違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

絵を書く女性

ITの違い

LightroomとPhotoshopの違いをわかりやすく解説!機能を比較チェック

Adobeが販売しているソフトウェアとして有名なものに『Photoshop』がありますね。

『Photoshop』とは別の製品で『Lightroom』というソフトウェアがあることは知っていますか?

 

はなこ
スマホで撮影した写真を加工しようと思っているの。

やっぱり、『Photoshop』あたりが一番いいのかな?

画像を少し加工する程度なら、『Lightroom』という製品もあるよ。
たろう
はなこ
『Lightroom』?

『Photoshop』と『Lightroom』では、いったい何が違うの?

 

今回は、『Lightroom』と『Photoshop』の機能を調べ、その違いについて解説します。

スポンサーリンク

『Lightroom』と『Photoshop』の主な機能

まずは、『Lightroom』と『Photoshop』の主な機能について調べてみましょう。

『Photoshop』は、画像編集ソフトウェアとして非常に有名ですね。

主な機能は次のようになります。

『Photoshop』の主な機能

  • 描画機能(ペン・ブラシなど)
  • 画像の編集(コピー・切り抜き・貼り付けなど)
  • 画像ファイルの読み込み・保存
  • 色調補正
  • 画像加工(拡大・縮小・回転・変形など)
  • フィルタリング(ぼかしなど)

『Photoshop』には、白紙の状態から絵を描いたり、すでにある画像を様々な形に加工するための機能がたくさんあります。

白紙の状態から絵を描くためには、描画するためのペンやブラシなどの機能が必要ですね。

また、

画像の一部分をコピーしたり切り取ったりして、別の画像に貼り付けるようなこともできます。

様々なフォーマットの画像ファイルを読み込んだり、保存したりすることができます。

画像全体を明るくしたり、逆に暗くしたり、コントラストを変更することも可能で、しかも明るい部分は緩やかに、暗い部分は急激に調整するなど、複雑な設定も可能です。

選択した範囲の画像の拡大や縮小、回転、変形などを行うこともできるので、別の背景に画像を貼り付ける時に大小関係を調整するようなことも可能ですね。

ぼかしなどのフィルタ機能も豊富に用意されています。

絵を描いたり、写真を好きなように加工したりといったことが、『Photoshop』ひとつでいろいろとできます。

 

このように、『Photoshop』はプロの使用に耐えうるよう、かなり機能が豊富にあるため、その分、操作を覚えるのには時間がかかるでしょう。

初心者には、使い始めの頃は、かなり戸惑うことでしょう。

 

一方の『Lightroom』の主な機能は次のとおりです。

『Lightroom』の主な機能

  • 画像の管理・タグ付け機能
  • 画像ファイルの読み込み・保存
  • 色調補正
  • フィルタリング

『Lightroom』の場合、画像を管理したりタグ付けを行う機能があります。

タグ付けとは、画像に対してキーワードを付加する作業を表します。

例えば、撮影した場所や人物、撮影日や撮影対象の名前など、キーワードを付けて整理しておくと、そのキーワードで検索し、画像を並べて見るようなことが可能になります。

画像ファイルの読み込み・保存や、色調補正、フィルタリングといった、『Photoshop』にある機能も『Lightroom』で使うことができます。

しかし、描画のための機能はありません。

つまり、

白紙の状態から絵を描くといったことは『Lightroom』ではできません。

 

『Photoshop』と『Lightroom』の違い

絵の具

絵の具

『Photoshop』と『Lightroom』では何が違うのでしょうか?

『Photoshop』の場合、白紙の状態から絵を描画することができますが、『Lightroom』ではそれができません。

また、

どちらも画像をいろいろな形に加工することができますが、機能は『Lightroom』よりも『Photoshop』の方が豊富にあります。

そのため、『Photoshop』があれば『Lightroom』は不要であるように思うかも知れません。

しかし、『Lightroom』にあって、『Photoshop』にはない機能もあります。

それが、画像を管理したり、タグ付けを行う機能です。

画像にタグを付けて、キーワードで検索することにより類似の画像を探したりすることは『Photoshop』ではできません。

また、

複数枚の画像に対して同じ処理を一気に行うようなことが『Lightroom』では可能です。

『Photoshop』の場合、一枚ずつ画像を読み込んでひとつずつ操作をすることを繰り返さなければなりません。

例えば、100枚ある画像に対して、コントラストを調整して、ぼかしをかける処理を行う場合、『Photoshop』で操作しようとは思わないですよね。

そのような処理をするときには『Lightroom』のほうが効率よく作業できます。

 

『Photoshop』は、一枚の画像に対して様々な加工をすることを目的としたソフトウェアです。

そのため、加工用の機能が豊富にあり、できないことはないと言うことができるでしょう。

しかし、

『Lightroom』はたくさんある写真を管理し、一括して補正を行うことを目的としたソフトウェアです。

ですから、自分の目的に合わせてどちらを利用するのか決めるということになりますね。

 

はなこ
私の場合、たくさんの写真を管理したいから『Lightroom』のほうがよさそうね。
そうだね。

それでも機能が足りないと感じるようになったら、『Photoshop』を使ってみるようにすればいいんじゃないかな。

たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『Photoshop』には、白紙の状態から絵を描いたり、すでにある画像を様々な形に加工するための機能がたくさん用意されている。
  • 『Lightroom』は、画像を管理したりタグ付けを行う機能がある他、画像を加工する機能も用意されている。
  • 『Photoshop』の場合、白紙の状態から絵を描画することができるが、『Lightroom』ではそれができない。
  • 画像にタグを付けて、キーワードで検索することにより、類似の画像を探したりすることは『Photoshop』ではできない。
  • 『Photoshop』は、一枚の画像に対して様々な加工をすることを目的としたソフトウェアである。
  • 『Lightroom』は、たくさんある写真を管理し、一括して補正を行うことを目的としたソフトウェアである。

『Photoshop』と『Lightroom』では、利用目的によって使い勝手が大きく変わります。

自分の目的に合わせて選択するようにしましょう。

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.