違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

リップコスメ

ファッションの違い

口紅とリップグロスの違いをわかりやすく解説!正しい使い分け方は?

「口紅とリップグロスって、どうやって使い分けたらいいんだろう?」

 

化粧品売り場に行くと、たくさんの口紅やリップグロスが販売されていて、新商品もどんどん出てきます。

デザインや色も様々で、どれを選んでいいか迷ってしまいますよね。

 

コスメグッズを選ぶのは、女性として、とても楽しい時間です。

買うつもりはないけど、お店にフラッと立ち寄る人も少なくないでしょう。

 

ところで、口紅とリップグロスの違いを、きちんと知っていますか。

違いがはっきり分かっていれば、化粧品選びの時間を少しは短くできるかもしれません。

 

今回は、口紅とリップグロスの違いを解説していきます。

スポンサーリンク

口紅とリップグロスの違い

口紅とリップグロスの2つの違いは、一言でいえば、以下となります。

口紅

⇒唇に、色をつける化粧品を指す

リップグロス

唇に、ツヤを出す化粧品を指す

 

同じ唇に塗る化粧品ですが、全く違いますね。

では、それぞれの特徴を詳しく解説します。

口紅の特徴

口紅とは、唇に色を加える化粧品の一般的な名前です。

唇に色をつけることに、重点を置いて製造されています。

そのため、色のよさが特徴です。

 

また、種類が多いことも必見です。

口紅の色は、赤が多いです。

赤系の色といっても、朱色やピンクなどのさまざまな色があります。

最近は、黄色や紫、黒に近い色の口紅も販売されています。

 

自分の肌の色や顔のタイプにあった口紅を使えば、イメージした自分に近づけますね。

その日の気分や、シチュエーションで使い分けている女性も多いです。

口紅のメリット

口紅を塗ると、

唇をマットな仕上がり

にすることができます。

そのため、相手に上品な印象を与えやすいです。

大人の女性を演出したい時には、ピッタリのコスメグッズ

と言えるでしょう。

 

また、口紅は、色もちがとても良いです。

理由は、

成分に油分が多く使われている

からです。

クレヨンに似ているため、唇にぴったりとくっつきます。

 

食事をしても、口紅は簡単には落ちないため、塗りなおす手間がありません。

これなら食事も安心ですし、化粧直しをする手間も省けますね。

口紅のデメリット

光沢感は期待できません。

そのため、

のっぺりとした印象

を与えてしまう可能性があります。

 

また、口紅が衣服などに付着してしまうと、簡単には落ちにくいです。

服に付着した場合は、すぐにシミをとるようにしましょう。

リップグロスの特徴

リップグロスとは、唇に塗ってツヤ感や立体感を出す化粧品です。

プルンとした健康的な唇

になれるように製造されています。

思わず触ってしまいたくなるようなふっくらした唇になれますよ。

 

リップグロスの色は、

  • 透明
  • 色付き

の両方が販売されています。

色付きでも、透明がかっていることが多いようです。

この透明さが、つやつやした唇をつくるポイントになっています。

 

リップグロス単体で塗れば、自然でかわいい唇をつくることができますし、唇の上に重ねて塗ることもできます。

一つでも使えるし、口紅との併用もできるなんて、とてもお得ですよね。

リップグロスのメリット

リップグロスを塗ると、

つやつやした唇になり、きらきらな口元

をつくることができます。

相手には、かわいいと思ってもらえやすくなります。

 

ガーリーな女性に見せたいとき

に便利ですね。

女子会やデートなどのプライベートの場面で活躍できるコスメグッズと言えるでしょう。

 

また、トロリとしているため

保湿効果

も期待できます。

リップクリームの代わりに、リップグロスを使う女性も多くいます。

リップグロスのデメリット

口紅と比べると、色が落ちやすいです。

口紅は、クレヨンに似ていますが、リップグロスは

のりに近い液状タイプ

だからです。

そのため、食事をした後などは、こまめに塗りなおさなければいけません。

口紅よりも、塗りなおす手間がかかりますね。

 

また、

塗り過ぎるとベトベトした唇

になってしまいます。

一歩、使い方を間違えると、相手に下品な印象を与えてしまうため、注意が必要ですね。

スポンサーリンク

まとめ

口紅

  • 唇に鮮やかな色を加えることができる。
  • 発色のよさがポイント。
  • 赤色だけでなく、黄色や紫、黒系の色などたくさんの色がある。

メリット

  • マットな仕上がりで、上品な印象になる。
  • 色持ちが良い。

デメリット

  • 光沢感が出ない。
  • 服につくと、落ちにくい。

リップグロス

  • 唇に、ツヤ感や立体感を与えることができる。
  • 透明と色付きがある。
  • 単体で使うだけでなく、口紅の上から塗ることもできる。

メリット

  • 自然なプルンとした唇をつくることができる。
  • 唇の保湿効果がある。

デメリット

  • 色が落ちやすい。
  • 使いすぎると下品な印象を与える。

今回は、口紅とリップグロスの違いを解説しました。

 

同じ唇に塗る化粧品ではありますが、違いはたくさんあります。

気分や、目的に合わせて、2つを賢く使い分けて、きれいな女性になりましょう!

関連記事

-ファッションの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.