違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

アプリ

ITの違い

アプリとソフトの違いをわかりやすく解説!意味や使い分け方を紹介

パソコンやスマホで利用できるツールには、いろいろあります。

普段、それらをどう呼んでいますか?

 

はなこ
ねえ、パソコンやスマホでいろいろなことができるじゃない。

あの道具って、よく『アプリ』って言うわよね。

そうだね。

正式には『アプリケーション』かな。

たろう
はなこ
でも、あれって『ソフト』でもあるのよね。
『ソフトウェア』のことだね。

そうとも言うね。

たろう
はなこ
いったい、『アプリ』と『ソフト』って何が違うの?

 

今回は、『アプリ』と『ソフト』の違いについて解説し、意味や使い分け方について見てみましょう。

スポンサーリンク

『アプリ』と『ソフト』の意味

まずは、『ソフト』の意味について見てみましょう。

『ソフト』とは?

『ソフトウェア』の略で、何らかの処理をコンピューター上で行うためのプログラム

のことです。

『ソフトウェア』には反対語があって、それは『ハードウェア』という言葉です。

『ハードウェア』はコンピューターを構成する機器の総称です。

つまり、CPUやHDDなどの部品を指す言葉ですね。

それに対して『ソフトウェア』は『ハードウェア』上で動作するプログラムのことを指します。

『ハードウェア』は実体がありますが、『ソフトウェア』は実体がない

と考えると分かりやすいでしょう。

 

『アプリ』とは?

『アプリケーション・ソフトウェア』の略で、ワープロや表計算ソフトなど、コンピューターの機能を応用したソフトウェア

のことです。

『応用ソフトウェア』とも呼ばれ、それと対比して『基本ソフトウェア』という言葉もあります。

『基本ソフトウェア』の代表は、WindowsやLinuxなどの『OS(オペレーティング・システム)』です。

『OS』が最初にコンピューター上で動作し、その上で『アプリ』が動作していると考えると分かりやすいでしょう。

 

『アプリ』と『ソフト』の違い

『アプリ』と『ソフト』の主な違いは、次のようになります。

『アプリ』と『ソフト』の主な違い

  • 『アプリ』は『ソフト』の中のひとつである。
  • 『アプリ』は『OS』と対比して使われる言葉で、『ソフト(ウェア)』は『ハードウェア』と対比して使われる言葉である。
  • 『ソフト』はプログラムを表すが、『アプリ』はプログラムによって道具として利用できるものを表す。

先ほど書いたように、『アプリ』は『応用ソフトウェア』という『ソフト』の仲間です。

『ソフト』という大きな括りの中に『アプリ』が含まれる

ということですね。

また、

『アプリ』は『OS』上で動作するものであり、『ソフト』は『ハードウェア』上で動作するものです。

広い意味で言えば、『アプリ』も『ハードウェア』上で動作するのですが、『アプリ』が『ソフト』の仲間なのでそれは当然ですね。

『ソフト』は、いわゆるプログラムのことです。

『OS』もプログラムから作られていますし、パソコンの周辺機器を動かすための『デバイスドライバ』という『ソフト』もあります。

しかし、

『アプリ』は道具として使われるという特徴があります。

WindowsやLinuxでもファイルを選択したり、他のアプリケーションを呼び出したりできるので、道具ではないかと思うかも知れませんが、実は知らないうちに『アプリ』を利用しているだけです。

それがWindowsやLinuxの機能に見えているだけだということですね。

実際の『OS』は、ディスクの中のファイルを管理したり、メモリの管理をしたりといった "縁の下の力持ち" 的な仕事しかしていません。

 

『アプリ』と『ソフト』の使い分け方

メールを受け取ったOL

メールを受け取ったOL

『アプリ』は『ソフト』の仲間なので、パソコンやスマホで動作するツールは『ソフト』と呼んでも間違いではありません。

しかし、『ソフト』の中には『アプリ』以外も含まれるので、『アプリ』と呼んでは間違いのものがあります。

例えば、

WindowsやLinuxなどの『OS』は『アプリ』とは呼びません。

Windows上の『DOSプロンプト』やLinuxのターミナルで動作するツール類も、『アプリ』というよりは『コマンド』と言ったほうが正確でしょう。

 

よく、

スマホの道具は『アプリ』

パソコンの道具は『ソフト』

という使い分けをしている人を見かけます。

そういう人たちに『アプリ』と言うと、スマホのことを思い浮かべるようですね。

実際には、その分け方は正しくありません。

ですが、スマホで動くものを『アプリ』と呼んで、パソコンで動くものは『ソフト』と呼ぶのも混乱がなくていいかも知れませんね。

 

はなこ
スマホなら『アプリ』、パソコンなら『ソフト』か。

これなら間違いではないし、わかりやすくていいわね。

でも、本当はスマホにも『OS』は入っているんだよ。

AndroidやiOSなんかがそうだね。

だから、スマホで動くものが全て『アプリ』だというわけでもないんだよね。

たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『ソフト』とは、『ソフトウェア』の略で、何らかの処理をコンピューター上で行うためのプログラムである。
  • 『アプリ』とは、『アプリケーション・ソフトウェア』の略で、ワープロや表計算ソフトなど、コンピューターの機能を応用したソフトウェアである。
  • 『アプリ』は、『ソフト』の中のひとつである。
  • 『アプリ』は、『OS』と対比して使われる言葉で、『ソフト(ウェア)』は『ハードウェア』と対比して使われる言葉である。
  • 『ソフト』は、プログラムを表すが、『アプリ』はプログラムによって道具として利用できるものを表す。
  • スマホの道具を『アプリ』、パソコンの道具を『ソフト』と使い分けている人もいる。

『アプリ』は多種多様で、同じ目的のアプリでも機能などは様々ですよね。

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.