違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

食べ物の違い

松屋オリジナルカレーの終了理由と創業ビーフカレーとの違いをチェック

2019年11月27日の夜、松屋のカレーファンに、大きな衝撃が走りました。

なんと、コスパのよさとおいしさから人気だったメニューの1つ、

松屋の『オリジナルカレー』が販売終了

と発表したのです。

 

大人気だった松屋のオリジナルカレーは、なぜ終了してしまうのか?

まぁ、同じくカレーメニューである『創業ビーフカレー』が関係しているのですが…

当記事では、松屋のカレーメニューオリジナルカレーの終了理由、また、創業ビーフカレーとの違いについて紹介します。

スポンサーリンク

松屋のオリジナルカレーが販売終了に…

松屋のオリジナルカレーといえば、数種類のスパイスによってすっきりとスパイシーな味が楽しめる、

「松屋はカレー屋」

と言わしめる理由にもなっている本格カレーです。

カレー好きを唸らせるおいしさはもちろん、

390円

という安さでコストパフォーマンスも抜群!

これらの理由から松屋の人気メニューだったのですが…

2019年11月27日の夜、松屋の公式Twitterが、このようなことをツイートしました。

【大切ならお知らせ 大事件】

夜分ですが皆様には早めに伝えたくて。

松屋から『オリジナルカレー』が消え⁉️来週日曜日から松屋の『オリジナルカレー』順次全店終売となります

#松屋カレーショック

#なくなる前に食べておく

#食べればわかるさ

#松屋のオリジナルカレー

なんと、

松屋のオリジナルカレーが、12月1日(日)から順次販売終了

となってしまうのです。

これにはショックを受けている人も多く、まさに、ハッシュタグ通りの松屋カレーショックとなってしまいました。

 

松屋のオリジナルカレーが終了する理由は?

それにしても、オリジナルカレーは不人気どころか、絶大な人気を得ていたメニューなのに、なぜ販売終了してしまうのでしょうか?

その理由は、オリジナルカレー終了発表の翌日、11月28日の午前10時に、松屋公式Twitterから発表されました。

内容がこちらです。

12月3日(火)10時~

松屋『創業ビーフカレー』ついに定番化‼️

牛バラ肉をとろっとろに煮込んだ創業ビーフカレーは松屋本気カレーです!!

#食べればわかるさ

#創業ビーフカレー

#松屋カレーショック

※創業ビーフカレー販売に伴い『現オリジナルカレー』は12/1より順次販売終了とさせて頂きます。

つまり、松屋のオリジナルカレーが販売終了となるのは、

オリジナルカレーの代わりに、創業ビーフカレーがレギュラーメニュー入りする

という理由だったのです。

この創業ビーフカレーというメニューは、今までは期間限定で登場していたカレーのメニューです。

価格は

490円

と、オリジナルカレーよりも100円高いです。

松屋によると、

創業ビーフカレーの定番化を望む声が大きかった

との理由から、今回のレギュラーメニュー化が決まったとのこと。

 

そして重要な情報として、

創業ビーフカレーが登場していた期間は、オリジナルカレーは提供されていませんでした。

実際に、2019年6月に創業ビーフカレーが登場した時は、オリジナルカレーがなかったことも確認しています。

なので、もともとオリジナルカレーと創業ビーフカレーは、

対になるような存在

と松屋は考えていたのでしょう。

そして今回、創業ビーフカレーのレギュラーメニュー化に伴い、オリジナルカレーがなくなることになったのです。

逆に言えば、これまでも創業ビーフカレーが期間限定で登場していたことがあったため、

要望が多ければ、期間限定でオリジナルカレーが復活する可能性も大いにありえる

と言えますね。

 

ちなみに、オリジナルカレーが終了するのは店頭での販売のみです。

松屋のオンラインサイトなどで販売されている、冷凍でのオリジナルカレーの販売は継続する

とのことなので、オリジナルカレーの味を楽しみたい人は、冷凍のオリジナルカレーを購入しましょう。

松屋のオリジナルカレーと創業ビーフカレーの違い

さて、松屋のオリジナルカレーが創業ビーフカレーに変わってしまいますが…

ここまでの情報を見る限りだと、

「単に100円の値上げをしただけかよ!」

と思うかもしれません。

が、しかし、オリジナルカレーと創業ビーフカレーは、値段が変わっただけで全く同じカレー…

ではありません!

ノーマル牛めしとプレミアム牛めしの時のように、『名前だけを変えて値上げした』と言われても仕方ないレベルの違いの差ではなく、かなりの違いがあります。

そこで、松屋のオリジナルカレーと創業ビーフカレーの違いを紹介しましょう。

松屋のオリジナルカレーと創業ビーフカレーの違い1 価格

既にふれていますが、2つのカレーは、価格が大きく違います。

オリジナルカレーの並盛が390円

なのに対し、

創業ビーフカレーの並盛は490円

と、100円高く、100円の差は値段が上がる大盛でも一緒です。

松屋のオリジナルカレーと創業ビーフカレーの違い2 具

まず、オリジナルカレーと創業ビーフカレーは中の具が違います。

オリジナルカレーは、多少の玉ねぎが入っているものの、

ほぼ具はないに等しいです。

純粋にカレーの味を楽しんでくれ!と言わんばかりのカレー、それがオリジナルカレーでした。

 

一方、創業ビーフカレーの方は、

牛肉が入っています。

とは言っても、固形の牛肉はあまり入っておらず、とろとろに煮込んだ牛バラ肉が特徴です。

ルーに牛肉の風味が溶け込んでいると言った方が正しいですね。

松屋のオリジナルカレーと創業ビーフカレーの違い3 味

当然ですが、中の具が違うということは、味も変わってきます。

オリジナルカレーの味は、一言で表すなら、

とにかく辛い

これに尽きます。

玉ねぎの旨味もあるようですが、多くの人が初めて食べた時、

「想像していた以上に辛い」

と感想をこぼすことが多いため、相当辛いのでしょう。

かなりスパイシーなカレーです。

 

一方、創業ビーフカレーは、松屋創業当時の味を再現したカレーです。

基本的にはスパイシー路線のカレーであることに変わりありませんが…

牛肉を煮込んでいるためコクがあり、辛さはオリジナルカレーよりマイルドになっている

というのが最大の特徴です。

それでも、辛さの程度はやや辛いに相当するので、辛いのが苦手な人にはまだ辛いと思いますが…

オリジナルカレーに比べれば、まろやかな味になっています。

 

以上が、オリジナルカレーと創業ビーフカレーの違いです。

正直なところ、味に関してだけ言うと、

両者は全くの別物

ですから、創業ビーフカレーはオリジナルカレーの代替メニューにはならないと思うのです。

だからこそ、SNSで大きな反響を呼んでいるのでしょうね。

実際、SNSを見ても、

「創業ビーフカレーはどこでも食べられる味で、オリジナルカレーは松屋でしか食べられない辛さだから魅力なのに」

「辛さをマイルドにして値上げとか、もう松屋に行くことはないわ」

「松屋のカレーは辛すぎたけど、創業ビーフカレーは程よい辛さだったから嬉しい」

「創業ビーフカレーはオリジナルカレーに比べるとマイルドなので、多くの人におすすめできるカレーですね」

など、賛否両論分かれていました。

それだけに、なぜ両立させることをしないのか、不思議でなりません…。

スポンサーリンク

まとめ

松屋のオリジナルカレーは、2019年12月1日から順次終売ということになりました。

その理由は、

創業ビーフカレーに置き換わるから

ということなのですが、

価格も高くなり、味も全く違い、辛さが控えめ

になることから、ネット上では賛否両論が巻き起こっています。

辛いのが苦手な人にとっては、食べられる辛さになるので嬉しいでしょうし、辛いのが好きな人からしたら、どこでも食べられるような平凡なカレーになるので、こればかりは何とも言えません。

唯一の救いは、

オリジナルカレーは、通販で売っている冷凍のものならまだ販売が継続される

ので、松屋のオリジナルカレーを食べたい人は、通販を利用してみてはいかがでしょうか。

関連記事

-食べ物の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.