違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

食べ物の違い

コーヒーのペーパーフィルターの違いを解説!味の特徴とおすすめ紹介

家カフェ、楽しんでいますか?

コーヒーを淹れるのに欠かせない道具のひとつが、お手軽なペーパーフィルターですね。

色や形、値段もそれぞれのペーパーフィルター。

どんなペーパーフィルターを使うと、コーヒーの味がどう変わるのか、気になるところです。

この記事では、ペーパーフィルターについて

  • 色の違い
  • 形の違い
  • 質と値段の違い

を解説しながら、それぞれの味の特徴と、おすすめのペーパーフィルターを紹介していきます。

スポンサーリンク

ペーパーフィルター:色の違い

市販のペーパーフィルターは、二色あります。

この色の違いは、

漂白しているかしていないか

の違いになるのです。

  • 白⇒漂白済み
  • 薄茶色⇒未漂白

未漂白の状態では、紙はうっすら茶色で、匂いも、わずかに残っています。

そう耳にすると、未漂白タイプのほうが、ナチュラルでエコな感じがしますよね。

でもコーヒー専門店では、未漂白タイプのペーパーフィルターを使っているのを、ほとんど見かけません。

これは実は、漂白・未漂白の違いは、コーヒーの匂いに影響するんです。

紙を漂白するのは、紙の匂いを除去し、繊維を絡めやすくするためです。

未漂白タイプのフィルターは、漂白タイプに比べ、紙の匂いがわずかに残ります。

 

もちろん、未漂白タイプのフィルターも、コーヒー用にきちんと処理されています。

紙の匂いが残っていても、一般的には気にならない程度です。

敏感な人は、コーヒーに移ったわずかな紙の匂いに気づくかもしれません。

お店で白い漂白済みフィルターを使うのは、そのためなのです。

匂いに敏感な人や、お客様に出す時は、漂白した白いフィルターがおすすめです。

エコでナチュラル重視なら、薄茶色の未漂白タイプ。

未漂白のフィルターは、

はじめにお湯を回しかけておく、湯通し

をすると、匂いが気にならなくなりますよ。

 

ペーパーフィルター:形の違い

ペーパーフィルターは、

  • 円錐形
  • 台形

があります。

バスケット型もあるのですが、大型のコーヒーメーカーで使うことがほとんど。

ここでは、ハンドドリップでよく使う、円錐形と台形を取り上げます。

 

ペーパーフィルターを買う前に、まず手持ちのドリッパーの形を確認してください。

ペーパーフィルターの形は、ドリッパーの形と同じものを選ぶ

ということが鉄則です。

初心者向けの、失敗の少ないドリッパーは、台形です。

コーヒーの味が安定しやすい

と言われます。

円錐型は台形に比べ、お湯が落ちていくスピードが速いです。

そのため、

お湯の量を細かく調整するコツ

をつかむ必要があります。

お湯をゆっくり注いでいると、温度が下がってしまいます。

逆に、急いで注ぐと、コーヒーがただの色水になってしまうことも。

味が安定しにくいことから、

円錐型は『中級者向け』

なんですよ。

ペーパーフィルターの形の違いは、ドリッパーの違い。

ドリッパーは、自分の使いやすいものを選んでください。

そして、ペーパーフィルターは必ず、ドリッパーの形に合わせましょう。

初心者には、失敗の少ない台形のドリッパーとフィルターがおすすめです。

 

ペーパーフィルター:質と値段の違い

ペーパーフィルターの質と値段は、

  • 質が良い⇒値段は若干高め
  • 質が落ちる⇒値段も安め

となっています。

 

安くて大量販売のペーパーフィルターは、質もそこそこ。

質の良いものに比べ、手に持つと

薄くてペラペラ

しています。

紙が薄いことは、紙の繊維が粗いから。

雑味も油も出やすい、薄味コーヒーになりがちです。

でも、コーヒーをよく飲むコスパ重視の人は、選ぶことが多いですね。

 

値段が高めのフィルターは、コーヒーメーカーから販売しているものが多いです。

紙の繊維が細かく、指で触れると厚めに感じます。

これが、質の良いペーパーフィルターの特徴です。

繊維が細かければ、成分はゆっくり抽出されますし、余分な物は漉し取ってくれます。

ペーパードリップコーヒー本来の、すっきりした味わいが楽しむことができるのです。

 

基本的には、やはり質の良いフィルターをおすすめします。

コスパを考えたり、コーヒーの油を楽しみたい場合は、粗めのフィルターもいいですね。

スポンサーリンク

まとめ

ペーパーフィルターの違いを解説しながら、それぞれの味の特徴とおすすめについて、お話してきました。

ペーパーフィルターの色の違い

  • 漂白済み
  • コーヒーにつく余分な匂いなし
  • お客様や匂いに敏感な人におすすめ

薄茶色

  • 未漂白
  • コーヒーにわずかに紙の匂いが移る
  • エコ重視の人におすすめ

ペーパーフィルターの形の違い

台形

  • さほど失敗なくドリップできる
  • 味は安定
  • 初心者におすすめ

円錐形

  • ドリップにコツがいる
  • 味は不安定
  • 中級者におすすめ

必ずドリッパーの形と合ったペーパーフィルターを使うこと。

ペーパーフィルターの質の違い

高品質

  • 値段は若干高いが繊維は細かい
  • すっきりした味
  • 万人におすすめ

低品質

  • 値段は安いが繊維が粗い
  • 味に雑味が出やすい
  • コスパ重視の人、油を楽しみたい人にはおすすめ

最近は、安くても質の良いペーパーフィルターも増えました。

フィルターの上部が切り絵状で、目で見て楽しめるものもあります。

自分のドリッパーや、好みの味にぴったりのペーパーフィルターを、ぜひ見つけてみてください。

関連記事

-食べ物の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.