違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

CPU

ITの違い

【CPU】i7の8700kと8700の違いをわかりやすく解説!選び方を紹介!

IntelのCPUであるCoreシリーズ。

i7といえば、スペックの高い製品として有名ですね。

あなたは、i7の『8700k』と『8700』の違いを知っていますか?

 

はなこ
今、パソコンに搭載するCPUを何にしようか悩んでいるの。

i7がいいんだけど、『8700k』と『8700』の2種類があるのよね。

割とスペックが高めの製品だよね。

僕には違いがよく分からないな。

たろう
はなこ
『8700k』と『8700』の違いについて、詳しく調べてみたいわね。

 

今回は、i7の『8700k』と『8700』のスペックをチェックして、その違いについて解説します。

スポンサーリンク

【i7】『8700k』と『8700』のスペック

まずは、『8700k』と『8700』のスペックを見てみましょう。

『8700k』と『8700』のスペック

8700k8700
世代第8世代
開発コードCoffee Lake-S
発売日2017年11月2日
プロセス14nm
コア/スレッド数6/12
CPU動作周波数3.7~4.7GHz3.2~4.6GHz
キャッシュ12MB
内蔵GPUインテル UHD グラフィックス 630
GPU動作周波数0.35~1.2GHz
対応メモリDDR4-2666
最大メモリサイズ64GB
TDP95W65W
オーバークロック
CPUクーラー

『8700k』と『8700』はどちらも第8世代(Coffee Lake-S)と呼ばれるCPUです。

2017年に発売され、

プロセス(微細化の目安)は14nm

コア数とスレッド数は6/12

というスペックです。

内蔵GPUを持っているので、グラフィックボードを用意しなくてもモニタに出力することができます。

搭載可能なメモリは最大64GBと、個人で使うには十分なサイズのメモリを使うことができます。

 

『8700k』と『8700』の違い

『8700k』と『8700』の主な違いは次のようになります。

『8700k』と『8700』の違い

  • 動作周波数(クロック)が異なる。
  • TDPが異なる。
  • 『8700k』はオーバークロックできるが、『8700』はできない。
  • 『8700k』はCPUクーラーが別売りであるが、『8700』は同梱している。

違いについて、ひとつずつ詳しく見てみましょう。

 

動作周波数(クロック)の違い

動作周波数(クロック)とは、単位時間あたりに実行することのできる命令の数を意味します。

動作周波数が高いほど、高速に処理できるということになりますね。

動作周波数は、『8700k』のほうが『8700』よりも高いです。

その差はわずかしかありませんが、少しでも高速に処理したいのであれば『8700k』を選択すればいいことになります。

 

TDP

TDP(Thermal Design Power)とは、いわゆる消費電力のことです。

消費電力は、『8700k』の方が『8700』よりも高いです。

これは、動作周波数が高いことからも分かりますね。

省電力でパソコンを構築したいのであれば、『8700』の方がいいことになります。

 

オーバークロック

オーバークロックとは、定格の動作周波数を超えて動作させることを意味します。

CPUは、動作周波数が大きくなるほど多くの電力を消費し、熱も発生します。

発熱を十分に考慮した形でパソコンを組み上げれば、定格より高い動作周波数でCPUを動かすことができます。

しかし、熱暴走や故障など、リスクがあることも注意しなければなりません。

『8700k』はオーバークロックが可能ですが、『8700』では不可です。

オーバークロックを試してみたいという人は『8700k』しか選択肢はありません。

 

CPUクーラー

CPUクーラーとは、CPUを冷却するための部品です。

CPUを覆うように設置されます。

このクーラーは、『8700』の場合同梱されているので、別で購入する必要はありません。

しかし、

『8700k』では購入する必要があります。

これは、オーバークロックの可否と関係しているのでしょう。

オーバークロックするためにはCPUクーラーの性能が大事になります。

そのため、メーカー側としては自前で性能の良い製品をちゃんと選びなさいという意図が込められているのでしょう。

 

はなこ
『8700k』と『8700』の違いはよく分かったわ。

じゃあ、どちらを選ぶのがいいのかしら?

それは、パソコンをどのように利用したいかによって変わるね。
たろう

 

『8700k』と『8700』ではどちらの方がお得?

CPU

CPU

『8700k』の価格は約41,000円で、『8700』の約35,000円という価格より6,000円ほど高いです。

では、『8700k』と『8700』ではどちらがお得でしょうか?

 

まず、

オーバークロックを試すつもりがないのなら、『8700』のほうがおすすめです。

動作周波数にそれほど大きな違いはなく、コア数やスレッド数は同じです。

また、TDPは『8700』のほうが低いので、その分省エネにもつながります。

自分で冷却方法などを検討してオーバークロックを試してみたいのであれば『8700k』のほうがいいでしょう。

『8700』では、オーバークロックは不可能です。

 

はなこ
私は、別にオーバークロックなんて試す気はないから、『8700』で十分かしらね。
そうだね。

消費電力も小さいし、CPUファンも同梱されているからお得だよね。

たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『8700k』の方が、『8700』よりも動作周波数(クロック)が高い
  • 『8700k』の方が、『8700』よりもTDPが高い
  • 『8700k』はオーバークロックできるが、『8700』はできない。
  • 『8700k』はCPUクーラーが別売りであるが、『8700』は同梱している

ちなみに、現在最新のi7は、第9世代の『9700k』『9700』です。

もちろん、スペックは第9世代の方が上なので、購入するなら『9700k』『9700』をおすすめします。

関連記事

-ITの違い

Copyright © 違いを解説君 , All Rights Reserved.