違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

Bluetooth

ITの違い 音楽の違い

flacとmp3の違いをわかりやすく解説!音質は違いはわからない?

パソコンやスマートフォンなどで、音楽を聞く時に使われるデータ形式に『flac』があります。

最近、音質にこだわりのある人たちに人気のある音楽データです。

 

はなこ
『flac』っていう音楽データがあるって聞いたことがあるんだけど、『mp3』と何が違うの?
最近、人気のあるデータ形式らしいね。

でも、違いについては僕も知らないんだ。

たろう
はなこ
人気があるってことは、『mp3』よりも音質はいいということかな?

 

今回は、『flac』と『mp3』の違いについて調べ、音質に差があるのか解説します。

スポンサーリンク

『flac』と『mp3』の違い

まずは、『mp3』について簡単に紹介します。

『mp3』とは?

音響データを圧縮する技術の1つであり、それから作られる音声ファイルフォーマット

のことです。

『MPEG-1 Audio Layer-3』が正式名称であり、人間の耳の特性を利用して、目立たない音を間引くことによって高い圧縮率を得ています。

 

『mp3』の詳細については、以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事
イヤホン
wavとmp3の違いをわかりやすく解説!音質の劣化はわからない?

スマホやパソコンなどで聞くことのできる音楽には、『wav』だとか『mp3』といった形式で保存されていますよね。   はなこ音楽を保存する時、『wav』だとか『mp3』って形式があるじゃない。 ...

続きを見る

 

『flac』とは?

Free Lossless Audio Codecの略で、可逆圧縮音声ファイルフォーマット

のことです。

『可逆圧縮』とは、

変換したデータを完全に元の状態に戻すことができる圧縮法

のことです。

それに対して、『mp3』などは完全にデータを復元することができないため『非可逆圧縮』と呼ばれます。

 

音楽データの中では、音質の劣化のないものに『wav』があります。

『flac』と『wav』との違いは

圧縮しているかどうか

という点です。

『wav』の場合、全く圧縮をしないため、音楽の長さに応じてファイルサイズは増加していきます。

 

『flac』と『mp3』の違い

『flac』と『mp3』の主な違いは、次のようになります。

『flac』と『mp3』の違い

  • 『flac』は『可逆圧縮』であり、『mp3』は『非可逆圧縮』である。
  • 『mp3』は人が聞くことのできない高音域(20,000Hz以上の音域)を間引くことでデータを圧縮するが、『flac』は高音域も含めてデータを圧縮する。
  • 『flac』は、『mp3』と比べてファイルサイズは大きくなる。

『mp3』は『非可逆圧縮』なので、音を再生した時に、圧縮前と同じ音にはなりません。

特に、人の耳では聞こえない高音域の部分を間引くことから、音を波形で見える状態にした時に、元のデータと異なることがはっきりと分かります。

『flac』は『可逆圧縮』なので、高音域も含め、元の音源を忠実に再現することができます。

その代わり、

『flac』は、『mp3』と比べると、同じ音源ではファイルサイズが大きくなります。

 

はなこ
『mp3』の場合、聞こえない音域は削っているからデータが圧縮できるわけね。
『flac』なら、音域を削らないから、元の音を忠実に再現できるってことだよね。

じゃあ、『flac』の方が音質もいいってことになるんだよね。

たろう

 

『flac』と『mp3』では音質は変わる?

エレキギター

エレキギター

『flac』と『mp3』では、音質は大きく変わるのでしょうか?

『mp3』には、ビットレートというパラメータがあります。

ビットレートは、1秒間のデータサイズの上限を表します。

なので、ビットレートが低いほど圧縮率は上がりますが、その分、音質が劣化します。

 

通常、ビットレートには128kbpsが使われます。

この程度のビットレートでは、音質の違いは、ほとんどの人が気づかないでしょう。

これより低いビットレート、例えば80kbpsや64kbps程度のビットレートを使って、はじめて音の劣化に気づくようになります。

つまり、

適正なビットレート(128kbps程度)で圧縮したのであれば、通常のオーディオ製品を使って聞く場合は、『flac』も『mp3』も音質の違いには気づきません。

そもそも、CDは22,000Hzの音域までしか収められていません。

ですから、

CDから『mp3』へ変換しても、音の劣化はほとんど発生しないこと

になります。

 

それでは、『flac』を利用する意味はないのでしょうか。

実は、

アナログレコードの場合、約100,000Hzまでの情報が入っている

と言われています。

最新のデジタル機器の方が、昔のアナログレコードよりも音域は狭いのです。

もちろん、普通の人がCDとアナログレコードを聞き比べても、違いはわからないかも知れません。

なぜなら、22,000Hz以上の音域は耳では聞き取れないからです。

しかし、音として感じる以外の部分、例えば空気の振動などにより、もしかしたら音の迫力などが違うように感じるかもしれませんね。

そのためには当然、オーディオ機器もそれなりのものを揃えなければなりません。

環境や設備などにこだわっている人には、『flac』を使うほうが、より良い音で聞ける可能性があります。

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『flac』とは、Free Lossless Audio Codecの略で、可逆圧縮音声ファイルフォーマットのことである。
  • 『mp3』とは、音響データを圧縮する技術の1つであり、それから作られる音声ファイルフォーマットのことである。
  • 『flac』は、『可逆圧縮』であり、『mp3』は、『非可逆圧縮』である。
  • 『mp3』は、人が聞くことのできない高音域(20,000Hz以上の音域)を間引くことでデータを圧縮するが、『flac』は高音域も含めてデータを圧縮する。
  • 『flac』は、『mp3』と比べてファイルサイズは大きくなる。
  • 適正なビットレート(128kbps程度)で圧縮された『mp3』は、『flac』と比べて音質に大きな違いは感じられない。

もし、

できるだけ音域を保った状態で保存したいのであれば『flac』

がおすすめです。

しかし、ファイルサイズを考慮すると、普通の音楽であれば『mp3』でも十分に良い音で聞けますよ。

関連記事

-ITの違い, 音楽の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.