違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

ノア(後部)

その他の違い

駐車と停車の違いをわかりやすく解説!定義と使い分け方をチェック

あなたは、『駐車』と『停車』の違いについて、きちんと説明できますか?

 

はなこ
今、自動車学校に通っているんだけどね。

この間、『駐車』と『停車』について説明があって、いまいち違いがよく分からなかったの。

免許を取るためにはちゃんと覚えておかなきゃいけない必須事項だよ。

でも、僕もきちんと説明しろと言われると自信がないな。

たろう
はなこ
『駐車』と『停車』の違いについて、きちんと調べておきたいわね。

 

今回は、『駐車』と『停車』の定義と、その違いや使い分け方について解説します。

スポンサーリンク

『駐車』と『停車』の定義

まずは、『駐車』と『停車』の定義について見てみましょう。

『駐車』とは?

  1. 車が継続的に停止すること
    • 客待ち、荷待ちによる停止
    • 5分を超える荷物の積みおろしのための停止など
  2. 運転者が車から離れて、すぐに運転できない状態での停止

タクシーが、お客さんを待っていたり、運送屋さんが荷物を待っているのは『駐車』ですね。

また、運転手が車から離れている場合、エンジンをかけっぱなしにしていても『駐車』です。

 

『停車』とは?

  1. 人の乗り降りのための停止
  2. 5分以内の荷物の積みおろしのための停止
  3. 運転者がすぐに運転できる状態での短時間の停止

タクシーが、人を乗せるために停まるのは時間に関係なく『停車』です。

また、運転手が運転席に座っていれば、短時間なら『停車』ですね。

 

はなこ
荷物の積みおろしは、5分と定義されているのね。
でも、運転者がすぐに運転できる状態で短時間の停止っていうのは少しあいまいだね。

どんな風にも解釈できるからね。

たろう

 

『駐車』と『停車』の違い

『駐車』と『停車』の定義が分かれば、その違いは明らかですね。

『駐車』と『停車』の違い

  • 人や荷物を待つのは『駐車』だが、人の乗り降りは『停車』である。
  • 荷物の積みおろしが5分を超えれば『駐車』だが、5分以内なら『停車』である。
  • 運転者が車から離れていれば『駐車』だが、運転席にいて時間が短いなら『停車』である。

運転者がすぐ運転できる状態であっても、人や荷物を待っているのなら『駐車』扱いになるので注意しましょう。

 

『駐車禁止』と『駐停車禁止』は、標識も違います。

駐車禁止

駐車禁止

『駐車禁止』は、斜線が一本だけです。

この標識がある場所では、

『駐車』は禁止ですが、『停車』は大丈夫です。

 

駐停車禁止

駐停車禁止

『駐停車禁止』の場合、斜線2本で✕となっています。

この標識がある場所では、

『駐車』も『停車』もできません。

 

はなこ
この標識は、自動車学校で見たことがあるわ。
『駐車』と『停車』は学科試験でもよく出てくるから、きちんと理解しておくべきだね。
たろう

 

『駐車』と『停車』の使い分け方

トヨタ ルーミー

トヨタ ルーミー

『駐車』と『停車』の言葉の使い分け方について見てみましょう。

『駐車』という言葉は、次のように使われます。

コンビニに立ち寄るために、コンビニの前に『駐車』した。

友人が到着するのを待つために、駅の前に『駐車』した。

引っ越しの荷物を積むために、家の前にトラックを『駐車』した。

最初の例は、コンビニに立ち寄るために運転者が車から離れるので、『駐車』が正しい使い方ですね。

また次の例は、友人を待つためですから、これも『駐車』です。

最後は、引っ越しの荷物を積むのに5分以内で行うことはできませんから『駐車』ですね。

 

『停車』の場合は、次のように使われます。

友人を下ろすために、家の前で『停車』した。

妻が購入した食品を乗せるために、店の前で『停車』した。

片側通行だったので、誘導者の指示に従い『停車』した。

最初の例では、人の乗り降りのためなので『停車』ですね。

また次の例は、食品を乗せるだけなら5分もかからないでしょうから、これも『停車』です。

最後は、片側通行のために車を止めたなら、すぐに運転できる状態ですから『停車』となりますね。

 

中には、判断が難しい状況もあります。

携帯電話を掛けるため、路肩に『停車』した。

トランクの荷物を友人に渡すため、家の前に『停車』した。

車の中が暖かくなるまで、『停車』して車の中で待っていた。

携帯電話を掛けながら運転するのは明らかに違反ですよね。

ですから、携帯電話を掛けるために『停車』することはよいマナーです。

しかし、

携帯電話で話している間、車を運転することはできません。

なので、『停車』ではなく、『駐車』になる可能性があります。

 

トランクの荷物を友人が取り出すのなら、時間も短いでしょうから『停車』です。

しかし、

運転者が自らトランクの荷物を下ろすと、すぐには運転できないので『駐車』扱いになります。

 

車の中が暖まるまでに長い時間がかかれば、たとえ運転席にいたとしても『駐車』扱いになります。

なぜなら、

短い時間の停止が条件となるからです。

 

はなこ
『駐車』と『停車』のどちらになるのか、警察官の裁量によるところもあるみたいね。
判断が難しい状況は、できるだけ避けたほうがよさそうだね。
たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントを、まとめていきましょう。

ポイント

  • 人や荷物を待つことは『駐車』だが、人の乗り降りは『停車』である。
  • 荷物の積みおろしが、5分を超えれば『駐車』だが、5分以内なら『停車』である。
  • 運転者が車から離れていれば『駐車』だが、運転席にいて時間が短いなら『停車』である。

『駐車』と『停車』の違いは、学科試験には必ず出題される基礎知識のひとつです。

しっかりと覚えておきましょう。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.