違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

Windows

ITの違い

WindowsのProgramFilesとProgramFiles(x86)の違いをわかりやすく解説

Windows OSのシステムディスクには、『Program Files』と『Program Files (x86)』の2種類のフォルダがあります。

どちらもインストールしたプログラムを保存するためのフォルダですね。

ところで、『Program Files』と『Program Files (x86)』の違いを理解していますか?

 

はなこ
この間、Windowsマシンにアプリケーションをインストールしようと思ったら、プログラムの保存先が『Program Files (x86)』になっていたの。

普通、『Program Files』じゃないかしら?

デフォルトのプログラム保存先フォルダのことだね。

僕はあまり気にしたことはなかったな。

たろう
はなこ
『Program Files』と『Program Files (x86)』って、いったい何が違うのかしら?

 

今回は、Windowsの『Program Files』と『Program Files (x86)』の違いについてわかりやすく解説します。

スポンサーリンク

Windowsのプログラム保存先

DVDドライブ

DVDドライブ

『Program Files』と『Program Files (x86)』は、どちらもアプリケーションをインストールするときのプログラム保存先フォルダを表します。

プログラムの保存場所は、通常はどこでも問題はありません。

しかし、デフォルトの保存場所は『Program Files』や『Program Files (x86)』になっています。

アプリケーションによっては、保存場所が『Program Files』や『Program Files (x86)』でないと

正常に動作しない

こともあります。

なので、

よほどの理由がない限りは、保存場所は『Program Files』や『Program Files (x86)』にしておきましょう。

 

Windowsの『32bit版』と『64bit版』の違い

Windowsには、『32bit版』と『64bit版』の2種類があります。

そもそも、パソコンに搭載されているCPUにも『32bit版』と『64bit版』の2種類があります。

『32bit版』CPUには『32bit』版のWindowsしかインストールできません。

『64bit版』CPUには『32bit版』『64bit版』のどちらのWindowsもインストール可能です。

『32bit版』Windowsは、

メモリが4GBまでしか利用できなかったり、起動ディスクの最大容量が2TBまで

というような制約があります。

 

最近のCPUはどれも『64bit版』です。

ですから、

よほどの理由がない限り、『64bit版』Windowsを選ぶのがおすすめです。

関連記事
Windows8
WindowsOSの32bit版と64bit版の違いを解説!おすすめはどちら?

Windowsに、『32bit版』と『64bit版』があるのは知っていますか?   はなここの間、Windowsをインストールしようと思ったんだけど、『32bit版』と『64bit版』の2種 ...

続きを見る

 

『Program Files』と『Program Files (x86)』の違い

『Program Files』と『Program Files (x86)』の違いは、『32bit版』『64bit版』Windowsと密接に関係しています。

まず、アプリケーションにも『32bit版』と『64bit版』の2種類があることを理解しておいてください。

『32bit版』Windowsの場合、アプリケーションも『32bit版』しかインストールできません。

『64bit版』Windowsならば、『32bit版』と『64bit版』のどちらのアプリケーションもインストールできます。

 

『32bit版』Windowsの場合、『32bit版』アプリケーションのデフォルトの保存先フォルダは『Program Files』になります。

『64bit版』アプリケーションはインストールできないので、それ以外に保存先は存在しません。

しかし、

『64bit版』Windowsの場合、『32bit版』アプリケーションのデフォルトの保存先は『Program Files (x86)』です。

そして、

『64bit版』アプリケーションのデフォルトの保存先が『Program Files』になるわけです。

これらをまとめると、以下の表になります。

アプリケーションのデフォルトの保存先

『32bit版』Windows 『64bit版』Windows
『32bit版』アプリケーション Program Files Program Files (x86)
『64bit版』アプリケーション - Program Files

なぜ、『Program Files』と『Program Files (x86)』の2つのフォルダが用意されているのか?

これは

同じアプリケーションに『32bit版』と『64bit版』の2種類が存在

するからです。

何らかの理由で(例えば『64bit版』がまだベータ版で不安定な場合など)『32bit版』と『64bit版』の両方をインストールしたい時、それらのファイル名が同じだと、同じ場所にインストールできないですよね。

そのため、『32bit版』と『64bit版』でインストール先を変えることで、名前の衝突を回避しているわけです。

 

はなこ
なるほどね、『32bit版』と『64bit版』の両方のアプリケーションが利用できるようにという配慮だったわけね。
今は、アプリケーションも『64bit版』が主流になったから、そろそろ『Program Files (x86)』は不要になってきたのかもしれないね。
たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントを、まとめていきましょう。

ポイント

『Program Files』と『Program Files (x86)』は、どちらも

アプリケーションのデフォルトの保存先

であり、次のように区別されます。

『32bit版』Windows 『64bit版』Windows
『32bit版』アプリケーション Program Files Program Files (x86)
『64bit版』アプリケーション - Program Files

普段、『Program Files』と『Program Files (x86)』を区別して考えることはないでしょう。

ですから、それほど気にすることはありません。

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.