違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

ファッションの違い

ニットとセーターの違いをわかりやすく解説!素材や見分け方を紹介

ファッションに欠かせないアイテムといえば、やはりニットやセーター。

太めの毛糸で編んだニットやセーターだと、冬でも暖かく過ごせますし、見た目も暖かそうですよね。

 

でもこの『ニット』と『セーター』って、何が違うんでしょうか。

普段何気なく、『ニット』と言ったり『セーター』と言ったりしているものです。

なんとなく同じような気もするし、違うような気もしますよね。

違いがあるとすれば、具体的に何がどう違うのでしょう?

 

ということで今回は、

  • ニットとセーターの違い
  • ニットとセーターの見分け方
  • ニットやセーターの素材

についてお話します。

ぜひ最後まで読んでくださいね!

スポンサーリンク

『ニット』と『セーター』の違いとは?

ニットとセーター、どう違う?それとも同じ?

『ニット』と『セーター』って何が違う?

『ニット』と『セーター』の違いは、言葉の意味でいうと

ニット…『生地』の名前で、糸でループを作りながら編んで作った生地のこと

セーター…服の種類の名前で、太めの糸のニット生地で作ったプルオーバーのトップスのこと

となります。

 

他の物に例えたら、『筆記用具』と『鉛筆』の違い、みたいな感じですね。

 

ただし、『ニット』は、

  • 『セーター』のこと
  • 『編んで作った生地を使って作った服』のこと
  • 『編んで作った服や小物』のこと

という意味で使われることもあります。

 

では次に、ニットとセーターを、それぞれもう少し詳しく見ていきましょう。

『ニット』とは

『ニット』には、

  • 生地の名前(材料)
  • 『編んで作った生地の服』や『糸を編んで作った服や小物』(製品になったもの)

と、大きく分けて2つの意味があります。

 

それぞれの意味について、見ていきましょう。

生地の名前としての『ニット』

『ニット』とは、生地の種類の名前です。

どんな生地かというと、

1本、もしくは2本の糸をより合わせて、その糸でループを作りながら編んだ生地です。

 

ニットの特徴は、伸び縮みが良くて、動きに合わせてフィットしてくれること。

柔らかいので着心地も良く、

  • Tシャツやポロシャツ
  • トレーナー
  • 大人の下着
  • 子ども服やベビー服
  • カットソー
  • ジャージ

など、いろいろな服に使われています。

 

服や小物を表す『ニット』

『ニット』には、生地の名前の他に、

  • ニット生地で作った服
  • 編んで作った服や小物

という意味もあります。

 

先ほど、

ジャージやカットソーなどもニット生地でできている

と、お話ししましたよね。

ですから、ジャージなども『ニット』と言うこともできるのです。

 

でも実際は、

『毛糸などを編んで作った服や小物』

という意味で使われることがほとんどです。

特にセーターは、『ニット』と呼ぶことがよくあります。

一方、ジャージやポロシャツなどを『ニット』と呼ぶことは、一般的にはほとんどありません。

『セーター』とは

『セーター』とは、

ニット生地でできているトップス

のことです。

ですから、スカートやパンツは、ニット素材で作られていても『セーター』とは言いません。

 

さらに、一般的に言う『セーター』は

  • 太めの糸で編んである
  • プルオーバーの服(前が開いておらず、頭からすっぽりかぶって着るもの)である

この2つが当てはまるものを指します。

 

ですから、カーディガンはニット素材のトップスではありますが、『セーター』とは言いません。

前が開いていますからね。

また、カットソーのトップスなどもニット生地でできていますが、『ニット』と呼ぶことは、めったにないでしょう。

 

ちなみに、『太めの糸で』と書きましたが、これは『普通の糸に比べて』ということです。

たとえば細い毛糸で編んだセーターもありますし、綿などのセーターもあります。

『ニット』と『セーター』が同じ意味で使われていることもある

ニットについての説明でも触れましたが、

『ニット』は『セーター』という意味で使われることも多いです。

お店でも、『この冬おすすめのニット』などといって、セーターを売っていることが、よくあります。

 

これは、

『セーター=編み物=ニット』

ということなのかもしれません。

ニットには『編む』という意味もありますし。

 

でも、『編み物』なら、カーディガンもベストもあるはずですよね。

ところがカーディガンやベストは、なぜかあまり『ニット』とは言われないようです。

試しに、『ニット』で画像検索をしてみると…

『ニット』で画像検索して見るとこういう結果

『ニット』で画像検索して見るとこういう結果

 

このように、カーディガンも全くないわけではありませんが、セーターがほとんどでした。

 

なぜセーターが特に『ニット』と呼ばれるようになったかは、不明です。

でも、たとえば家庭で

「我が家では、『筆記用具』と言えば『鉛筆』のこと!」

というような、ローカルルール的な呼び方ってあったりしますよね。

もしかしたら、それと似たようなことが『ニット』の始まりだったのかもしれません。

セーター以外のニット生地のものを『ニット』と言うことは少ない

セーターを『ニット』ということは珍しくありません。

でも逆に、

お店などで、カットソーやポロシャツなどのニット生地の服を『ニット』と呼ぶことは、ほとんどありません。

 

この理由もわかりません。

ただ、おそらく

  • カットソーやTシャツなど、ニット生地で作った服まで『ニット』と言ってしまうと、範囲が広すぎて何を指しているかわかりにくい
  • それよりは『カットソー』『Tシャツ』など、服の種類で表した方がわかりやすい

ということではないかと、筆者は考えています。

『ニット』と『セーター』の見分け方

『ニット』が、ピンポイントで『セーター』のことを表している場合は、見分けるまでもないですよね。

同じもののことですから。

 

『ニット』が『ニット生地で作られた服』を表している場合は、

『セーター』は、太めの糸で編まれた、プルオーバータイプのトップスのことで、それ以外は『セーター』ではない

と考えて区別すると、まず間違いないでしょう。

 

ですから、『ニット』であっても、たとえば、

  • ポロシャツの生地のように、細い糸で編んだ生地を使っている
  • トップスではない
  • プルオーバーではなく、前が開いている

といった服は、

『セーター』ではありません

 

ニットやセーターの素材はどんなものがある?

ニットやセーターの素材はいろいろ

ニットの素材

ニット生地には、いろいろな素材が使われています。

 

大きく分けると、

  • 動物性のもの
  • 植物性のもの
  • 化学繊維

に分けられます。

 

動物性のニットの素材

動物の毛を使ったものでは

  • ウール(羊)
  • カシミヤ(ヤギ)
  • アンゴラ(ヤギ・ウサギ)
  • アルパカ
  • シルク(絹)

 

動物の毛で編んだ服って、あったかいですよね。

これは、

『毛の繊維の中に、空気をたくさん含むこと』

ができるからです。

それをさらに編んでいるので、断熱材のようになって冷気を遮ってくれるのです。

 

そして、シルクは蚕の糸ですから、動物性です。

シルクのニット生地は、インナーに良く使われていますよね。

でもそれだけでなく、アウターもあります。

独特の風合いで高級感がある生地です。

 

植物性のニットの素材

植物を材料にしたものでは

  • 綿
  • リネン(麻)

などがあります。

 

綿のニットは肌にも優しく、インナーにもよく使われていますが、アウターもあります。

 

リネンは、丈夫で汚れにくく、肌触りが良くて、吸水性や保湿性、通気性が良い素材です。

夏物でも大活躍していますよ!

 

化学繊維のニットの素材

化学繊維では

  • ナイロン(絹のたんぱく質に近い合成物質)
  • レーヨン(木材パルプが原料)
  • アクリル(羊の毛に似た合成繊維)

が代表的な素材です。

 

『化学繊維』というと、何となく体に良くないイメージを持つ人もいるかもしれませんね。

でも、化学繊維でも吸水性や保湿性、保温性、肌触りなどが良いものがあります。

安いコストで高級感を出せるので、季節や場面などに合わせて、上手に活用してくださいね。

 

このように、ニット生地は素材の種類がとても豊富です。

温かさや肌触り、質感なども多種多様なので、いろいろな服や用途に使われています。

ニット素材に注目するファッションデザイナーも多いんですよ。

セーターの素材と種類

セーターはニットの服の1種ですから、素材としては先ほど紹介したように、

  • ウールやカシミア、シルクなどの動物性の素材
  • 綿や麻などの植物性の素材
  • アクリルやレーヨンなどの合成繊維

があります。

 

セーターと言えば、冬向けのもこもこのものや、毛糸でできたものを思い浮かべる人も多いでしょう。

でも、実際にはいろいろな素材や質感、いろいろな季節向けの『セーター』があるのです。

たとえば、麻は通気性が良いので、サマーセーターなどにもよく使われています。

 

そして、セーターはデザインの種類も豊富で

  • クルーネック
  • Vネック
  • Uネック
  • ハイネック
  • タートルネック
  • オフタートルネック
  • ノースリーブ

など、いろいろ。

 

柄も

  • 色違いの糸を使った編み込み模様
  • 同じ糸だけを使って、模様編みを取り入れたもの
  • 全体が同じ編み方で編まれているシンプルなもの
  • 複数の色で染められた毛糸を使ったもの

など、多種多様です。

スポンサーリンク

まとめ

『ニット』と『セーター』の違いは、

ニット

⇒1本の糸で編まれた生地、もしくはその生地で作った服、もしくは編んで作った服や小物

セーター

⇒太めの糸で編んだ生地を使って作った、もしくは糸で編んで作ったプルオーバーのトップス

ということです。

 

元々の意味としては、

  • 『ニット』は生地の名前
  • 『セーター』は服の種類

のこと。

 

でも、『編んで作った生地でできた服』や『糸を編んで作った服や小物』も『ニット』ということもあります。

また、『ニット』と『セーター』が、同じ意味で使われていることも多いです。

『ニット』という呼び名は、使い方が幅広いので、その時々で意味が変わるんですね。

 

ニットもセーターも、素材もデザインも本当に豊富です。

日常生活でも、インナーからアウターまで、大活躍しています。

ぜひ上手に活用して、おしゃれを楽しんでくださいね!

関連記事

-ファッションの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.