違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

雪道

その他の違い

【車】2WDと4WDの違いと特徴を解説!雪道を走るならどっち?

冬になると、気を付けなければならないのが車の運転ですね。

雪道に慣れていない人は、特に要注意です。

 

はなこ
今度、車でスキーに行く計画なんだけど、レンタカーにどういうモノを選べばいいのかな?
雪道を走るなら、やっぱり『4WD』だね。
たろう
はなこ
『4WD』ってよく聞くけど、普通の車と何が違うの?
普通は『2WD』が多いかな。

でも、違いについては僕もあまり詳しくないんだ。

たろう
はなこ
『2WD』と『4WD』の違いについて調べてみたいわね。

 

今回は、『2WD』と『4WD』の違いと特徴について解説し、雪道を走るなら、どちらが良いのかをお伝えしましょう。

スポンサーリンク

【車】『2WD』と『4WD』の違い

まず、『2WD』と『4WD』の違いについて見てみましょう。

これは非常に簡単で、

『2WD』は前輪か後輪のいずれか一方だけが駆動する

のに対して、

『4WD』は前輪も後輪も同時に駆動する

という違いです。

 

車は、エンジンの動力をタイヤの回転に変えて進む乗り物です。

その動力を前輪・後輪のいずれかだけに伝える仕組みが『2WD』で、両方に伝える仕組みが『4WD』です。

『WD』とは、『Wheel Drive』の略で、直訳すると『車輪駆動』になります。

車輪の駆動が2つだから『2WD』、4つだから『4WD』ということですね。

 

【車】『2WD』と『4WD』の特徴

『2WD』と『4WD』は、

駆動する車輪の数が違う

ということは分かりました。

では、それぞれどんな特徴があるのでしょうか?

実は、『2WD』にはいろいろな種類があり、特徴もそれぞれ異なります。

FF(Front-engine・Front-drive)

『FF』は、エンジンが前側にあり、駆動輪も前輪であるタイプの車です。

多くの車が、この『FF』タイプになります。

『FF』タイプの特徴は次のようになります。

『FF』タイプの特徴

  • 車内のスペースが広い。
  • 車の挙動は『アンダーステア』になる。
  • 直進性に優れている。

まず、エンジンを前側に積んでいるので

車内のスペースを広くとることができる

というメリットがあります。

 

カーブを曲がるとき、外側にふくらむ傾向にあります。

これを『アンダーステア』といいます。

しかし、最近の車には横滑りを制御する装置が付いていたりするので、あまり気にすることはないでしょう。

 

直進しているときは、

横風や路面の整備不良などによる影響を受けにくい

という特徴もあります。

 

FR(Front-engine・Rear-drive)

『FR』は、エンジンが前側にあり、駆動輪が後輪であるタイプの車です。

30年ほど前までは、このタイプの車が多く、現在でも高級車などでFRを見かけます。

 

『FR』タイプの特徴は次のようになります。

『FR』タイプの特徴

  • 全体の重さのバランスが良く、走行性能は『MR』タイプの次によい。
  • 車内のスペースは『FF』よりは狭くなる。

ほぼ全ての部品が前側になる『FF』よりは

全体の重さのバランスがよく、

操舵輪が前輪、駆動輪が後輪と分かれていることから

走行性能に優れています。

しかし、エンジンの動力を後ろへ伝えるためのプロペラシャフトを中央に配置しなければならないので、

車内のスペースは『FF』よりも小さくなります。

ドリフト走行などをしたいのであれば、『FR』や後述の『MR』になるでしょう。

 

MR(Midship-engine・Rear-drive)

『MR』は、エンジンが前輪と後輪の間にあり、後輪が駆動するタイプの車です。

スポーツカーやF1は、このタイプの車ですね。

『MR』タイプの特徴は次のようになります。

『MR』タイプの特徴

  • 車全体の重さのバランスは最もよく、走行性能はトップクラス。
  • 基本的に2人しか乗れず、荷物もほとんど積めない。

エンジンが中央になるので、車全体の重さのバランスは最もよいです。

しかし、エンジンが後部座席のある位置を占めるので、

基本的に2人しか乗ることはできません。

 

RR(Rear-engine・Rear-drive)

『RR』は、エンジンが後ろ側で後輪が駆動するタイプの車です。

戦後10年ほど、『FR』や『FF』タイプが主流になる前は、このタイプが多かったようです。

『RR』タイプの特徴は次のようになります。

『RR』タイプの特徴

  • 動力が駆動輪に伝わりやすい。
  • 車の挙動は『オーバーステア』になる。
  • 直進性はよくない。

エンジンが後ろ側にあるので駆動輪側が重くなり、それが走りにいい影響を与えています。

しかし、

カーブを曲がる時に内側に入り込む傾向があります。

これを『オーバーステア』といいます。

『FF』車とは逆ですね。

直進性がよくないので、悪路や横風の影響を受けやすく、制御が難しい一面もあります。

 

『4WD』

ようやく、『4WD』の登場です。

『4WD』の特徴は次のようになります。

『4WD』の特徴

  • 雪道や凍結路などで発進しやすい。
  • 悪路に強い。
  • 加速力に優れる。
  • コストが高い。
  • 重量が重くなる。
  • 燃費は『2WD』より悪い。
  • 車の挙動は『アンダーステア』になりがち。

『4WD』は、エンジンの動力が均等に全ての車輪に分配されます。

そのため、

滑りやすい雪道や凍結路などで発進しやすく、悪路にも強い

という特徴があります。

また、

高速道路などで加速するときも『2WD』より優れています。

しかし、『2WD』に比べて機構が複雑になり、部品も多くなるので

コストが高く、重量も重くなります。

その分、

燃費も同じ車種の『2WD』に比べると悪い傾向にあります。

また、エンジンは通常、前側に積まれるので、『2WD』の『FF』車と同じようにコーナーリングで『アンダーステア』になりがちです。

 

雪道では『2WD』と『4WD』のどちらがいい?

雪道

雪道

雪道や凍結路では、『4WD』のほうが断然有利です。

特に、上り坂での発進は『2WD』の『FF』車が苦手としています。

そのような場面では、『4WD』のメリットがフルに活かされるでしょう。

しかし、過信は禁物です。

雪道や凍結路での制動距離(ブレーキを踏んでから停車するまでの距離)は『2WD』も『4WD』も変わりません。

『4WD』だからといって停車も早いなんてことはないです。

また、

下り坂の場合、『4WD』のほうが制動距離は長くなります。

これは、『4WD』の方が『2WD』よりも重いからですね。

なので、『4WD』だから雪道でも安心などということはありません。

 

はなこ
『4WD』のほうが悪路にも強いわけだから、雪道は『4WD』の方がいいみたいね。
でも、過信は禁物だね。

駆動方式よりもタイヤのほうが重要だという話もあるしね。

たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントを、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『2WD』は前輪か後輪のいずれか一方だけが駆動するのに対し、『4WD』は前輪も後輪も同時に駆動する点が違う。
  • 『2WD』には、エンジンと駆動輪の位置によって『FF』『FR』『MR』『RR』の4つのタイプがあり、特徴も異なる。
  • 『4WD』は、雪道や凍結路などで発進しやすいなど悪路に強く、高速道路などでの加速力に優れるというメリットがある。
  • 『4WD』は、『2WD』と比べてコストが高く重量が重いというデメリットがある。
  • 燃費は『2WD』の方が『4WD』よりよい。

たいていの場合、『2WD』と『4WD』のどちらにするか選択することができます。

雪国など、雪道や凍結路を走ることが多いなら、『4WD』の方がいいですね。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.