違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

google

ITの違い

GboardとGoogle日本語入力の違いをわかりやすく解説!機能や特徴をチェック

スマホを使うとき、あなたはキーボード入力に『Gboard』や『Google日本語入力』を使っていますか?

 

はなこ
スマホでキーボード入力に使うアプリって、『Gboard』とか『Google日本語入力』が有名よね。

あれって、なにか違いがあるのかな?

僕は、『Gboard』を使っているよ。

違いについてはよく分からないな。

たろう
はなこ
『Gboard』と『Google日本語入力』の違いについて、ちょっと調べてみたいわね。

 

今回は、『Gboard』と『Google日本語入力』の機能や特徴をチェックし、違いについて解説します。

スポンサーリンク

『Gboard』と『Google日本語入力』の機能や特徴

まずは、『Gboard』の機能や特徴を見てみましょう。

『Gboard』の機能・特徴

『Gboard』は、複数の言語に対応した入力アプリです。

Android版の他に、iOSでも利用することができます。

日本語入力はもちろん、

英語やその他の言語にも対応している

という特徴があります。

キーボードとしての機能の他に、様々な機能を持っています。

 

Google検索

左上のGボタンをクリックすると、

入力した文字について検索することができます。

わざわざGoogleを立ち上げて調べるという手間が不要になるわけですね。

 

Google翻訳

検索機能だけでなく、

Google翻訳機能も利用することができます。

日本語を入力すると、英語に変換して出力してくれるという優れものです。

 

片手モード・フローティング

片手で操作しやすいように、

キーボードを右や左に寄せることができます。

また、

任意の場所にキーボードを移動する機能も持っています。

 

『Google日本語入力』の機能・特徴

『Google日本語入力』は、日本語を入力するためのアプリです。

元々は、WindowsやMacなどのパソコンで利用するためのアプリでした。

それまでに入力した内容を学習して、途中まで入力すれば候補を表示して選択できる機能が非常に便利です。

その機能をAndroid端末へも移植したのが『Google日本語入力』です。

 

はなこ
『Google日本語入力』は、元はパソコン用の日本語入力アプリだったようね。
いわゆるIMEというやつだね。

他にもATOKやMicrosoft IMEなんかがあるよ。

たろう

 

『Gboard』と『Google日本語入力』の違い

『Gboard』と『Google日本語入力』の主な違いは次のようになります。

『Gboard』と『Google日本語入力』の違い

  • 『Gboard』は多言語をサポートしているが、『Google日本語入力』は日本語のみをサポートしている。
  • 『Gboard』はAndoroidやiOSなどのスマホ向けアプリなのに対し、『Google日本語入力』は元々パソコン向けのアプリであった。
  • 『Gboard』のほうが便利な機能は多い。

 

対応する言語

『Google日本語入力』は、日本語の入力のみをサポートしています。

その他の言語についてはサポートされていません。

それに対して

『Gboard』は多言語対応の入力アプリです。

日本語だけでなく、他の外国語にも対応しているという特徴があります。

 

対応するプラットフォーム

『Google日本語入力』は、元々パソコン用のIMEです。

それをAndroid端末でも利用できるようにしました。

iOSでは利用することができません。

それに対して

『Gboard』は、元からスマホ用に開発されたアプリです。

そのため、AndroidだけでなくiOSでも利用することができます。

 

補助機能

『Gboard』は、スマホ向けに開発されただけあって様々な機能があります。

検索や翻訳の機能、レイアウトの変更など、便利な機能がいろいろとあります。

 

はなこ
スマホで利用するのなら『Gboard』のほうがよさそうね。
『Google日本語入力』より『Gboard』の方が後で公開されたみたいだね。

その分、機能もそろっているということかな。

たろう

 

『Gboard』と『Google日本語入力』はどちらが便利?

日本語入力

日本語入力

『Gboard』と『Google日本語入力』では、どちらの方が便利でしょうか?

今のところ、

『Gboard』の方が使い勝手はいいでしょう。

検索のためにわざわざ『Google』を立ち上げる必要はないですし、日本語と英語の相互変換も簡単にできます。

使い方に応じて、キーボードの位置を自由にレイアウトできるのもうれしい機能ですね。

また、『Gboard』は多言語に対応したアプリです。

日本語と英語だけでなく、フランス語やドイツ語、中国語、タイ語など、他の言語も利用したい場合は『Gboard』しか選択肢はありません。

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『Gboard』は、複数の言語に対応したAndroid・iOS用の入力アプリである。
  • 『Google日本語入力』は、日本語を入力するためのパソコン・Android用アプリである。
  • 『Gboard』は多言語をサポートしているが、『Google日本語入力』は日本語のみをサポートしている。
  • 『Gboard』はAndoroidやiOSなどのスマホ向けアプリなのに対し、『Google日本語入力』は元々パソコン向けのアプリであった。
  • 『Gboard』には、検索や翻訳、キーボードのレイアウト変更など、便利な機能が多い

スマホで日本語入力を行うためには、日本語入力アプリは必須ですよね。

できるだけ使いやすい便利なものを選択したいものです。

今のアプリに不満があるのなら、一度『Gboard』を試してみてはどうでしょうか。

関連記事

-ITの違い

Copyright © 違いを解説君 , All Rights Reserved.