違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

シュモクザメ

その他の違い

フカとサメの違いをわかりやすく解説!言葉の由来や語源をチェック

投稿日:

『サメ』と言えば、

海に住む獰猛な生き物

というイメージが強いですよね。

 

一方で、高級食材として有名な『フカヒレ』は、『サメ』のヒレの部分を意味します。

はなこ
『フカヒレ』のことを『サメヒレ』などとは言わないね。
ザラザラした肌を『サメハダ』というけど、『フカハダ』とは聞いたことがないや。
たろう
はなこ
じゃあ、『フカ』と『サメ』とは何が違うの?

ということで、今回は『フカ』と『サメ』の言葉の由来や語源を調べ、その違いを解説します。

スポンサーリンク

『フカ』と『サメ』の言葉の由来と語源

『フカ』と『サメ』の名前にはいくつかの由来があります。

『フカ』の名前の由来

  • 『海の深いところに棲む』という意味の『深見魚(ふかみうお)』を略して『フカ』というようになったという説
  • サメは卵ではなく子を産むので『子を養う魚』から魚へんに『養』と書いて『フカ』と読むようになったという説

『サメ』の名前の由来

  • 体のわりに目が小さいことから『小さい目』→『小目』→『サメ』となったという説
  • 目が狭いという意味で『狭い目』→『狭目』→『サメ』となったという説
  • アイヌ語の『シャメ』という言葉から『サメ』となったという説

 

はなこ
いろいろな説があるけど、どれが正しいかはわからないみたいね。
『フカ』は漢字で『鱶』と書くんだね。
たろう
はなこ
『サメ』は漢字では『鮫』だね。身体をくねらせて泳ぐから魚へんに交としたらしいわ。
そう言えば、『古事記』や『風土記』には『ワニ』という言葉が使われているらしいよ。
たろう
はなこ
『ワニ』は違う動物じゃないの?

 

『古事記』や『風土記』などの日本の古典では、『ワニ』という生き物が登場します。

『古事記』の中で、よく知られている有名な神話に『因幡の白うさぎ』という物語があります。

『因幡の白うさぎ』は、鳥取県東部にある白兎海岸が物語の舞台だと言われています。

白うさぎが『ワニ』をだまして、その背に乗って海を渡ったので、怒った『ワニ』が白うさぎの毛皮をはぎ取ってしまったという話です。

 

この話に登場する

『ワニ』が『サメ』のことを表している

という説があるのです。

実際、山陰地方では『サメ』のことを『ワニ』と呼ぶところもあります。

『ワニの刺身』は、よく知られた食材で、ここでの『ワニ』は『サメ』のことを意味しています。

味は淡泊でクセがなく、もちもちとした独特の食感が特徴です。

 

『フカ』と『サメ』の違い

はなこ
『フカ』と『サメ』の由来はだいたいわかったけど、結局何が違うの?
『フカ』も『サメ』も結局、同じ生き物を指しているということなのかな?
たろう

 

『フカ』と『サメ』にはいくつかの違いがあります。

  • 『サメ』は正式名称だが『フカ』は俗名
  • 『フカ』という言葉は、昔は中部地方より西側で使われてきた
  • 西日本では大きなサイズで凶暴なものを『フカ』と呼ぶ

 

実は、

『フカ』と『サメ』は場所によってその使い分け方が様々で、統一はされていません。

昔から『フカ』という名称は中部地方より西側で主に使われていました。

それが、東日本に伝わった時に、

大きいサイズのものや凶暴なものを『フカ』と呼ぶようになった

と伝えられています。

 

しかし、いずれにしても、

正式名称は『サメ』です。

『フカ』や『ワニ』は俗名になります。

 

『サメ』は、9目に分類されています。

9目の生物の全てに『サメ』の名称が使われ、『フカ』や『ワニ』が使われているものは一つもありません。

参考

9目の"目"とは、生物を分類する時に付けられる名称のことです。

の順に細かく分類されていきます。

サメの分類

学名
ネコザメ目 Heterodontiformes
テンジクザメ目 Orectolobiformes
ネズミザメ目 Lamniformes
メジロザメ目 Carcharhiniformes
カグラザメ目 Hexanchiformes
ツノザメ目 Squaliformes
キクザメ目 Echinorhiniformes
カスザメ目 Squatiniformes
ノコギリザメ目 Pristiophoriformes

 

ところが、ネズミザメ目に属する『シロワニ』や『ミズワニ』、メジロザメ目に属する『エイラクブカ』や『ネムリブカ』のように、

正式な和名に『フカ』や『ワニ』の名が付いた生き物

も存在します。

ネムリブカ

ネムリブカ

 

はなこ
『フカヒレ』は大型のサメのヒレのことを指すらしいね。

だから『サメヒレ』ではなく『フカヒレ』になったのかな?

でも、『サメ』はヒレの部分以外もおいしく食べられるそうだね。
たろう

 

高級食材の『フカヒレ』は、日本が世界に誇る有数の生産国です。

とくに気仙沼産の『フカヒレ』は、とても有名ですね。

また、『サメ』の肉は、かまぼこやはんぺんなどに加工されることが多く、栄養価も高い優れた食材です。

ところが、『サメ』の身体には尿素と呼ばれる成分が蓄積されているので、鮮度が落ちると尿素が分解されてアンモニアとなり、そのまま食べるのには不向きなのです。

逆に、アンモニアのために腐敗が遅くなり、海が遠い山間部では海の幸として珍重されていた時代もあります。

スポンサーリンク

まとめ

今回のポイントをまとめます。

ココがポイント

  • 『フカ』や『サメ』には、その名前の由来が複数あり、どれが正しいのかははっきりしていない
  • 正式名称は『サメ』であり、『フカ』は俗名である
  • 正式な和名として『フカ』や『ワニ』の言葉が用いられているものも存在する

となります。

 

ところで、『フカヒレ』は元々中国で食されたことが最初です。

なぜヒレの部分だけ珍重されたのでしょうか?

最近は、『フカヒレ』の乱獲のためサメの数が少なくなり、サメを保護しようとする動きもあり、ますます手に入りにくい高級食材となっていきます。

より一層、大事に食べてあげたいものですね。

関連記事
見出し
トビハゼとムツゴロウの違いをわかりやすく解説!見分け方は?

夏に、干潟などで飛び跳ねているトビハゼやムツゴロウを見たことはありますか? かつて食用とされていた地域もありますので、食べたこともあるかもしれませんね。   トビハゼとムツゴロウは、どちらも ...

続きを見る

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.