違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

楽天

その他の違い

楽天ペイと楽天edyの違いと使い分け方をわかりやすく解説!

ショッピングに『楽天』を使ったことはありますか?

 

はなこ
ネットショッピングで有名なものに『楽天』があるでしょ。

キャッシュレスで買い物をしようと思っているんだけど、支払いに『楽天ペイ』と『楽天edy』っていうのがあるみたいなの。

いったい、何が違うのかな?

どちらも現金を使わずに支払いができるから便利みたいだね。

でも、違いについては僕もよく知らないな。

たろう
はなこ
どうやって使い分ければいいのか、知りたいわね。

 

今回は、『楽天ペイ』と『楽天edy』の違いについて調べ、その使い分け方を解説します。

スポンサーリンク

『楽天ペイ』と『楽天edy』の違い

そもそも、『楽天ペイ』と『楽天edy』では何が違うのでしょうか。

まずは、それぞれの意味について調べてみましょう。

『楽天ペイ』とは?

楽天が提供するQRコード決済サービス

のことです。

お店でバーコードリーダーにスマホをかざせば、現金を使うことなく、登録してあるクレジットカードで買い物をすることができる仕組みですね。

同じようなサービスに、『LINE Pay』や『Pay Pay』などがあります。

 

『楽天edy』とは?

楽天が提供しているプリペイド型電子マネー

のことです。

『あらかじめ現金を入金(チャージ)しておいて、店での支払いはチャージしたお金を使う』

という仕組みです。

同じようなサービスには、『Suica』などの交通機関用電子マネーやイオン系列の店で利用可能な『WAON』があります。

 

『楽天ペイ』と『楽天edy』の違い

『楽天ペイ』と『楽天edy』では主に次のような違いがあります。

『楽天ペイ』と『楽天edy』の違い

  • 『楽天ペイ』の利用には、クレジットカードの登録が必要である。
  • 『楽天edy』を利用するためには、あらかじめ現金をチャージしておく必要がある。
  • 『楽天ペイ』は、後払い方式であり、『楽天edy』は先払い方式である。
  • 『楽天ペイ』は、アプリが利用できれば、ほぼ全てのスマートフォンで利用できるが、『楽天edy』はおサイフケータイに対応した機種でしか利用できない。
  • 『楽天ペイ』は、利用できる店がまだ少ないのに対し、『楽天edy』は非常に多い。
  • 『楽天ペイ』のほうが『楽天edy』よりもポイント還元率が高い。

まず、

『楽天ペイ』を利用するためにクレジットカードの登録が必要

なことは当然ですね。

また、クレジットカードとして『楽天カード』を利用すると、

ポイント還元率が多くなる

というメリットがあります。

 

『楽天edy』の場合、あらかじめ現金をチャージしなければならない

のも当然ですね。

しかし、クレジットカードや銀行口座からチャージすることも可能で、『楽天カード』を指定すれば、ポイント還元率が多くなるのは『楽天ペイ』と同様です。

 

『楽天ペイ』は後払い方式で、『楽天edy』は先払い方式である

というのも、利用方法から明らかです。

『楽天ペイ』の場合、専用のアプリをスマートフォンにインストールして利用します。

そのため、

どんなスマートフォンでも『楽天ペイ』を利用することができます。

それに対して

『楽天edy』では、おサイフケータイに対応したスマートフォンでしか利用することはできません。

海外製のスマートフォンの場合、ほとんどはおサイフケータイに対応していないので注意しましょう。

 

なお、スマートフォンがおサイフケータイに対応していなくても、

『楽天カード』に『楽天edy』の機能を追加しておくことで利用できます。

 

使えるお店は、残念ながら

『楽天ペイ』の場合はまだ少ないです。

しかし、

『楽天edy』が利用できるお店は、50万店以上と、電子マネーが利用できる店舗数としてはトップクラスです。

 

気になるポイント還元率ですが、

『楽天ペイ』も『楽天edy』も200円(税込み)につき、1ポイント(つまり0.5%)還元されます。

どちらも変わらないように見えますが、実は『楽天カード』を利用すると少し事情が変わります。

『楽天ペイ』の場合、『楽天カード』をクレジットカードに指定していれば、1%ポイントが加算されます。

ところが、

『楽天edy』でチャージ方法に『楽天カード』を指定しても、0.5%しかポイントが加算されません。

つまり、『楽天カード』を利用した場合、

『楽天ペイ』は1.5%、『楽天edy』は1%のポイントが加算される

ということになります。

 

はなこ
ポイント還元率を見ると、『楽天ペイ』の方がお得に感じるわね。
でも、使えるお店が少ないのが残念だね。

『楽天edy』なら、使えるお店もたくさんあるし、便利なように思えるな。

たろう

 

『楽天ペイ』と『楽天edy』の使い分け方

楽天カード

楽天カード

まず、『楽天ペイ』と『楽天edy』のどちらを使う場合でも、

『楽天カード』を持っておくことをおすすめします。

ポイント還元率が0.5%加算されるのはやはりお得ですからね。

『楽天カード』は、

年会費も無料ですから、あまり使わない人でも損はないですよ。

また、スマートフォンが、おサイフケータイに対応していない場合は、『楽天カード』に『楽天edy』を追加しておけば、代わりに利用することができます。

 

『楽天ペイ』の場合、対応しているお店が少ないというのが問題としてあります。

よく使うお店が『楽天ペイ』に対応していない場合は、『楽天edy』のほうが便利です。

しかし、お店が『楽天ペイ』に対応しているなら、

ポイント還元率の高い『楽天ペイ』がお得ですよね。

ですから、よく利用するお店が『楽天ペイ』に対応しているかどうかで判断することになるでしょう。

また、『楽天カード』には年会費がかかりませんので、

『楽天ペイ』と『楽天edy』のどちらも持っておく

というのも一つの手です。

お店に応じて『楽天ペイ』と『楽天edy』を使い分ければ、

ポイント還元率をできるだけ多くしたまま、どこでもキャッシュレス

にすることができます。

スポンサーリンク

まとめ

今回のポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『楽天ペイ』とは、楽天が提供するQRコード決済サービスのことである。
  • 『楽天edy』とは、楽天が提供しているプリペイド型電子マネーのことである。
  • 『楽天ペイ』の利用には、クレジットカードの登録が必要であり、『楽天edy』の利用には、あらかじめ現金をチャージしておく必要がある。
  • 『楽天ペイ』は、後払い方式であり、『楽天edy』は先払い方式である。
  • 『楽天ペイ』は、アプリが利用できれば、ほぼ全てのスマートフォンで利用できるが、『楽天edy』はおサイフケータイに対応した機種でしか利用できない。
  • 『楽天ペイ』は、利用できる店がまだ少ないのに対し、『楽天edy』は非常に多い。
  • 『楽天ペイ』のほうが『楽天edy』よりもポイント還元率が高い。

『楽天ペイ』も『楽天edy』も、キャッシュレスで買い物をするには、非常に便利なサービスです。

ポイント還元率もあるので、うまく利用していきたいですね。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.