違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

iPhoneを操作する女性

ITの違い

フェイスブックとインスタグラムの違いとは?使い分け方をチェック

あなたは、SNS(Social Networking Service)と聞いて、何を思い浮かべますか?

『Facebook』『Instagram』『Twitter』『LINE』など、日本だけでなく世界中で、様々なSNSが利用されていますね。

 

はなこ
最近、『フェイスブック』を始めたんだ。
そうなんだ。

『インスタグラム』は、やってる?

たろう
はなこ
『インスタグラム』はまだね。

というか、『フェイスブック』と『インスタグラム』で何が違うのか、よく分からないんだけど。

確かに、同じようなものなら両方使う必要はないね。
たろう
はなこ
『フェイスブック』と『インスタグラム』の違いについて調べてみたいわね。

 

今回は、『フェイスブック』と『インスタグラム』の違いについて解説し、その使い分け方をチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

『フェイスブック』と『インスタグラム』の違い

まずは、『フェイスブック』と『インスタグラム』について、簡単に紹介します。

『フェイスブック』とは?

アメリカのカリフォルニア州にある『Facebook社』が運営する世界最大のSNS

のことです。

元々は、ハーバード大学の学生同士で交流を図るために、2004年に作られたサービスでした。

それが、2006年に世界中の人が利用できるようになりました。

創業者兼CEOのマーク・ザッカーバーグの名前は、あなたも聞いたことがあるかも知れませんね。

『Facebook社』は、今では『GAFA(Google・Apple・Facebook・Amazon)』という巨大IT企業のひとつとして、世界中に大きな影響力を持つようになりました。

 

『インスタグラム』とは?

『Facebook社』が運営する写真共有アプリケーション

のことです。

『インスタグラム』が登場したのは2010年です。

当初は、スマホ向けのアプリケーションのひとつに過ぎませんでした。

ところが、

リリース後、わずか1年で利用者数は1000万人

に達し、たちまち世界中で話題になります。

日本でも『インスタ映え』という言葉が、流行語に選ばれたことがありましたね。

2012年に『Facebook社』に買収されますが、現在も『Facebook社』とは独立して運営しています。

 

『フェイスブック』と『インスタグラム』の違い

『フェイスブック』も『インスタグラム』も、ともに『Facebook社』が保有するアプリケーションです。

その違いは、どこにあるのでしょうか?

 

『フェイスブック』と『インスタグラム』の主な違いは次のようになります。

『フェイスブック』と『インスタグラム』の違い

  • 『フェイスブック』には、『シェア』機能があるが、『インスタグラム』には、類似の機能はない。
  • 『フェイスブック』は、実名の登録が基本だが、『インスタグラム』は、匿名の登録も可能。
  • 『フェイスブック』のアカウントは、一人につきひとつだが、『インスタグラム』は、複数のアカウントが作成可能。
  • 『フェイスブック』は、文字の投稿がメインで、『インスタグラム』は、写真や動画の投稿がメイン。
  • 『インスタグラム』では、ハッシュタグが、よく利用される。

 

『シェア』機能

『シェア』機能とは、

他人の投稿を、友達やフォロワーにも広める操作

のことです。

『Twitter』でいえば、『リツイート』が同じ機能ですね。

他人の投稿を『シェア』すると、その投稿が友達やフォロワーのタイムラインにも表示されます。

その人たちが、さらに『シェア』することで、投稿がどんどん拡散されます。

そのため、『フェイスブック』は、

拡散するスピードが非常に速い

という特徴があります。

『インスタグラム』の場合、専用のツールをインストールすることで『リポスト』という機能が利用できますが、利用者は少ないです。

 

名前の登録

『フェイスブック』の場合、実名での登録が基本です。

ニックネームなどを使った場合、アカウントが利用停止されることもあるので注意しましょう。

『インスタグラム』の場合、ニックネームなどでの登録が可能です。

 

アカウント数

『フェイスブック』は実名登録が基本ですから、

アカウントはひとつだけです。

複数のアカウントを作成すると、実名登録しなかった場合と同様に利用停止になる可能性があります。

『インスタグラム』の場合は、複数のアカウントを作成して使い分けることができます。

 

投稿する内容

『フェイスブック』は、基本的に文字だけの投稿が多いです。

画像なども載せることはできますが、あくまでおまけ程度です。

『Twitter』と違い、長い文章を投稿することも可能です。

『インスタグラム』のメインは画像や動画です。

『インスタグラム』は元々、写真共有アプリケーションという位置づけなので、当然ですね。

 

ハッシュタグ

『ハッシュタグ』とは、簡単に言えば検索時のキーワードのようなものです。

例えば、"#美術館" と投稿に付けておけば、美術館というキーワードで記事がタグ付けされます。

最近のトレンドや、おすすめのハッシュタグを調べるようなこともできます。

『インスタグラム』は、このハッシュタグが活用されていますが、『フェイスブック』の場合は、活用度は低いです(機能としてはあります)。

 

『フェイスブック』と『インスタグラム』の使い分け方

Wi-Fi⑵

Wi-Fi⑵

『フェイスブック』と『インスタグラム』は、どのように使い分ければいいでしょうか?

ポイントは、

『フェイスブック』が実名登録なのに対し、『インスタグラム』は匿名が可能である

という点です。

 

『フェイスブック』は、

自分の友だちや同僚など、実生活でも接点のある人たちとやり取りする

のが基本です。

友達からその友達へと、輪を広げていくことができるのが『フェイスブック』の利点と言えるでしょう。

それに対して、『インスタグラム』は

自分の気に入った写真や動画などを不特定多数の人に公開する

のが基本です。

実際の生活の延長線にあるのが『フェイスブック』

自分のお気に入りを自由に発信するのが『インスタグラム』

と考えると分かりやすいですね。

 

はなこ
なるほど、『フェイスブック』は実生活の延長線上という感じなのね。
『インスタグラム』は自由に好きなものを発信できるわけだね。

『フェイスブック』と『インスタグラム』を両方使うのもありじゃないかな。

たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントを、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『フェイスブック』には『シェア』機能があるが、『インスタグラム』には類似の機能はない。
  • 『フェイスブック』は実名の登録が基本だが、『インスタグラム』は匿名の登録も可能。
  • 『フェイスブック』のアカウントは一人につきひとつだが、『インスタグラム』は複数のアカウントが作成可能。
  • 『フェイスブック』は文字の投稿がメインで、『インスタグラム』は写真や動画の投稿がメイン。
  • 『インスタグラム』ではハッシュタグがよく利用される。
  • 実際の生活の延長線にあるのが『フェイスブック』、自分のお気に入りを自由に発信するのが『インスタグラム』

『フェイスブック』と『インスタグラム』は、もちろん併用も可能です。

これを機会に、試してみてはどうでしょうか。

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.