違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

浸水

その他の違い

浸水と冠水の違いをわかりやすく解説!意味と使い分け方をチェック

最近は、台風や大雨による『浸水』や『冠水』の様子がニュースでよく流れるようになりました。

 

はなこ
知り合いの家が、この間の大雨で『浸水』したって言っていたわ。
そういえば、その時の大雨で道路も『冠水』していたね。
たろう
はなこ
道路の場合は『浸水』とは言わないの?
それは考えたことなかったな。

『浸水』と『冠水』は何が違うのかな?

たろう
はなこ
少し詳しく調べてみたいわね。

 

今回は、『浸水』と『冠水』の違いを調べ、その使い分け方について解説します。

スポンサーリンク

『浸水』と『冠水』の意味

まずは、『浸水』と『冠水』のそれぞれの意味について調べてみましょう。

『浸水』とは?

洪水による氾濫によって、住宅などが水に浸かること

を指します。

『浸水』の『浸』には、

『ひたる』『水につける』

という意味があります。

『床下浸水』は、その名の通り床の下まで『浸水』したこと。

『床上浸水』は、床の上まで『浸水』してしまったことをそれぞれ表します。

 

『冠水』とは?

洪水による氾濫によって、田畑や道路などが水に浸ること

を指します。

『冠水』の字に含まれる『冠』には

『上にかぶせる』

という意味があります。

水が上にかぶさった状態になるので『冠水』と言われるわけですね。

ですから、『床下冠水』や『床上冠水』なんて言葉はありませんよね。

 

『浸水』と『冠水』の違い

土のう

土のう

では、『浸水』と『冠水』では何が違うのでしょうか。

『浸水』は、水がひたる(周りが覆われる)という意味になります。

なので、

建物が水で覆われてひたった状態になるのが『浸水』です。

それに対して『冠水』は、水がかぶさる(上が覆われる)という意味になります。

なので、

田畑や道路などは『冠水』というのが正しいわけですね。

 

はなこ
『浸水』と『冠水』は、水に浸った場所によって変わるみたいね。
どうやって使い分ければいいのか、次に見てみようか。
たろう

 

『浸水』と『冠水』の使い分け方

『浸水』と『冠水』の意味が分かれば、使い分け方も簡単ですね。

基本的には、場所によって使い分ければいいわけです。

家屋や店、学校などの建物が水に浸かる場合は『浸水』となります。

それに対して道路や田畑など、地面が水に浸かる場合は『冠水』となります。

 

例えば、

家の周りの道路が『冠水』した

というのは正しい使い方ですが、

家の周りの道路が『浸水』した

というのは誤りです。

 

また、

学校が『浸水』した

というのは正しいですが、

学校が『冠水』した

というのは誤りです。

 

はなこ
建物が『冠水』したってことは、建物のてっぺんまで水に浸かったという意味になるわけね。
でも、建物が『冠水』したっていうのも妙な気がするね。
たろう

 

『浸水』や『冠水』の他に、『水没』という言葉もありますね。

建物が完全に水で覆われてしまったような場合も、「建物が『冠水』した」という言い方はせずに「建物が『水没』した」と言うのが正しいでしょう。

ですから、『冠水』という言葉を建物に使うのは、正しくないということになりますね。

 

『浸水』や『冠水』のときはどうすればよいか?

実際に『浸水』や『冠水』があったとき、どうやって身を守ればいいでしょうか?

今では、いつ豪雨などによって川が氾濫して『浸水』や『冠水』などの災害に遭うか、予想できないですよね。

 

『浸水』の場合、家屋の中に水が侵入しているわけですから、2階などの上の階に避難する必要がありますね。

家屋が『浸水』している状態なら、道路などは『冠水』しているでしょうから、その状態で避難するのは非常に危険です。

とにかく高いところへ上がり、救助を待つようにしましょう。

もちろん、

テレビやラジオなどの災害情報を参考にして、浸水する前に避難することが最も大切なことです。

 

『冠水』の被害で最近問題になるのが『アンダーパス』と呼ばれる場所です。

『アンダーパス』とは、

立体交差する道路の下をくぐるように掘り下げた構造になっている道路

のことです。

『アンダーパス』は、掘り下げた構造になっていることから水が『冠水』しやすく、しかも予想より深くなっていることがあります。

深く『冠水』していることに気づかずに車で侵入し、渡ることができずに立ち往生してしまい、命に関わる事故につながる危険もあります。

また、『冠水』している状態の道を歩いたり車で走っている時、そばを流れる用水路や川などに気づかず転落してしまう事故もよくあります。

道路が『冠水』しているときは、十分に気をつける必要があるということですね。

 

はなこ
いつ、台風や大雨の被害を受けるか、今は分からないわよね。
そうだね。

災害に対する備えは大事だし、実際に災害が発生しそうなときは、早めの避難が大事だね。

たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回のポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『浸水』とは、洪水による氾濫によって、住宅などが水に浸かることである。
  • 『冠水』とは、洪水による氾濫によって、田畑や道路などが水に浸ることである。
  • 『浸水』は、建物の周囲が水に覆われていることを表し、『冠水』は道路や田畑などの地面の上が水に覆われていることを表す。

災害は、いつ起こるか分かりません。

日頃から、『浸水』や『冠水』などの災害への備えをしておくようにしましょう。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.