違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

スポーツの違い

合気道と空手の違いをわかりやすく解説!実践で強くなる習い事はどちら?

投稿日:

日本で、昔から行われれている武道として、

『合気道と空手』

があります。

 

それぞれ、方向性の異なる武道ですが、

『身を守る』

という点においては、同じものだと言えます。

最近の、物騒な情勢から、

「護身用に習いたい!」

と考えている人も多くなっています。

 

ですが、実際のところ、

『武道を習う上で、自分にどちらが向いているのか』

を見極めなければ、無駄な時間を過ごすことになるでしょう。

 

そこで、今回は、

『合気道と空手の違い』

について解説します。

自分に合った武道を見つけたい人は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

合気道と空手の違いとは

合気道と空手は、簡単に言えば、

『方向性が全く違う武道』

となります。

 

ですが、全く違うように見えて、

『部分的に似ている部分もある』

ため、それぞれの特徴を知っておく必要があるでしょう。

合気道は『力がいらない分、習得が難しい武道』

合気道は、一般的に、

『力に頼らない武道』

という認識があります。

 

この認識は、限りなく正しいものです。

実際、

『合気道の達人に、力の強い人は少ない』

ことは確かです。

 

普通、誰かと対峙した場合、

『力と力のぶつかり合い』

になることが多いのですが、合気道は、これを避ける傾向にあるのです。

そして、合気道の真骨頂として、

『力学的に、相手の力を利用する』

ということを前提として、技を繰り出すことになります。

 

技は、基本的に、相手に攻撃を与える際、

  • 支点
  • 力点
  • 作用点

というものが存在します。

また、力が作用する方向性なども関係してくるのですが、合気道は、

『これら全てを上手く利用する』

ことで、相手に技をかけていくようになります。

空手は『力に頼る分、鍛錬が難しい武道』

次に、空手について解説します。

空手は、よく知られているように、

『突きや蹴り』

を主体とする武道となります。

 

その為、合気道と比べて、

『自分から、相手に力を向ける』

ことが多くなっているのです。

これにより、技の威力は、

『肉体の力強さ』

に比例して、大きくなると思って良いでしょう。

 

ですが、合気道と違って、

『技の威力を高めるための鍛錬』

は、欠かさず行わなければなりません。

特に、勘違いされがちな、

『腕・足だけトレーニング』

ではなく、体全体のトレーニングが必要となります。

これが出来なければ、空手で強くなることは出来ないでしょう。

 

違いを知り、強くなるには、やってみることが重要

はちまきを巻く男性

合気道と空手について解説しました。

ここまでの内容を見ると、

『それぞれの武道は、必要とする部分がそれぞれ違う』

ことが分かります。

 

ですが、どちらの武道を行うとしても、

『鍛錬』

という点において、特に違いはありません。

『合気道』も『空手』は、どちらにしても鍛錬は必要

武道は、全てにおいて、

『自分を高めるためのもの』

だと言えます。

 

その為、前提として、

『厳しい鍛錬を積む』

ことは避けられません。

いくら、護身用としての武道を身に付けたいと考えても、

『鍛錬せずに、習得を目指したい』

というわけには行かないのです。

 

筋力トレーニングが必要ないと考えられている合気道でも、

『実戦で使える技を使うためには、何年もの鍛錬が必要になる』

のです。

また、力に頼らない分、

『相手の呼吸に合わせた動き』

を要求されるため、感覚を掴めなければ、いつまで経っても上達しないでしょう。

 

空手に関しても、技の源になるのは、

『体全体の力』

になるため、身体を満遍なく鍛え抜くことが基本となります。

そのための鍛錬方法は、様々なものがありますが、

『どれも、一朝一夕では出来ないものばかり』

であることから、すぐに止めてしまうこともあります。

 

合気道と空手を始めたいと考えている人は、

『鍛錬をやり続ける決意』

を、1番最初に持っておきましょう。

1度は体験してみる

合気道と空手の最も大きな違いは、

『力と技の使い方』

にあります。

 

これは、言葉で説明をすることは出来ますが、実際のところ、

『やってみなければ、本質は分からない』

と言えるのです。

 

よく、テレビなどで、

『武道を紹介する番組』

があります。

これらの番組を見ていると、大抵の人は、

「半分ヤラセだろ」

と感じる人も多いでしょう。

 

実際、ヤラセの場合もあるのですが、中には、

『見ただけでは、決して分からない武道の極意』

を含んだものが存在しています。

こういった場面は、

『本当に武道をやったことがある人にしか分からない世界』

です。

 

その為、本気で合気道か空手を始めるなら、

『どちらも、1度は経験しておく』

ことをお勧めします。

 

武道は、とにかく、

『体で感じて、頭で考える』

ことを繰り返すものです。

その為、まずは体を動かし、

『体験する』

ということが必要になるのです。

 

これをせずに、武道をいきなり始める人も多いのですが、その場合、

『武道の本質や、自分に合っているかが分からない』

まま、無駄な時間を過ごしてしまうでしょう。

また、1回・2回やっただけでは、

『武道の本質』

を見極めることも難しいです。

 

最低でも、

『1ヶ月』

は、継続して続けてみた方が良いでしょう。

 

実際のところ、方向性が違うだけで、

『合気道・空手の両方とも、強くなることは可能』

です。

後は、一定期間続けて、

『どちらの方が、自分に向いているか』

を確かめてみてください。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめとしては、

『方向性の違いがあるだけで、どの武道でも強くなることは出来る』

ということが言えます。

 

よく、

「自分には向いていないから、強くなれない」

と言っている人を見かけますが、これは正しい判断とは言えません。

確かに、向いている武道というものはあります。

しかし、一定期間取り組めば、

『自分の身を守れるくらいには、誰でも上達することができる』

のです。

 

足りないのは、

『しっかりと取り組める気概』

だけです。

なので、これが出来る人は、何をしても強くなります。

その為、まずは体験してみて、

『自分が最も真剣に取り組めるもの』

を見つけてみてください。

関連記事
アイキャッチ 柔道・柔術 違い
柔道と柔術の違いをわかりやすく解説!技とルールをチェック!

日本の武道において、 『柔道と柔術』 は、それぞれ人気の高いものとなっています。   これらは、ともに、 『無手で相手と戦うための武道』 であり、柔術を祖として、柔道が生まれた経緯があります ...

続きを見る

関連記事

-スポーツの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.