違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

N700系

その他の違い

スマートEXとエクスプレス予約の違いを解説!使い分け方をチェック

あなたは、新幹線はよく利用するでしょうか?

新幹線をよく利用する人に便利なサービスとして、

  • スマートEX
  • エクスプレス予約

があります。

この2つの違いを知っていますか?

 

はなこ
実家に帰省するときに新幹線をよく使うから、新幹線を予約できるサービスを利用しようと思っているの。

調べてみたら、『スマートEX』と『エクスプレス予約』の2種類があったんだけど、いったい何が違うの?

どちらもJR東海とJR西日本が提供しているサービスだね。

でも、違いについては僕も知らないな。

たろう
はなこ
『スマートEX』と『エクスプレス予約』の違いについて知りたいわね。

 

今回は、『スマートEX』と『エクスプレス予約』の違いについて解説し、その使い分け方をチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

『スマートEX』と『エクスプレス予約』の違い

『スマートEX』も『エクスプレス予約』も、JR東海とJR西日本が提供している新幹線予約サービスのことです。

『スマートEX』は、手軽にネット予約して新幹線を利用したい人向けのサービスです。

それに対して

『エクスプレス予約』はお得に新幹線を利用したい人向けのサービスです。

それぞれ、対象としている人が異なるため、次のような違いがあります。

『スマートEX』と『エクスプレス予約』の違い

スマートEX エクスプレス予約
対象区間 東海道・山陽新幹線(東京~博多間)
クレジットカード 手持ちのクレジットカード 専用カードか手持ちのクレジットカード
年会費 無料 1,100円(税込み)
予約方法 パソコンやスマートフォンから予約
予約変更 何度でも手数料無料で可能
料金 駅窓口での販売額とほぼ同じ お得な会員価格
早得 6種類 格安
乗車方法 交通系ICカード 新幹線専用のICカード
ポイント特典 特になし グリーンプログラム
利用開始できるまでの期間 登録後すぐOK 2~3週間後

利用できる区間は、

どちらも同じで、東海道・山陽新幹線(東京~博多間)

になります。

『スマートEX』の場合は、手持ちのクレジットカードを登録する

のに対し、

『エクスプレス予約』では『JR東海エクスプレス・カード』か『J-WESTカード(エクスプレス)』で入会手続きを行います。

このカードを利用するために、

『エクスプレス予約』では年会費1,100円が必要になる

わけですね。

しかし、手持ちのクレジットカードがあれば、それを使って入会手続きを行うことも可能です(その場合も年会費は必要です)。

 

料金は、

『スマートEX』の場合、きっぷを購入する場合とほとんど変わりません(ほんの少し安くなりますが、繁忙期は基本的に同額となります)。

それに対して、

『エクスプレス予約』では割引率が高く、しかも繁忙期であっても割引率は変わりません。

 

例えば、東京-新大阪間を、通常期に利用した場合、

『スマートEX』は片道14,520円(▲200円)

なのに対して

『エクスプレス予約』は片道13,620円(▲1,100円)

になります。

しかし、

『早得』を利用する場合、料金は同額になります。

 

乗車方法は、

『スマートEX』の場合、SuicaやPasmoなどの交通系ICカードを使います。

『エクスプレス予約』では、入会後に別途送られてくる専用のICカードを使って乗車します。

 

『エクスプレス予約』を利用するときのポイント特典として『グリーンプログラム』があります。

『エクスプレス予約』を利用して新幹線に乗るとポイントが貯まり、一定数のポイントが貯まったら、

普通車指定席の値段でグリーン車が利用できる

という特典です。

例えば、東京-新大阪間を片道利用すると、90ポイント貯まります。

1000ポイント貯まればグリーン車を利用できる

ので、東京-新大阪間なら往復6回で使えることになりますね。

 

『スマートEX』は申し込み後、すぐに利用を開始することができますが、『エクスプレス予約』の場合は、申し込みから2~3週間が必要です。

ですから、『エクスプレス予約』を使って、新幹線を予約することを考えているのなら、早めに申し込みをする必要がありますね。

 

はなこ
私の場合、頻繁に新幹線を利用するから、『エクスプレス予約』の方がお得なようね。
ゴールデン・ウィークやお盆、年末年始になっても料金が変わらないというのも魅力だね。
たろう

 

『スマートEX』と『エクスプレス予約』の使い分け方

新幹線乗車券

新幹線乗車券

『スマートEX』と『エクスプレス予約』は、どうやって使い分ければいいでしょうか?

『スマートEX』は、

手軽に新幹線を利用したい人向け

のサービスです。

ですから、

新幹線を利用する機会はそんなにないけど、たまに使う時にネットで予約したいような人

におすすめのサービスです。

年に一回使うかどうか、というような人が『エクスプレス予約』を申し込んだ場合、年会費を支払わなければならない分、損ですよね。

年に数回は、必ず利用する人は、『エクスプレス予約』がお得でしょう。

東京-新大阪間を新幹線で片道利用するだけで、年会費分は、すぐに取り戻すことができます。

 

しかし、『早得』をよく利用する場合は、話が少し変わってきます。

『早得』とは、特定の条件で予約できるサービスのことで、次の6種類があります。

『早得』の種類

  • EX早特21
  • EX早特
  • EXのぞみファミリー早特
  • EXこだまファミリー早特
  • EXグリーン早特
  • EXこだまグリーン早特

例えば、『EX早得21』は、乗車日の1ヶ月前から21日前までの期間に限って予約できるサービスのことです。

『EX早得21』を使った場合、東京-大阪間が片道11,200円(▲3,520円)と、大幅に割り引かれます。

これは、

『スマートEX』も『エクスプレス予約』も同額になります。

ですから、『早得』を頻繁に利用する場合は、『スマートEX』も『エクスプレス予約』も値段には差がないことになりますね。

しかし、『早特』には年末年始やGW、お盆など利用できない日があります。

この利用できない日は、『エクスプレス予約』よりも『スマートEX』のほうが多いので注意が必要です。

 

はなこ
要するに、『早得』をうまく活用するのが一番お得な使い方ということになるのね。
繁忙期以外での利用が多くて、ある程度早めに予約できる人なら、年会費がいらない分『スマートEX』の方がいいのかも知れないね。
たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『スマートEX』は、手軽にネット予約して新幹線を利用したい人向けのサービスである。
  • 『エクスプレス予約』はお得に新幹線を利用したい人向けのサービスである。
  • 『エクスプレス予約』では、年会費1,100円が必要になる。
  • 『早得』を利用する場合、『スマートEX』も『エクスプレス予約』も料金は同額になる(利用できない日は『スマートEX』の方が多い)。

新幹線をどれくらい利用するか、またいつ使うのかによって、『スマートEX』と『エクスプレス予約』のどちらがお得か変わります。

用途に合わせて、かしこく選択するようにしましょう。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.