違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

モニター

ITの違い

ゲーミングモニターの違いとは?機能やスペックを比較チェック!

パソコンでゲームをする人は、『ゲーミングモニター』を使っているかもしれませんね。

 

はなこ
『ゲーミングモニター』ってあるじゃない。

あれって、普通のモニターと何がどう違うの?

確かに、よく聞く言葉だね。

でも、僕も違いまではよく分からないな。

たろう
はなこ
『ゲーミングモニター』と普通のモニターでは何が違うのか、ちょっと調べてみたいわね。

 

今回は、『ゲーミングモニター』の機能やスペックを調べ、普通のモニターとの違いを解説します。

スポンサーリンク

『ゲーミングモニター』の機能やスペック

まず、どんなモニターが『ゲーミングモニター』と呼ばれるのでしょうか?

一般に、次のようなモニターを『ゲーミングモニター』と呼びます。

『ゲーミングモニター』の特徴

  • リフレッシュレートが高い
  • 応答速度が速い
  • ゲーム用の機能を持っている

リフレッシュレートとは、

画面をどれだけの回数書き換えているか

を表すパラメーターです。

通常、Hzという単位を使い、1秒間に描画される画像の枚数を表します。

 

例えば、144Hzなら1秒間に144回、画面を書き換えているということになりますね。

画像は、パソコンにあるグラフィックボードが計算してモニターへと送ります。

グラフィックボードから送られる枚数が1秒間に120枚あったとしても、モニターのリフレッシュレートが60Hzなら、

半分しか表示できない

ということになりますね。

ですから、

リフレッシュレートが高いほうが、画面も滑らかな動きになります。

ゲームの場合、動きが滑らかなほうがプレイもしやすいですよね。

 

応答速度とは、モニターに画像が届いてから画面に表示するまでの時間です。

応答速度が遅いと、いわゆる遅延が発生することになります。

特にゲームの場合、画面上の敵の動きに、すばやく反応しなければなりません。

画面の表示が遅れるとその反応も遅くなるため、不利になるわけですね。

また、

『ゲーミングモニター』と銘打った製品の中には、ゲームに役立つ機能を持ったものもあります。

例えば、映像のブレを抑える機能や、背景とオブジェクトの境界をはっきりとさせる表示方法など、様々な機能があります。

 

では、どの程度のスペックならば『ゲーミングモニター』になるのでしょうか?

パソコン用の『ゲーミングモニター』の場合、

  • 144Hz以上のリフレッシュレート
  • 1msの応答速度

というスペックが一般的です。

さらにスペックの高いものは、リフレッシュレートが240Hz程度のものもあります。

しかし、ゲーム機用として、リフレッシュレートが60Hzから75Hz程度のものも『ゲーミングモニター』と呼ばれる場合があります。

なぜなら、ゲーム機から出力される画像は、

最大でも60fps(1秒間に60枚)程度なので、60Hzを越えるリフレッシュレートはオーバースペック

になるわけですね。

 

『ゲーミングモニター』と一般的なモニターの違い

モニター

モニター

『ゲーミングモニター』と一般的なモニターの違いを見てみましょう。

『ゲーミングモニター』と一般的なモニターの違い

  • 『ゲーミングモニター』のほうがリフレッシュレートが高い。
  • 『ゲーミングモニター』のほうが応答速度が速い。
  • 『ゲーミングモニター』の場合、TNパネルが主流である。
  • 『ゲーミングモニター』のほうが価格は高い。
  • 『ゲーミングモニター』のほうが消費電力が高い。

『ゲーミングモニター』のリフレッシュレートが高く、応答速度が速いのは前に書いたとおりですね。

一般的なモニターの場合、60~75Hz程度のリフレッシュレート、5~10msの応答速度になります。

応答速度を速くするため、『ゲーミングモニター』にはTN(Twisted Nematic)パネルが使われることが多いです。

液晶パネルは、その名の通り液晶を利用したパネルです。

液晶の分子が電圧により方向を変えることで、画面が暗くなったり明るくなったりして画面が表示されます。

液晶の配置や動き方によって、液晶パネルは

  • TN(Twisted Nematic)パネル
  • VA(Vertical Alignment)パネル
  • IPS(In Plane Switching)パネル

に分けられます。

最も安価で、応答速度を速くすることができるのはTNパネルになるので、『ゲーミングモニター』にはTNパネルを使っている製品が多いです。

その代わり、発色のよさ(特に黒の表現)や、視野角による色の安定度などは他の2つに劣ります。

IPSパネルを使っている『ゲーミングモニター』もあり、発色や視野角による色の安定度はTNパネルよりもいいのですが、値段が高くなるのがネックです。

価格は、『ゲーミングモニター』のほうが性能がいい分、高価になります。

また、

消費電力も『ゲーミングモニター』のほうが高い傾向にあります。

 

はなこ
『ゲーミングモニター』はゲームに特化したモニターだから、表示回数を優先しているというわけね。
その分、発色のよさなどを犠牲にしているということもあるから、ゲーム以外の用途には向かないという気もするね。
たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回のポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『ゲーミングモニター』のほうが、リフレッシュレートが高い(一般的なモニターは60~75Hz、『ゲーミングモニター』は144Hz以上)。
  • 『ゲーミングモニター』のほうが応答速度が速い(一般的なモニターは5~10ms、『ゲーミングモニター』は1ms)。
  • 『ゲーミングモニター』の場合、TNパネルが主流である。
  • 『ゲーミングモニター』のほうが価格が高い。
  • 『ゲーミングモニター』のほうが消費電力が高い。

『ゲーミングモニター』は、まさにゲームに特化したモニターです。

パソコンをゲーム以外の用途に使うのであれば、一般的なモニターで十分ですよ。

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.