIDIA』と『AMD』があるけど、どちらを買うの?
たろう
はなこ
それもまだ決められなくて。

でも、同じ製品でもメーカーがいろいろあって、迷うのよね。

 

今回は、『グラボ』のメーカーによる違いを解説し、その性能を比較してみました。

スポンサーリンク

『グラボ』のメーカーによる違い

グラフィックボード

グラフィックボード

『グラボ』には『GPU』という部品が搭載されています。

『GPU』は、パソコンの『CPU』と同じようなもので、主に3Dグラフィックの描画などの処理に使われます。

 

この『GPU』を製造しているメーカーは2社しかありません。

 

一つは『NVIDIA』で、『GeForce』シリーズで有名なメーカーです。

もう一つが『AMD』で、『RADEON』シリーズで有名なメーカーです。

 

人気があるのは『NVIDIA』のほうで、特にゲームを目的とするユーザの大半はこちらを選んでいます。

『AMD』は『Ryzen』というCPUを製造していることでも有名ですね。

CPUに『Ryzen』を選んだ人は、グラボに『RADEON』シリーズを選んでいる人が多いのではないでしょうか。

 

この『GPU』を使って、色々なメーカーが『グラボ』を製造しています。

つまり、

搭載されている『GPU』に差はない

ということになりますね。

そのため、

各メーカーは、それ以外のところで、いろいろな付加価値を加えているわけです。

例えば、ファンの数を増やしたり、コンパクトな設計にしたり、いろいろなタイプの製品があります。

なので、同じ『GPU』の製品でも、いろいろな種類が生まれるわけですね。

 

メーカーによる『グラボ』の性能比較

メーカーによって、『グラボ』の性能には、どの程度差があるのでしょうか。

ここでは例として、『NVIDIA GeForce RTX 2080Ti』という製品で検証してみます。

『NVIDIA GeForce RTX 2080Ti』は、GeForceシリーズの中では現在、最上位のモデルになります。

『NVIDIA GeForce RTX 2080Ti』のメーカー別比較

ベースクロック ブーストクロック
NVIDIA RTX2080Tiref 1350MHz 1455MHz
ZOTAC GAMING GeForce RTX 2080 Ti AMP Extreme 1350MHz 1815MHz
GIGABYTE AORUSGeForce RTX 2080 Ti XTREME 11G
1350MHz 1770MHz
PALIT GeForce RTX 2080 Ti GamingPro OC
1350MHz 1650MHz
MSI GeForce RTX 2080 Ti GAMING X TRIO 1350MHz 1755MHz
ASUS ROG-MATRIX-RTX2080TI-P11G-GAMING
1350MHz 1815MHz
玄人志向 GK-RTX2080Ti-E11GB/HOF
1350MHz 1755MHz
EVGA 11G-P4-2487-KR
1350MHz 1755MHz

『ベースクロック』も『ブーストクロック』も、高いほど処理性能が上がることを表しています。

『ブーストクロック』とは、簡単に言えば『オーバークロック(周波数を上げること)』による

限界値

を表します。

『NVIDIA』も『グラボ』は販売しています。

新しい製品が発売される時、最初に出るのが『NVIDIA』の製品になり、『リファレンス・モデル』と呼ばれます。

これが、各メーカーの製品の基準となるわけですね。

 

各メーカーとも、『ベースクロック』は変わりませんが、『ブーストクロック』に若干の違いがあります。

これは、

ファンの数や冷却機構によって、『オーバークロック』しても問題ないことが保証される

という意味になります。

なので、

『オーバークロック』して限界ギリギリまで高速に処理させるようにしたい

というコアなユーザーには、この値は非常に大事になります。

しかし、普通に使う場合、この値はあまり意味がありません。

設定を変えなえれば、『ベースクロック』で動作することになるからです。

 

『グラボ』を選択する時に、もう一つ重要な事項として出力端子があります。

最近の『グラボ』では、HDMI端子やDisplayPort端子のみが増えてきました。

もし、DVI端子をまだ使っているのであれば、DVI端子を持った『グラボ』を選択しなければなりません。

また、『グラボ』の大きさも重要なチェック項目になります。

コンパクトタイプのパソコンを作ろうとするならば、できるだけコンパクトな『グラボ』を選ぶ必要があるでしょう。

 

はなこ
『グラボ』を選ぶのも大変ね。
でも、『グラボ』は基本的に『GPU』で性能のほとんどは決まるから、メーカーにあまりこだわる必要はないんじゃないかな。
たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回のポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『GPU』を製造するメーカーは『NVIDIA』と『AMD』の2社のみである。
  • 各メーカーは、『GPU』を使って『グラボ』を生産している。
  • 各メーカーで、『グラボ』の『ベースクロック』は変わらず、『ブーストクロック』に違いがある。
  • 『グラボ』を選択する時には、端子の種類や大きさなどに注意する必要がある。

『グラボ』は、パソコンのグラフィック性能を左右する重要なパーツです。

しかし、ゲーム以外の用途であれば、それほど高性能の製品は必要ありません。

予算と自分の用途に合わせてグラボを決めるようにしましょう。

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.