違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

力士

スポーツの違い

相撲のかち上げとエルボーの違いを解説!白鵬のかち上げは反則?

相撲の技である『かち上げ』を知っていますか?

 

はなこ
以前、白鵬の『かち上げ』が問題視されたことがあったわよね。
あれは『かち上げ』じゃなくて『エルボー』だと指摘されていたよね。

でも、『かち上げ』と『エルボー』って同じようなものじゃないのかな?

たろう
はなこ
『かち上げ』と『エルボー』の違いについて、ちょっと調べてみたいわね。

 

今回は、『かち上げ』と『エルボー』の違いを調べ、白鵬の『かち上げ』は果たして反則なのかどうか解説します。

スポンサーリンク

相撲技の『かち上げ』と『エルボー』の違い

まずは、『かち上げ』と『エルボー』のそれぞれの意味についてWikipediaで調べてみましょう。

『かち上げ』とは?

腕を曲げ、胸に構えた体勢で相手の胸にめがけてぶちかましを行う相撲の技

のことです。

相撲の立ち会いにおいて、力士どうしがぶつかり合う時に、

前腕部を相手に当てるような形でぶちかましを行う

のが『かち上げ』です。

相手の身体を起こしたり、ぐらつかせ、後退させること

を目的として使われますね。

 

『エルボー』とは?

格闘技で、肘の部分を使って相手を攻撃する技

のことです。

肘の部分は固く尖っているため、打撃には非常に有効な技です。

ただ、相撲に『肘打ち』という技はありません。

 

『かち上げ』と『エルボー』の違い

『かち上げ』と『エルボー』の主な違いは次のとおりです。

『かち上げ』と『エルボー』の違い

  • 『かち上げ』は主に前腕部を相手に当てるが、『エルボー』は主に肘の部分を相手に当てる。
  • 『かち上げ』は正式な相撲の技であるが、『エルボー(肘打ち)』は相撲の技にはない。

『かち上げ』は、前腕部を相手に水平になるように構えて相手に当てる形で技を出します。

それに対して、

『エルボー』は肘の部分を相手に当てる形になります。

 

また、

『かち上げ』は相撲技として正式にあるのですが、『エルボー(肘打ち)』という相撲の技はありません。

そもそも、『かち上げ』は相手の上体を起こすことが主な目的になります。

打撃が有効な『エルボー』は相撲技とは呼べないわけですね。

『エルボー』は、格闘技の中でも禁止されていることが多い技です。

肘の部分は尖っているため、当てれば相手を出血させることにも繋がります。

そのため、禁止技の中に含まれていることが多いのです。

 

ただ、エルボーを禁止していない格闘技には『ムエタイ』があります。

『ムエタイ』では『エルボー』は禁止技ではないため、有効な技として積極的に使われます。

『キック・ボクシング』では団体によって、『エルボー』を認めている場合と禁止している場合の両方に分かれています。

『プロレス』でも禁止技ですが、『エルボー』を使ったことで反則負けになることは、実際にはありません。

 

白鵬の『かち上げ』は反則技?

白鵬vs遠藤戦

白鵬vs遠藤戦

白鵬といえば、平成・令和を代表する横綱ですね。

白鵬は、『かち上げ』をよく使う力士でした。

しかし、そのことでいろいろな批判を受け、しばらくは『かち上げ』は使わなくなりました。

 

きっかけは2017年の九州場所。

『かち上げ』の他に『張り手(手のひらで相手の頬を叩く)』も多用したことで、

「横綱らしくない」

と批判を受けました。

その後、『かち上げ』や『張り手』を白鵬は、あまり使わなくなりました。

しかし、2019年の九州場所では封印していた『かち上げ』や『張り手』を多用。

その結果、

横綱審議委員会から苦言を呈されましたが、相撲協会からは『やられる方が情けない』という意見もあったようです。

とくに白鵬は、右肘にサポーターを巻いているため、その『かち上げ』の威力は倍増することになります。

また、前腕部を使う『かち上げ』というよりは、

肘のあたりを当てる『エルボー』に近い

という意見もあり、実際に相手力士が流血することも。

2019年の九州場所では43回目の優勝を果たした白鵬ですが、勝つためには手段を選ばない姿勢が『横綱らしくない』と批判があります。

 

その一方、『かち上げ』は脇が甘くなるので、そこを攻めない相手が悪いという意見もあります。

反則ととられるようなことはないのですが、横綱にふさわしくない技だとは思われているようですね。

次の場所で、白鵬が再び『かち上げ』や『張り手』を封印するのか、それとも使い続けるのか、目が離せないですね。

 

はなこ
白鵬には『かち上げ』や『張り手』は使わずに優勝を決めてもらいたいわね。
でも、白鵬も体力面で昔のような力は出せないんじゃないかな。

だから、正攻法ではなくちょっと小賢しい手を使わざるを得ないのかも知れないね。

たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回のポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『かち上げ』とは、腕を曲げ、胸に構えた体勢で相手の胸にめがけてぶちかましを行う相撲の技のことである。
  • 『エルボー』とは、格闘技で、肘の部分を使って相手を攻撃する技のことである。
  • 『かち上げ』は、主に前腕部を相手に当てるが、『エルボー』は主に肘の部分を相手に当てる。
  • 『かち上げ』は、正式な相撲の技であるが、『エルボー(肘打ち)』は相撲の技にはない。
  • 白鵬の『かち上げ』は、反則技とはとられていないが、横綱らしくない技だという批判がある。

モンゴル勢に押されている相撲界ですが、最近では、日本人の若手力士にも将来が楽しみな人が登場しています。

ひいきにしている力士がいれば、ぜひ応援してあげてくださいね。

関連記事

-スポーツの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.