違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

高速道路

その他の違い

ETC2.0とETCの違いをわかりやすく解説!メリットや料金をチェック

高速道路をよく利用する人にとって『ETC』は、なくてはならない機能のひとつですね。

そして、2016年から『ETC2.0』が導入されましたが、『ETC2.0』と『ETC』の違いを知っていますか?

 

はなこ
車に搭載されている『ETC』だけど、『ETC2.0』にバージョンアップした方がいいのかな?
どうだろうね。

家の車はまだ『ETC』のままにしているよ。

たろう
はなこ
そもそも、『ETC2.0』と『ETC』ってどれくらい違うものなの?

 

今回は、『ETC2.0』と『ETC』の違いを調べ、『ETC2.0』を使うメリットや料金について解説します。

スポンサーリンク

『ETC2.0』と『ETC』の違い

『ETC(Electronic Toll Collection System)』については、知らない人はいませんね。

高速道路の料金所で自動精算することによって、停車することなく通過することができる便利なシステムです。

この『ETC』が、本格的に導入されたのは2001年のことです。

 

利用登録料が必要であったり、車載器を取り付けなければならないなど、当初は、なかなか普及しませんでした。

しかし、2016年には利用率が9割を超え、今ではほとんどの車が『ETC』を利用している状態です。

『ETC2.0』が登場したのは2016年からで、従来の『ETC』にはなかった新たなサービスも受けられるようになりました。

 

『ETC2.0』と『ETC』の主な違いは次のようになります。

『ETC2.0』と『ETC』の違い

  • 『ETC』では高速道路の料金所での自動精算の機能しか使えなかったが、『ETC2.0』では渋滞回避支援や安全運転支援などのサービスを受けることができる。
  • 『ETC2.0』を利用することで、一部の高速道路で割引となる。

 

『ETC2.0』を利用するメリットを次に見ていきましょう。

 

『ETC2.0』を使うメリット

高速道路

高速道路

『ETC2.0』では、道路沿いにITSスポットと呼ばれる、『ETC2.0』専用サービスが受けられる場所が設置されました。

ITSスポットと車載器が相互通信することによって、

例えば『ETC2.0』に対応したカーナビゲーションシステムを搭載していれば、情報を元に最適なルートを選択して、渋滞などを回避するようなことができます。

また、

渋滞による追突の危険や、落下物、急カーブ、事故や工事の情報などを事前にドライバーに知らせることによって、安全に運転するためのサポートを得ることができます。

安全運転支援としては、

地震や津波などの災害時にも、その情報が得られるため、もしもの時にもサポートが得られる

というのはうれしいですね。

その他にも、

走行中の場所の近辺にある観光スポットを教えてくれる

というサービスもあり、ちょっとした遠出のときなどに活用することができます。

 

これからも、様々なサービスが『ETC2.0』で提供される予定になっています。

例えば、観光地の駐車場の混雑状況を把握して、渋滞情報などと合わせて最適な場所を知らせるサービスが予定されています。

また、事故の多い場所などを分析し、事故予防情報として提供するサービスも検討されています。

 

しかし、一番うれしいサービスが料金割引ではないでしょうか。

次に、『ETC2.0』で恩恵を受けられる料金割引について見てみましょう。

 

『ETC2.0』での料金割引

『ETC2.0』を利用することで、料金が割り引かれる場合があります。

現在のところ、

圏央道(東京周辺の中核都市を結ぶ円周状の高速道路)を利用すると、料金が2割引になります。

ですから、圏央道をよく利用する人にとっては、非常に大きなメリットになりますね。

 

また、高速道路から一般道におりて、道の駅を利用し、再び高速道路に入る場合、従来であれば、それぞれで料金を支払うことになるため、道の駅を利用しない場合に比べて、料金が高くなりますよね。

しかし、

『ETC2.0』を使うと、道の駅に立ち寄った場合は『一時退出』とみなされ、高速道路を降りない場合の料金のままにすることができます。

今のところ、まだ利用できる場所は限定されていますが、将来的には、どの場所でも利用できるようになるでしょう。

 

例えば、

渋滞を回避して走行した場合には料金が割り引かれる

など、さらなるサービスが展開される予定となっています。

また、圏央道以外の高速道路に対しても、『ETC2.0』を利用することで料金が割り引かれるサービスが開始されるでしょう。

 

はなこ
今のところは、割引サービスは圏央道だけなのね。

圏央道をあまり使わない人は、すぐには『ETC2.0』に切り替える必要はないかもしれないわね。

そうだね。

でも、これからもサービスや割引は広がっていくだろうから、もう少し様子を見てから切り替えてもいいかもしれないね。

たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回のポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『ETC』では、高速道路の料金所での自動精算の機能しか使えなかったが、『ETC2.0』では渋滞回避支援や安全運転支援などのサービスを受けることができる。
  • 『ETC2.0』を利用することで、圏央道を走行した場合は料金が2割引になる。
  • 『ETC2.0』を使うと、道の駅に立ち寄った場合は『一時退出』とみなされ、高速道路を降りない場合の料金のままにすることができる(現在一部の場所のみ)。

これから、『ETC2.0』を使うことで、ますます便利になっていくでしょう。

ぜひ『ETC2.0』の利用を検討してみてください。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.