違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

縄文人

その他の違い

縄文人と弥生人の違いをわかりやすく解説!性格や顔など見た目をチェック

日本の『縄文時代』と『弥生時代』、実はそれぞれの時代に栄えた人種も『縄文人』と『弥生人』に分かれます。

あなたは、『縄文人』と『弥生人』のどちらの血を強く引き継いでいると思いますか?

 

はなこ
『縄文人』と『弥生人』は、ルーツが違うって聞いたことがあるけど、本当かな?
それは僕も聞いたことがあるな。

でも、詳しいことは知らないんだ。

たろう
はなこ
『縄文人』と『弥生人』の違いについて調べてみたいわね。

 

今回は、『縄文人』と『弥生人』の違いについて調べ、その性格や見た目などを解説します。

スポンサーリンク

『縄文人』と『弥生人』の違い

まずは、『縄文人』と『弥生人』についてお話していきましょう。

『縄文人』とは?

『縄文時代(約1万6000年前~約3000年前)』に日本列島に居住していた人々

のことを指します。

『縄文時代』に栄えた人なので、『縄文人』というのは当たり前のことですね。

『縄文人』が栄えていた頃は、

日本は今のような島国ではなく、大陸と陸続き

の状態でした。

その頃に、

大陸から日本に渡ってきたのが『縄文人』

と言われています。

『縄文人』は、

古くは東南アジアからやって来た

という説がありましたが、現在では、

ロシア南東部(モンゴルの北側)にある『バイカル湖』から来たのではないか

という説が有力です。

 

『弥生人』とは?

『弥生時代(紀元前300年頃~紀元後300年頃)』に日本列島に居住していた人々

のことを指します。

この『弥生人』は、

中国の『長江』が起源

と言われています。

『縄文人』が狩猟や採集により食料を得ていたのに対し、『弥生人』は農耕により穀物を主食としていました。

 

『縄文人』と『弥生人』の違い

『縄文人』と『弥生人』では何が違うのでしょうか?

主な違いは、次のようになります。

『縄文人』と『弥生人』の違い

  • 起源が異なる。
  • 『DNA』が異なる。

起源が違うのは、前に書いたとおりです。

元々住んでいた場所が異なるので、起源も違うということになりますね。

そして、

起源が異なることから『DNA』にも違いが生じます。

『DNA』という言葉、今では非常になじみがありますよね。

人間だけではなく、あらゆる生物が持っている遺伝子のことです。

この『DNA』を調べることで、人間のルーツをたどることができます。

『DNA』の違いは、身体や性格の特徴に大きく反映します。

 

次に、『縄文人』と『弥生人』の性格や見た目について調べて見ましょう。

 

『縄文人』と『弥生人』の性格

まずは、『縄文人』と『弥生人』の性格の違いを見てみましょう

『縄文人』は、

狩猟・採集生活を主にしていたため、少人数で行動し、対等な関係を好みます。

また、

場当たり的な行動が多く、失敗してもあまり気にしないというおおらかな性格

が特徴です。

 

それに対して、『弥生人』は農耕民族なので、

秩序を重んじ、集団行動を好む

という性格です。

また、

『縄文人』と比べて計画的で慎重であり、一度の失敗が収穫量を左右することになるため失敗には厳しい

という特徴があります。

 

『縄文人』と『弥生人』の顔や見た目

『縄文人』は、

背が高く、腕や足、指が長くて、体毛が濃い

という特徴があります。

それに対して『弥生人』は、

背が低く、腕や足、指が短くて、体毛が薄い

というように、『縄文人』とは正反対の特徴を持ちます。

 

顔にも違いが見られます。

『縄文人』は、

いわゆる『ソース顔』

と呼ばれる濃い顔を持ちます。

角ばった顔で彫りが深く、二重まぶたに大きな丸い目を持ち、眉毛は太く短い傾向

にあります。

さらに、

鼻は高く、ひげは濃くて、唇が厚い

という特徴もあります。

髪の毛はくせっ毛が多く、体臭は強めだった

と言われています。

 

それに対し、『弥生人』の顔は

『しょうゆ顔』と呼ばれるあっさりとした顔

を持っていました。

丸顔で、一重まぶたに切れ長の目、細い眉をしていた

と言われています。

鼻は細くて低く、ひげは薄くて、唇は薄い

という特徴があります。

 

現代の日本人は『縄文人』『弥生人』のどっち?

さて、現代の日本人は、『縄文人』と『弥生人』のどちらの血を引き継いでいるのでしょうか?

 

ある調査によれば、

日本人の75%が『縄文人』と『弥生人』の混血である

と言われています。

純粋な『弥生人』は20%、純粋な『縄文人』にいたっては5%しかいないそうです。

なので、ほとんどの日本人は

『弥生人』の血を、ある程度は引き継いでいる

ということになりますね。

しかし、島である沖縄や、北方にある北海道には、『弥生人』があまり進出しなかったことから、

琉球人やアイヌ人には、純粋な『縄文人』が多く残っている

と考えられています。

 

はなこ
私たちは『縄文人』と『弥生人』の両方の血を引き継いでいるのね。
どちらの血をどれくらい引き継いでいるのか、一度調べてみるとおもしろいかもね。
たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回のポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『縄文人』は、『縄文時代』に、『弥生人』は『弥生時代』に、日本列島に居住していた人々のことである。
  • 『縄文人』は『バイカル湖』周辺から、『弥生人』は『長江』周辺からやって来たと言われている。
  • 『縄文人』は、狩猟民族のため、少人数で行動し、対等な関係を好む。
  • 『縄文人』は、場当たり的な行動が多く、失敗してもあまり気にしない、おおらかな性格が特徴である。
  • 『弥生人』は、農耕民族のため、秩序を重んじ、集団行動を好む性格である。
  • 『弥生人』は、計画的で慎重であり、失敗には厳しい特徴がある。
  • 『縄文人』は、『ソース顔』と呼ばれる濃い顔が多い。
  • 『弥生人』は、『しょうゆ顔』と呼ばれるあっさりした顔が多い。
  • 現代の日本人のほとんどは、『縄文人』と『弥生人』の混血である。

自分が『縄文人』と『弥生人』の血をどれくらい引き継いでいるかは、DNA鑑定で分かります。

一度、調べてもらうのも面白いかもしれませんね。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.