違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

防水板

その他の違い

越水と氾濫の違いをわかりやすく解説!意味と使い分け方をチェック

災害時、ニュースなどで

"川が『氾濫』しました"

"堤防から『越水』しました"

と報道されますよね。

 

はなこ
この間、近くの川が『氾濫』しそうだって警報が流れて、慌てて避難したわ。
僕の家の近くもそうだったよ。

堤防から『越水』しているからすぐに避難してと言われて、避難所まで行ったよ。

たろう
はなこ
そういえば、『氾濫』と『越水』って何か違いがあるのかな?
どうだろうね。

どちらも川から水があふれ出しているわけだから、同じ意味とも思えるね。

たろう
はなこ
2つの言葉の違いについて、ちょっと調べてみたいわね。

 

今回は、『越水』と『氾濫』の違いを調べ、その使い分け方について解説します。

スポンサーリンク

『越水』と『氾濫』の意味

まずは、『越水』と『氾濫』の意味について調べてみましょう。

『越水』とは?

堤防から川の水があふれ出すこと

を指します。

堤防は、家などがある場所に、河川や海の水が浸入しないように、河岸や海岸、運河などに沿って土砂を盛り上げて作られたものですね。

つまり、堤防から水があふれ出すということは、堤防が防ぐことのできる限界を超えてしまったということになります。

『越水』という字から分かるように、

『水が(堤防を)越える』

という意味として使われるわけですね。

 

『氾濫』とは?

河川などの水があふれ広がること

を指します。

河川を流れる水の量が、豪雨などによりあまりにも多くなると、河川が流すことのできる量をオーバーしてしまい、河岸からあふれることになります。

そのような状態になったことを『氾濫』というのですね。

『氾』には『あふれる』『ひろがる』という意味があります。

そして、『濫』は『水があふれる』という意味があるので、両者を合わせて『水があふれる』ということを表しているわけですね。

 

はなこ
『越水』と『氾濫』の意味はわかったけど、2つの違いがよくわからないわね。
じゃあ、次に『越水』と『氾濫』の違いについて調べてみようか。
たろう

 

『越水』と『氾濫』の違い

ベニス

ベニス

『越水』と『氾濫』の違いはどこにあるのでしょうか?

まず、

『越水』は、水が堤防を越えて家屋等のある場所へ侵入することを表します。

つまり、水が堤防の頂上を越えたという意味になりますね。

それに対して、

『氾濫』は水の量が多くなりすぎて、河川が流すことのできる量の限界を超えて周りにあふれ出すことを表しています。

例えば、流しそうめんなどで見かける、そうめんを流すための"とい"に一気に水を流すと、"とい"が流せる量を超えて周りに水が流れてしまいますよね。

あのような現象が河川で発生したという意味になります。

なので、

水が頂上を越えて流れてきたことを表す場合は『越水』

河川が限界を超えて水があふれてきたことを表す場合は『氾濫』

を使うことになります。

また、『越水』は、主に堤防を越えて水が侵入した場合に使われます。

そして、堤防ではない場所を越えて水が侵入した場合の言葉が他にあります。

その場合は『溢水(いっすい)』という言葉が使われます。

『越水』と『溢水』は、ほとんど同じ意味です。

ただ水が越えた場所が堤防なのか、それ以外の場所なのかによって使い分けられます。

 

はなこ
なんとなく、違いは分かったような気がするわ。

じゃあ、どうやって使い分ければいいのかしら?

次は、『越水』と『氾濫』の使い分け方について調べてみよう。
たろう

 

『越水』と『氾濫』の使い分け方

『越水』と『氾濫』は、対象が堤防と河川のどちらなのかで使い分けることができます。

例えば『越水』の場合、

  • 河の水が増えて堤防を越えそうで、このままでは『越水』の危険性がある。
  • 堤防から『越水』する前に、早く避難して下さい。

というような使い方をします。

また、『氾濫』という言葉の場合、

  • 河がもうすぐ『氾濫』しそうなので、すぐに避難して下さい。
  • 『氾濫』の危険性がある河川は次のとおりです。

というようになります。

『越水』の場合、川岸から水があふれる状態を表し、『氾濫』は河川全体で水があふれる状態を表すと考えることもできますね。

 

『氾濫』には、別の使い方もあります。

例えば

  • 今の世の中は、情報が『氾濫』している。
  • 最近、ブランド品の偽物が『氾濫』している。

などのように、水以外に対しても『あふれ出ている』という意味で使うことがありますね。

 

はなこ
『越水』も『氾濫』も、どちらも水があふれ出るという意味で使う点では同じよね。
違いとしては、『越水』は河と陸地との境界を見ていて、『氾濫』は河川全体を見ているといえばいいのかな。
たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回のポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『越水』とは、堤防から川の水があふれ出すことである。
  • 『氾濫』とは、河川などの水があふれ広がることである。
  • 『越水』は、水が堤防を越えて家屋等のある場所へ侵入することを表す。
  • 『氾濫』は、水の量が多くなりすぎて、河川が流すことのできる量の限界を超えて周りにあふれ出すことを表す。
  • 『氾濫』は、水以外のものに対してもあふれ出ている様を表すために使われる。

『越水』も『氾濫』も、どちらも災害を表す言葉です。

これらの言葉が流れてきたら、できるだけ早く避難するようにしましょう。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.