違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

ファッションの違い

イヤリングとピアスの違いをわかりやすく解説!見分け方をチェック

お気に入りのアクセサリーを身につけると、気分が上がりますよね。

アクセサリーにも、いろいろありますが、特に人気のあるアクセサリーが、

  • イヤリング
  • ピアス

どちらも年代を問わず、たくさんの人が楽しんでいます。

 

ところで、この『イヤリング』と『ピアス』、どう違うのか知っていますか?

今は『貼るピアス』や『ノンホールピアス』もあって、ちょっと複雑そうですよね。

 

というわけで、この記事では、

イヤリングとピアスの違いについて

お伝えします。

 

耳をおしゃれに飾りたいあなた、ぜひ読んでくださいね!

スポンサーリンク

イヤリングとピアスって何が違うの?

これはイヤリング?ピアス?

これはイヤリング?ピアス?

イヤリングとピアスの一番の違い

イヤリングとピアスの、一番の違いは

  • イヤリングは耳に穴を開けなくても使える
  • ピアスは着けるところに穴を開けないと使えない

というところです。

 

イヤリングは、

『耳たぶを挟む』

という着け方をします。

 

一方でピアスは、

『穴を開けた所に通して着ける』

というタイプのアクセサリー。

ですから、着ける部分に穴をあけておくことが必要なのです。

 

ちなみに、『貼るピアス』や『ノンホールピアス』と呼ばれるアクセサリーもあります。

でもこれは、

『穴を開けなくても着けられる、ピアスのように見えるアクセサリー』

であって、正確には『ピアス』ではありません。

イヤリングとピアスの違い

イヤリングとピアスでは、穴があるかどうかの他にも、いろいろな違いがあります。

まとめて見てみましょう。

 

イヤリング ピアス
耳に穴を開けること 必要ない 必要
タイプ
  • ねじ式
  • ばね式
  • クリップ式
  • マグネット式
  • ノンホールピアス

など

  • スタッド式
  • フープ式
  • チェーン式
  • フック式

など

全体的な印象 留め具が必要な分、ピアスより大きく見える。

特に、ねじ式やばね式だと留め具が大きくなりがちで、目立つ。

穴に通すだけで良いので、軸やフックの部分もシンプル。

スマートな感じに造りやすい。

手軽さ 穴を開けなくて良い分、手軽。

着けたいと思ったらすぐに着けられる。

ピアスホールが安定してしまえば、通すだけで着けられる点が手軽。
複数着けられるかどうか 着けられなくはないが、あまり複数着けることはない。 着けられるが、着ける数だけピアスホールが必要。
着ける部分の手入れなど 特に必要ない ピアスホールを開けてから安定するまで、きちんとケアする必要がある。

また、長期間着けないでいると、ピアスホールがふさがってしまう。

痛さ 長時間着けていると痛くなることがある。 ピアスホールを開ける時に、それなりに痛みがある。
落としやすさ ピアスより落としやすい。 イヤリングより落としにくい。

このように、

『着けるための穴が必要かどうか』

以外にも、いろいろな違いがあります。

イヤリングとピアスについて、さらに詳しく

では、イヤリングとピアスについて、さらに詳しく見てみましょう。

 

イヤリングについて

イヤリングとは、

留め具などで、耳たぶを挟んで着けるアクセサリー

のことです。

 

先にも書いたように、着ける部分に穴を開けなくても使えます。

『穴を開けなくていい』ということが、イヤリングの最大のメリット

と言えるでしょう。

 

種類は

  • ねじ式
  • ばね式
  • クリップ式
  • マグネット式
  • ノンホール

があります。

 

デザインの豊富さは、ピアスほどではない

と言われています。

イヤリングは留め具が必要なので、ピアスほどデザインの自由度が高くないことなのでしょう。

 

イヤリングを着ける時の注意点としては

  • 耳たぶを挟むので、あまり強く挟んだり、長時間つけっぱなしにしていたりすると、痛みが出たりうっ血したりすることがある
  • 気が付かないうちに挟んでいる部分が緩むと、落としてしまうことがある

ということです。

 

ちなみに、『ノンホールピアス』というのもあります。

これは

留め具部分が、耳たぶにフィットした形になっているイヤリング

のこと。

留め具が透明な樹脂でできていて、目立たないものもあります。

そのため、

見た目がピアスに近い

ということで、『ノンホールピアス』と言われているのです。

 

また、最近は

マグネット式のイヤリング(『マグネットピアス』とも呼ばれる)

も、数多く出回っています。

 

このように、ピアスに近い見た目になるイヤリングもあります。

 

ピアスについて

ピアスは

耳たぶなどに穴を開け、その穴にポスト(軸)やフックなどを通して着けるアクセサリー

のことです。

 

タイプとしては

  • スタッド式
  • フープ式
  • チェーン式
  • フック式

などがあります。

 

穴に通す部分は、かなりシンプルに作ることができ、飾りの部分へのデザイン的な影響が少なくて済みます。

そのため、デザインとしては

イヤリングよりピアスの方が自由度が高い

と言えます。

 

さらに、

『ピアスホールを開けられれば、体のどこにでも着けられる』

というのも、ピアスの自由度の高さ。

鼻やおへそ、中には舌にピアスを着ける人もいますよね。

さすがに舌は、痛そうですが…。

 

ピアスの最大のデメリットは、

『ピアスホールを開けなければならない』

ということ。

ピアスホールを開けてから、安定するまでは手入れが必要ですし、その間は好きなピアスを着けることもできません。

 

「体に穴を開けるのは嫌だな…」

と思う人には、ピアスは使いにくいかもしれませんね。

『イヤリング』と『ピアス』の言葉の違い

『イヤリング』は、日本語でも英語でも『イヤリング』です。

でも、日本でアクセサリーの名称として使っている『ピアス』という言葉は、実は和製英語です。

 

『ピアス』という言葉の元々の意味は、動詞の

『穴を開ける』『突き刺す』

という意味。

耳に着けるアクセサリーを指す言葉ではありません。

 

では、英語ではピアスを何と言うかというと『イヤリング』です。

欧米では、耳に着けるアクセサリーは全て『イヤリング』なのです。

 

英語圏に行って

「I want to buy these pierces.(このピアスを買いたい。)」

と言うと、びっくりされるかもしれないので、気を付けてください。

イヤリングとピアスの歴史の違い

ピアスが使われ始めたのは、なんと数千年前から。

古代ペルシャの遺跡や、古代エジプトの壁画にもピアスが描かれているんですよ!

 

ピアスは、今ではアクセサリーですが

  • 魔よけ
  • 兵士や水夫の身元確認
  • 身分を表す

などといった意味でも使われていました。

 

一方、イヤリングが生まれたのは、17世紀の頃。

今から400年くらい前のことです。

耳に穴を開ける必要がないため、多くの人が身に付けるようになり、イヤリングの登場により、ピアスの人気が落ちていきました。

でも、もちろん今では、イヤリングもピアスも世界中で多くの人が着けています。

 

日本ではどうかというと、

古くは古墳時代の頃まではピアスが使われていた

ようです。

でもその後は、アクセサリーの出土がほとんどありませんでした。

 

日本で、一般人がイヤリングを着けるようになったのは、1960年代頃からです。

戦後の大変な時期を経て、その頃になって、やっと人々がアクセサリーを買う余裕が生まれたということなのでしょう。

 

そして、日本でピアスが普及したのは、2000年頃。

まだ本格的な普及から20年くらいしかたっていないんですね。

 

というように、ざっと歴史をお話ししました。

アクセサリーの歴史も、なかなか面白そうですよね。

 

イヤリングとピアスの見分け方は?

これはイヤリング?ピアス?

イヤリングとピアスはどこで見分けられる?

イヤリングとピアスは、耳に着ける部分(留め具やフック)を見れば、すぐに見分けることができます。

 

  • 耳を挟むようになっていたら、イヤリング
  • 穴に通すようになっていたら、ピアス

となります。

 

といっても、言葉だけではわかりにくいので、写真で見てみましょう。

イヤリングの場合

まず、イヤリングです。

イヤリングは留め具で耳に着ける

イヤリングは留め具で耳に着ける

この赤丸の部分が留め具です。

耳を挟むように作られていますね。

 

他にもマグネット式のイヤリングもありますが、

『耳を挟む』

という点は普通のイヤリングと変わりありません。

 

ピアスの場合

では、ピアスはどうかというと、次のようになっています。

ピアスはフックやポストなどで耳に着ける

ピアスはフックやポストなどで耳に着ける

軸やフックなどが付いていて、これを耳に開けた穴に通して着けます。

イヤリングの留め具に比べると、スマートなことが多いです。

 

『ノンホールピアス』ってどんなの?

『ノンホールピアス』は、直訳すれば

『穴の要らないピアス』

となります。

名前だけ聞くと、ピアスなのかピアスじゃないのか、ちょっと迷っちゃいそうですよね。

 

『ノンホールピアス』は、次のようなものです。

ノンホールピアス

ノンホールピアス

名前は『ピアス』ですが、耳を挟むようになっていますね。

ですから、先にも書いたように、

ノンホールピアスはイヤリングの仲間

ということになります。

 

使うならイヤリングとピアス、どっち?

イヤリングとピアス、どっちが良いのかな…。

イヤリングとピアス、どっちが良いのかな…。

「イヤリングとピアス、どっちがいいんだろう?」

って思っている人もいるでしょう。

 

そんなあなたのために、

  • イヤリングとピアスのメリット・デメリット
  • ピアスとイヤリングは互換性があるのかどうか
  • 普段はピアスを着けている人がイヤリングを着けることはできるか

についてお話ししましょう。

加えて、ピアスホールを開けることを考えている人のために、

  • 病院で開けること
  • 自分で開けること

についてもお伝えしておきます。

イヤリングとピアスのメリット、デメリット比較

まず、イヤリングとピアスのメリットやデメリットについて、表で比べてみましょう。

なお、表のピンクの箇所は、メリット、青の箇所はデメリットをあらわします。

 

イヤリング ピアス
着ける前の準備 準備は要らない。

着けたいと思ったらすぐ着けられる。

ピアス用の穴をあけておくことが必要。

ピアスホールが安定してからでないと、好きなピアスを着けることはできない。

ピアスホールを開けてから安定するまでに、1か月くらいかかる。

手軽さ 穴を開けなくて良いという点が、イヤリングの手軽さ。 ピアスホールが安定してしまえば、ピアスホールに通すだけで着けられるのがピアスの手軽さ。
手間がかかる点 着ける時に挟み具合を調節したり、人によっては痛くならないように時々着ける場所をずらしたりする必要がある。 ピアスホールが安定するまで1カ月ほどかかり、その間はきちんとケアする必要がある。

また、ピアスホールが安定した後も、清潔に保つことが大事。

落としやすさ イヤリングの方が落としやすい。 イヤリングより落としにくい。
痛さ 長時間着けていると、うっ血したり痛みが出たりすることがある。 着けている時の痛みはないが、ピアスホールを開ける時に痛みがある。
金属アレルギーの心配 ピアスに比べてアレルギーが起こりにくい。 肌の内側に金属が触れるため、イヤリングよりアレルギーが起こりやすい。
ポストが樹脂でできている『ノンアレルギーピアス』も出回っている。

どうでしょう?

自分にとって、どちらが使いやすそうですか?

ピアスホールがあってもイヤリングは使える?

ピアスホールがあっても、イヤリングを使うことはできます。

 

ただし、

ピアスホールを開けたばかりで安定していない時は、ピアスホールの穴に重ならないように付ける

ということに気を付けてください。

 

また、

ピアスホールが安定するまでは、ファーストピアスを着けたまま

にする必要があります。

ですから、ファーストピアスにもぶつからないようにしてくださいね。

ピアスをイヤリングに、イヤリングをピアスにできる?

ピアスもイヤリングも、要は留め具やフックなどが違うだけです。

ですから、

ピアスをイヤリングに、イヤリングをピアスに作り替えられることもあります。

 

「このピアス欲しいけど、ピアスホールないしな…。」

「このイヤリング、ピアスだったらいいのにな…。」

という時は、ひとまずお店の人に

「このピアスをイヤリングに(イヤリングをピアスに)替えてもらうことはできますか?」

と質問してみましょう。

いくらか費用を出せば、替えてもらえるかもしれませんよ。

 

ただし、量産されたアクセサリーを入荷して売っている雑貨屋さんなどでは、難しいかもしれません。

アクセサリーを作って売っているお店なら、替えてもらえる可能性はあるでしょう。

 

もちろん、自分でパーツを買って改造するのもアリです!

ピアスの穴は病院で開ける?自分で開ける?

ピアスの穴を開ける時は、

  • 病院で開けてもらう
  • 自分で開ける

という2つの方法があります。

 

病院で開けてもらう

おすすめは、病院で開けてもらう方法です。

なぜかというと

  • 正しい場所、開けたい場所に確実に開けられる
  • 痛みを抑えるための処置をしてもらえる
  • 化膿を防ぐ処置をしてもらえる
  • 安全性が高い医療用のピアッサーを使ってもらえる

というように、

自分でやるより確実で安全

だからです。

 

ただし、費用は掛かります。

保険も適用されません。

 

ピアスの穴は、皮膚科や外科などで開けてもらえますが、対応していない病院もあります。

ですから、前もって

  • ピアスの穴を開けてもらえるかどうか
  • 費用がいくらくらいかかるか

ということを問い合わせておくと良いですよ。

 

ピアッサーで自分で開ける

ピアスの穴を自分で開けるメリットは、

費用が安く済むこと

くらいです。

 

デメリットとしては、

  • 穴を開ける場所をつかみにくい
  • 穴を開けたい場所に開けられないことがある
  • きちんと消毒しないと、化膿してしまうことがある

ということがあります。

 

実は筆者も自分で開けたのですが、片方は見事に失敗して痛い思いをしました。

(その後やり直して、無事に開けられました)

注意ポイント

自分で開けて、化膿したりかゆみの症状が出たりした時は、きちんと病院で診てもらってください!

金属アレルギーには注意!

人によっては、ピアスやイヤリングを着けると、接触しているところが金属アレルギーで、かゆくなることもあります。

 

特にピアスは、

イヤリングよりもアレルギーになりやすい

と言えます。

なぜかというと、皮膚に穴を開けて通しているからです。

 

アレルギーをなるべく防ぐためにも、

  • チタン
  • プラチナ
  • 樹脂

といった素材のモノを選ぶことが、おすすめです。

 

ただし、どんな素材を使っていても、

  • 着けると痒くなる
  • 膿が出て来る

など、異常が出た場合は、病院で診てもらってくださいね。

その他の耳のアクセサリー

ピアスやイヤリングの他にも、耳に着けるアクセサリーはあります。

2つ簡単に紹介しましょう。

 

どちらも、ピアスホールは必要がないので、ピアスホールを開けられない人にも使えますよ。

 

『貼るピアス』

『貼るピアス』は、その名の通り、耳たぶに直接貼ることができるものです。

子どもも楽しめる『貼るピアス』

子どもも楽しめる『貼るピアス』

 

耳たぶに貼るだけですから、子どもでも使えます。

 

ただ、

『肌に何か貼るとかぶれてしまう』

という人には、おすすめではありません。

また、普段はかぶれなくても、長時間貼りっぱなしにすると、かゆくなることもあるかもしれません。

その辺りは、気を付けて使ってください。

 

『イヤーカフ(イヤーカフス)』

『イヤーカフ(イヤーカフス)』は、耳たぶの上の端に、はめ込むような感じ、もしくは耳の上に引っ掛けるようにして着けるアクセサリーです。

耳に引っ掛けて着ける『イヤーカフス』

耳に引っ掛けて着ける『イヤーカフス』

これなら、イヤリングのように、挟んだところが痛くなる心配もなさそうですね。

 

イヤーカフはまだ、イヤリングやピアスほど使っている人が多くありません。

ですから、

『人とちょっと違ったアクセサリーを着けたい』

という人に、おすすめです。

デザインも、さりげなく飾るものから、耳全体を華やかに飾るようなものまで、いろいろあります。

スポンサーリンク

まとめ

イヤリングとピアスの、最もわかりやすい違いは

『着けるために、耳に穴を開ける必要があるかどうか』

ということ。

 

イヤリングとピアスでは、

イヤリング

⇒留め具で耳たぶを挟んで着ける

ピアス

⇒耳に開けたピアスホールに通して着ける

というように、着け方に違いがあります。

 

ですから、イヤリングとピアスを見分ける時も、

耳に着ける部分がどうなっているか

で見分けることができます。

イヤリングには留め具がありますが、ピアスはフックやポストなどになっています。

 

イヤリングにもピアスにも、メリットもデメリットもあります。

また、

『職業柄、ピアスの穴を開けられない』

ということもありますよね。

 

でも今は、イヤリングとピアスの二択ではありません。

  • ピアスに近いイヤリングの、ノンホールピアス
  • マグネット式のイヤリング(マグネットピアス)
  • 貼るピアス
  • イヤーカフ

など、いろいろなアクセサリーが出ています。

 

耳にちょっとしたアクセサリーを着けるだけでも、雰囲気や気分が変わりますよね。

お気に入りのアクセサリーで、あなたらしいおしゃれを楽しみましょう。

関連記事

-ファッションの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.