違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

色鉛筆

ITの違い

【色】RGBとCMYKの違いをわかりやすく解説!綺麗に印刷する方法は?

『RGB』と『CMYK』は、どちらも色の三原色と呼ばれるものです。

あなたは、『RGB』と『CMYK』の違いについて知っていますか?

 

はなこ
パソコンで画像編集ツールなんかを使っていると、色のモードに『RGB』と『CMYK』があるわよね。

あれって、いったい何が違うの?

色の三原色を表す言葉だよね。

でも、違いは僕にもわからないな。

たろう
はなこ
『RGB』と『CMYK』の違いについて、調べてみたいわね。

 

今回は、『RGB』と『CMYK』の違いを解説し、綺麗に印刷する方法について見てみましょう。

スポンサーリンク

【色】『RGB』と『CMYK』の違い

まずは、『RGB』と『CMYK』の意味について解説します。

『RGB』とは?

『Red(赤)』『Blue(青)』『Green(緑)』からなる光の三原色

のことです。

パソコンのモニタやスキャナなどでは、このカラーモードが利用されています。

三原色を重ね合わせると明るい色になり、三原色の全てが最大になると白色になることから、

『加法混合』『加法混色』

とも呼ばれます。

 

『CMYK』とは?

『Cyan(シアン)』『Magenta(マゼンタ)』『Yellow(黄)』からなる色料の三原色

のことです。

色料とは、紙や布などに着色するための顔料や染料を意味します。

プリンタなどに用いられるカラーモードで、三原色を重ね合わせると暗い色になり、三原色が最大になると黒色に近くなることから、

『減法混合』『減法混色』

とも呼ばれます。

 

なぜ『CMY』ではなく『CMYK』と呼ばれるのでしょうか?

『K』は『キープレート』の略で、黒色のことを表します。

実は、三原色を重ね合わせても完全な黒色にはなりません。

そのため、画像の輪郭などを表すために黒色の色料も使われます。

そのため、『CMYK』というわけですね。

 

『RGB』と『CMYK』の違い

それぞれの意味がわかれば、違いははっきりしていますね。

『RGB』と『CMYK』の違い

  • 『RGB』と『CMYK』では、構成する三原色が異なる。
  • 『RGB』は三原色を重ね合わせると白色になり、『CMYK』は三原色を重ね合わせると黒に近い色になる。
  • 『RGB』はモニタやスキャナに用いられ、『CMYK』はプリンタに用いられる。
  • 『RGB』と『CMYK』では、再現できる色の領域が異なる。

『RGB』と『CMYK』では、構成する三原色が異なることは先ほど見たとおりです。

また、『RGB』は三原色を重ね合わせると白色になるのに対し、『CMYK』では黒に近い色になります。

『RGB』がモニタやスキャナに使われ、『CMYK』がプリンタに使われるのもすでにお話しましたね。

 

『RGB』と『CMYK』のもう一つの大きな違いが、

再現できる色の領域が異なる

という点です。

『RGB』のほうが、『CMYK』よりも広い領域の色を表現することができます。

 

はなこ
『RGB』と『CMYK』では、構成する三原色が異なるのね。
だから、表現できる色の領域も異なることになるんだね。
たろう

 

綺麗な色で印刷をするには

シルク印刷

シルク印刷

画像をプリンタで印刷してみると、モニタに表示されたものより色がくすんでいたり、暗くなってしまった経験はないでしょうか?

この現象は、先ほど説明した、『RGB』と『CMYK』の色の領域の違いから発生します。

『RGB』は、『CMYK』よりも広い領域の色を表現することができます。

それを印刷する時、

『CMYK』では表現できない色が、どうしてもできてしまいます。

そのため、そのままで印刷すると、モニタと同じような色にならないわけですね。

モニタとプリンタの色を同じようにするためには、画像のカラーモードを変換する必要があります。

たいていの画像編集ツールでは、カラーモードを変換する機能が付いています。

それを使い、

画像のカラーモードを『RGB』から『CMYK』に変換するわけです。

『CMYK』に変換すると、たいていの画像は色がくすんだように見え、暗くなるでしょう。

その状態で、最適な形に画像の色を修正すれば、綺麗な印刷ができます。

 

なぜ、二つのカラーモードが必要になるのでしょうか?

モニタは、『赤』『青』『緑』の3つの光を使って色を表現します。

それに対して、プリンタは『シアン』『マゼンタ』『黄』の3つの色料を使って色を表現します。

つまり、

色を表現するのに使う道具に違いがあるわけですね。

そのため、『RGB』と『CMYK』という2つのカラーモードが必要になるのです。

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『RGB』とは、『Red(赤)』『Blue(青)』『Green(緑)』からなる、光の三原色のことである。
  • 『CMYK』とは、『Cyan(シアン)』『Magenta(マゼンタ)』『Yellow(黄)』からなる色料の三原色のことである。
  • 『RGB』と『CMYK』では、構成する三原色が異なる。
  • 『RGB』は三原色を重ね合わせると白色になり、『CMYK』は三原色を重ね合わせると黒に近い色になる。
  • 『RGB』はモニタスキャナに用いられ、『CMYK』はプリンタに用いられる。
  • 『RGB』と『CMYK』では、再現できる色の領域が異なる。
  • 『CMYK』では表現できない『RGB』の色があるため、画像を印刷するときは『CMYK』に変換してから調整の上で行うとよい。

画像をプリントアウトしてくれるサービスなどがありますが、このときも『RGB』から『CMYK』に変換して印刷されます。

ですから、プリントを依頼するときは、『CMYK』に変換して調整することを忘れないようにしましょう。

関連記事

-ITの違い

Copyright © 違いを解説君 , All Rights Reserved.