違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

グラボ

ITの違い

【NVIDIAグラボ】GTXとRTXの違いをわかりやすく解説!スペックを比較

グラボ(グラフィックボード)で、有名なメーカーにNVIDIAがあります。

従来の『GTX』シリーズに加え、最近『RTX』シリーズが新たに登場しました。

この『GTX』と『RTX』シリーズの違いを知っていますか?

 

はなこ
NVIDIAのグラボで『RTX』シリーズが販売されているでしょ。

あれがすごく気になっているのよね。

新しい機能が増えたと話題になっていたよね。

でも、詳しいことは僕も知らないんだ。

たろう
はなこ
『GTX』と『RTX』の違いについて、ちょっと調べてみたいわね。

 

今回は、NVIDIAグラボの『GTX』と『RTX』の違いについて解説します。

スポンサーリンク

【NVIDIAグラボ】『GTX』と『RTX』のスペック

まずは、『GTX』と『RTX』それぞれのスペックについて調べてみましょう。

『GTX』と『RTX』のスペック

GTX1080Ti RTX2080Ti
トランジスタ数 118億 186億
ダイサイズ 471mm2 754mm2
GPC数 6基 6基
SM数 56基 68基
CUDAコア数 3584 4352
RTコア数 68基
ベースクロック 1480MHz 1350MHz
ブーストクロック 1582MHz 1545MHz
メモリバス帯域幅 484GB/s 616GB/s
GPUメモリ 11GB GGDR5X 11GB GDDR6
TDP 250W 250W

今回は、『GTX』と『RTX』の製品として、『GTX1080Ti』と『RTX2080Ti』を選びました。

この2つは、『GTX』『RTX』それぞれの中でのハイエンド品になります。

 

トランジスタ数は、『RTX2080Ti』が『GTX1080Ti』よりも60%程度増えています。

また、CUDAコア数も『RTX2080Ti』が『GTX1080Ti』よりも20%程度増えていますね。

これらは、演算処理能力に関係する指標となるので、これだけでも

『RTX2080Ti』のほうが性能は上であること

がわかります。

GPCとはグラボの核となる部分で、この上に演算処理ユニットが搭載されています。

演算処理ユニットの数はSM数で表されていますが、これも『RTX2080Ti』のほうが多いですね。

 

価格はどうでしょうか?

『GTX1080Ti』と『RTX2080Ti』の価格

GTX1080Ti 83,980円
RTX2080Ti 194,560円

一口に『GTX1080Ti』『RTX2080Ti』と言っても、様々なメーカーが販売しています。

上で示した価格は、あくまでも一つの例に過ぎません。

ここで重要なのは、

『RTX2080Ti』が『GTX1080Ti』の倍以上の価格である

ということです。

実は、『GTX1080Ti』は、すでに生産が終了した製品です。

現在は在庫のみの販売となるので、値崩れを起こしていることもあって、『GTX1080Ti』は、かなり安く買うことができるようになりました。

 

はなこ
スペックだけ見るとやっぱり『RTX2080Ti』のほうが上のようね。
でも、総合性能としては30%くらいしか上がっていないそうだよ。

値段は倍以上するから、ちょっと買うのをためらってしまうよね。

たろう

 

『GTX』と『RTX』の違い

グラフィックボード

グラフィックボード

『GTX』と比べると、『RTX』は、

価格に見合った性能がない

という結果になりました。

では、『RTX』を買うメリットはないのでしょうか?

 

実は、先ほどのスペック表の中で解説していなかった箇所があります。

それが『RTコア数』です。

『RTX』シリーズから、新たな機能として『リアルタイム・レイトレーシング』機能が追加されました。

『RTコア』とは、レイトレーシングに特化したコアのことを指します。

なので、『GTX』シリーズには『RTコア』がないわけですね。

 

『レイトレーシング』とは、

光線の伝わる軌跡を物理法則に従ってシミュレートすることで描画

する手法です。

この手法を使うと、

まるで実写のような映像を作り出すこと

ができます。

 

『レイトレーシング』は、従来は非常に処理に時間がかかる描画方法でした。

それが、リアルタイムで可能になるのですから、本物にしか見えないような映像でゲームを楽しむこともできるわけですね。

残念ながら、この機能を使ったゲームは、今のところ多くはありません。

 

なので、現在の『RTX2080Ti』は、『GTX1080Ti』より少し性能が上がったグラボという印象です。

しかし、

これから『レイトレーシング』を利用したゲームが、誕生していきます。

ですから、先行投資の意味で『RTX2080Ti』を購入するというのも、ひとつの手です。

 

はなこ
なるほど、『RTX』シリーズは、『リアルタイム・レイトレーシング』という新しい機能を持っているというわけね。
この機能が活用されるのはこれからだから、もう少し待ってから買うというのもひとつの考え方だね。
たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回のポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『GTX』と『RTX』を比較した場合、同じグレードなら『RTX』のほうが性能は上である。
  • 『RTX』のほうが、『GTX』よりも高価である。
  • 『RTX』シリーズから、新たな機能として『リアルタイム・レイトレーシング』機能が追加された。

『RTX』が活躍するのは、まだまだこれからです。

どんなゲームが登場するのか、想像するだけでもワクワクしますね。

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.