違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

iPhoneを操作する女性

ITの違い

WhatsAppとLINEの違いをわかりやすく解説!機能や使い方を比較!

あなたは、スマホで家族や友人と、メッセージをやり取りするときに何を使っていますか?

現在、いろいろなSNSがありますが、『WhatsApp』や『LINE』もその仲間ですね。

『WhatsApp』と『LINE』の違いを知っていますか?

 

はなこ
友人が、『WhatsApp』を使っているみたいでね。

私も利用しようかと思っているんだ。

僕は『LINE』しか使ったことがないな。

『WhatsApp』と『LINE』って、そもそも何が違うの?

たろう
はなこ
違いについては私もよく知らないわ。

ちょっと、調べてみましょうか。

 

今回は、『WhatsApp』と『LINE』の違いを解説し、機能や使い方を比較してみましょう。

スポンサーリンク

『WhatsApp』と『LINE』の違い

まず、『WhatsApp』と『LINE』は、どんなものなのか見てみましょう。

『WhatsApp』とは?

アメリカのFacebook社が提供する、リアルタイムでメッセージの交換ができる世界最大のスマートフォン向けアプリケーション

のことです。

登場したのは、2009年のことです。

2016年には、

ユーザー数が10億人

を超えました。

最初はWhatsApp社が運営していましたが、2014年にFacebook社に買収されています。

世界中で利用されていて、特に西欧諸国での人気が高いアプリケーションですね。

 

『LINE』とは?

LINE社が開発・提供するSNSサービス及びアプリケーション

のことです。

日本では広く普及しているアプリケーションですね。

投稿が友達つながりで一気に拡散するFacebookと違い、

1対1でコミュニケーションがとれる

ことが、人気の理由です。

 

『WhatsApp』と『LINE』の違い

『WhatsApp』と『LINE』の主な違いは次のようになります。

『WhatsApp』と『LINE』の違い

  • 『WhatsApp』では最終接続時刻が表示される。
  • 『WhatsApp』は、現在オンライン中であるかどうかが相手にわかる。
  • 『LINE』にはタイムラインがあるが、『WhatsApp』にはない。
  • 『LINE』は友達登録が必要であるが、『WhatsApp』は不要である。
  • 『WhatsApp』にはバックアップ機能がある。
  • 『LINE』ではゲームやニュースの閲覧ができるが、『WhatsApp』にはない。

いくつかの点について、補足しておきましょう。

 

最終接続時刻とステータスの表示

『WhatsApp』には最終接続時刻が表示される機能があります。

これにより、相手がいつ『WhatsApp』を利用していたのかが分かるわけですね。

なので、相手が『WhatsApp』を利用しているのに、メッセージを開いてくれないことも分かってしまいます。

最終接続時刻は、表示しないようにする設定が可能です。

最終接続時刻の他に、

『WhatsApp』では相手が現在オンライン中(使用中)であるかどうかが分かるようになっています。

さらに、相手がメッセージを入力中であるかどうかも表示されます。

このステータス表示は設定で非表示にすることはできません。

 

タイムライン

『LINE』の場合、タイムラインという機能があります。

タイムラインとは、自分の近況や告知などをLINEの友だちに共有(投稿)できる機能のことです。

簡単に言えば、

『Twitter』や『Instagram』が『LINE』の中にもある

と考えるとイメージしやすいでしょう。

『WhatsApp』には、そのような機能はありません。

 

友達登録

『LINE』の場合、メッセージのやり取りをするためには友達登録が必要です。

しかし、『WhatsApp』の場合、相手の電話番号が電話帳に登録されていれば、相手が『WhatsApp』を使っていると自動的にリストに表示されます。

『WhatsApp』では、友達登録という面倒な操作をする必要がないということですね。

 

バックアップ機能

『WhatsApp』では、iPhoneやiPadを使っている場合、メッセージなどをiCloud上にバックアップしてくれます。

しかし、

容量が増えすぎるとバックアップできなくなる

ので、容量については確認しておく必要があります。

Android端末の場合、自動バックアップはできませんが、Google Driveを使っていればバックアップすることは可能です。

 

はなこ
『WhatsApp』の方がシンプルなのかな?
できることはよく似ているけど、機能としては『WhatsApp』の方が充実しているような気がするね。
たろう

 

『WhatsApp』と『LINE』の機能や使い方を比較

メールを受け取ったOL

メールを受け取ったOL

『WhatsApp』と『Line』の機能を比較してみましょう。

『WhatsApp』にあって『Line』にはない機能

としては次が挙げられます。

『WhatsApp』だけにある機能

  • 最終接続時刻
  • ステータスの表示("オンライン中"など)
  • バックアップ機能

『LINE』にあって『WhatsApp』にはない機能は次のとおりです。

『LINE』だけにある機能

  • タイムライン
  • ゲーム機能
  • ニュースの閲覧機能

『相手とメッセージをやり取りする』という基本的な機能は同じです。

グループを作成することも、どちらのアプリでも可能です。

 

使い方を比較しても、基本的な部分で大きな違いはありません。

しかし、タイムラインを利用したり、ゲームを楽しんだり、ニュースを見たりといったことが多い人は、『LINE』が向いていますね。

『WhatsApp』なら、

電話帳に登録されたメンバーが『WhatsApp』を使っていれば、自動的にリストに表示される

という便利な機能があります。

『LINE』のように、わざわざ友達登録する必要がない分、すぐに利用できるのです。

 

もし、どちらも試したことがないのであれば、『WhatsApp』から始めてみるほうがいいでしょう。

世界中で利用されている『WhatsApp』ですが、

なぜか日本での認知度は今ひとつです。

周りに利用している人が少ない場合は、『LINE』のほうが無難だともいえますね。

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『WhatsApp』とは、アメリカのFacebook社が提供する、リアルタイムでメッセージの交換ができる世界最大のスマートフォン向けアプリケーションのことである。
  • 『LINE』とは、LINE社が開発・提供するSNSサービス及びアプリケーションのことである。
  • 『WhatsApp』では最終接続時刻が表示される。
  • 『WhatsApp』では "オンライン中" などのステータスが表示される。
  • 『LINE』にはタイムラインがあるが、『WhatsApp』にはない。
  • 『LINE』は友達登録が必要であるが、『WhatsApp』は不要である。
  • 『WhatsApp』にはバックアップ機能がある。
  • 『LINE』ではゲームやニュースの閲覧ができるが、『WhatsApp』にはない。

『WhatsApp』も『LINE』も、気軽に近況報告などができることから、使い始めると非常に便利です。

試していないのであれば、一度使ってみることをおすすめします。

関連記事

-ITの違い

Copyright © 違いを解説君 , All Rights Reserved.