違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

動画配信

ITの違い

MPC-HCとMPC-BEの違いをわかりやすく解説!重さや機能を比較

あなたは、動画や音楽を再生する時にどんなソフトウェアを使っていますか?

 

はなこ
動画の再生に便利なソフトウェアを探しているんだけど、何かいいのってないのかな?
それなら『MPC』がおすすめだね。

『MPC-HC』と『MPC-BE』っていうのがあるんだ。

たろう
はなこ
『MPC-HC』と『MPC-BE』では何が違うの?
違いについては、僕もよく知らないな。
たろう
はなこ
『MPC-HC』と『MPC-BE』の違いについて、よく調べてみたいわね。

 

今回は、『MPC-HC』と『MPC-BE』の違いを解説し、それぞれの重さや機能を比較します。

スポンサーリンク

『MPC-HC』と『MPC-BE』の違い

『MPC-HC』と『MPC-BE』について紹介する前に、まずはその前身である『MPC』について解説します。

『MPC』とは?

『Media Player Classic』の略で、オープンソースの動画・音声再生用ソフトウェア

のことです。

Microsoft社が開発した『Windows Media Player 6.4』によく似たシンプルなインターフェースを持ち、さらに独自の機能を強化したソフトウェアとして登場し、非常に人気がありました。

残念ながら、

2010年にリリースされた6.4.9.1を最後に更新がストップしています。

 

『MPC-HC』とは?

『Media Player Classic Home Cinema』の略で、『MPC』に対してバグフィックスや機能追加などを行った新しい動画・音声再生用ソフトウェア

のことです。

『MPC』の更新が失速し始めた2006年から、バグフィックスや機能追加を行った新たなソフトウェアとしてリリースされました。

正式版としては、

2017年にリリースされた1.7.13が最終版

であり、それ以降は開発をストップするとアナウンスされました。

しかし、評価版として現在も開発が行われており、その最新版は1.8.8になります。

 

『MPC-BE』とは?

『Media Player Classic Black Edition』の略で、『MPC-HC』からさらにバグフィックスや機能追加などを行った新しい動画・音声再生用ソフトウェア

のことです。

『MPC-HC』は、積極的な機能追加などが行われなかったため、それに反発して開発者の多くが分裂し、2012年から新たなソフトウェアとして『MPC-BE』の開発をはじめました。

『MPC-BE』は、『MPC-HC』に比べて積極的に機能追加などが行われ、現在の最新版は1.5.3になります。

 

はなこ
なんだか複雑ね。

『MPC』から『MPC-HC』が派生して、さらに『MPC-HC』から『MPC-BE』が派生したということね。

現在、積極的に更新されているのは『MPC-BE』ということになるのかな?
たろう

 

『MPC-HC』と『MPC-BE』の違い

『MPC-HC』と『MPC-BE』では、主に次のような違いがあります。

『MPC-HC』と『MPC-BE』の違い

  • 『MPC-BE』の方が、『MPC-HC』より対応しているコーデック(動画の符号化の方法)の数が多い。
  • 『MPC-BE』の方が、『MPC-HC』と比較して機能が多い。

『MPC-BE』は、

『MPC-HC』の更新頻度が少ないことへの反発から開発者が分離して、様々な機能を取り入れたソフトウェア

として新たに誕生したものです。

なので、『MPC-HC』に比べて更新頻度が高く、その分、対応しているコーデックや機能が多いという特徴があります。

特に、『MPC-HC』は2017年に正式版がリリースされて以降は、新たなリリースはありません(評価版としては現在も更新されています)。

 

コーデックの数

『MPC-BE』は、『MPC-HC』よりも多くのコーデックに対応しています。

それだけ、再生できる動画の種類も『MPC-BE』の方が多いということになりますね。

例えば、最新のコーデックであるH.265は、『MPC-BE』だけが標準で対応しています。

 

機能の数

『MPC-BE』には、『MPC-HC』にはない機能がいくつかあります。

次に、機能の違いや動作の重さについて見ていきましょう。

 

『MPC-HC』と『MPC-BE』の重さや機能の違いは?

カチンコ

カチンコ

『MPC-HC』にはなく、『MPC-BE』にはある機能を見てみましょう。

『MPC-BE』特有の機能

  • テーマを切り替えることで、ボタンの形やカラーなどを切り替えることができる。
  • 音声や字幕を切り替えるボタンがある。
  • シークバー上で動画のプレビュー画面が表示できる。
  • ISOファイルの再生ができる。
  • フルスクリーン機能がある。
  • Youtubeの動画を視聴することができる。

『MPC-BE』が『MPC-HC』と大きく異なるのは、インターフェース部分です。

例えば、テーマを切り替えることで外観を変えることができたり、音声や字幕を切り替えるボタンがあるなどの特徴があります。

 

また、Youtubeにあるような、

シークバー上で動画のプレビューを表示する機能

があるので、どこへスキップしたり後戻りすれば見たい部分に移れるか簡単に判断することができます。

youtube-dl.exe

というファイルを利用すれば、Youtubeの動画を直接『MPC-BE』上で視聴するようなこともできます。

 

重さについては、『MPC-HC』と『MPC-BE』で大きな違いはありません。

若干、『MPC-BE』のほうが軽いですが、元々どちらも動作は軽いので、それほど気にするレベルではないでしょう。

 

どちらを利用すればいいかという点については、

安定性を求めるのであれば『MPC-HC』

様々な新しい機能を試してみたいのであれば『MPC-BE』

になります。

『MPC-HC』はすでに更新がストップしているので、何も問題がなければ、いつまでも安定した状態で利用できますが、新たな機能が増えることはありません。

『MPC-BE』は現在でも更新が続いています。

新しい機能をいろいろ試すことができますが、

バグが発生したり、対応していた動画のサポートがなくなることによる影響

が及ぶ可能性があります。

自分の好みに合わせて選ぶということになりますね。

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『MPC-HC』は、『Media Player Classic Home Cinema』の略で、『MPC』に対してバグフィックスや機能追加などを行った新しい動画・音声再生用ソフトウェアである。
  • 『MPC-BE』は、『Media Player Classic Black Edition』の略で、『MPC-HC』から、さらにバグフィックスや機能追加などを行った新しい動画・音声再生用ソフトウェアである。
  • 『MPC-BE』は、『MPC-HC』よりも多くのコーデックに対応している。
  • 『MPC-BE』は、『MPC-HC』よりも多くの機能がある(特にインターフェースまわり)。

『MPC-HC』も『MPC-BE』も、無料で利用できるアプリケーションです。

まずは、両方を試してみて、自分に合ったものを使うのがベストでしょう。

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.