違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

DVD

ITの違い

DVDとBlu-ray(BD)の違いをわかりやすく解説!画質や容量を比較!

映画やテレビ番組などを見る時、『DVD』や『Blu-ray(BD)』を利用することが最近は増えてきました。

『DVD』と『Blu-ray(BD)』の違いって、具体的に理解していますか?

 

はなこ
この間、映画の『DVD』を買ったんだけど、中身が『Blu-ray』だったの。

家にあるプレイヤーは『Blu-ray』対応していなくて、見ることができなかったわ。

それは残念だったね。

今度買うときは、『DVD』か『Blu-ray』のどちらか確認したほうがいいね。

たろう
はなこ
そもそも、どちらも同じように見えるのに、何が違うの?

 

今回は、『DVD』と『Blu-ray(BD)』の違いについて解説し、画質や容量を比較してみましょう。

スポンサーリンク

『DVD』と『Blu-ray(BD)』について

DVDドライブ

DVDドライブ

まずは、『DVD』と『Blu-ray(BD)』それぞれについて解説します。

『DVD』とは?

Digital Versatile Discの略で、デジタルデータを記録するための第2世代光ディスク

のことです。

第1世代の光ディスクである『CD』より容量の大きな光ディスクとして、東芝やパナソニック(当時の松下電器産業)などの連合により開発されました。

『DVD』が発表された当初は、規格が統一されていましたが、その後になって様々な機能追加があり、現在では『DVD-R』『DVD+R』『DVD-RW』『DVD-RAM』など、たくさんの派生規格が生まれました。

関連記事
DVDドライブ
DVD-R(DL)とDVD+R(DL)の違いをわかりやすく解説!使い分け方をチェック

DVDメディアは、動画の録画やデータのバックアップなど、いろいろな場面で利用されるメディアですね。 あなたは、DVDメディアの種類にある『DVD-R(DL)』と『DVD+R(DL)』の違いがわかります ...

続きを見る

 

『Blu-ray(BD)』とは?

『DVD』の後継となる第3世代光ディスクのひとつ

のことです。

『DVD』と同様に、『Blu-ray(BD)』も

"Blu-ray Disc Association"

という企業連合によって開発されました。

『DVD』で発生した派生規格の乱立の反省から、今回は書き換えのフォーマットの策定から先に決定したため、現在のところ規格は統一されています。

 

『DVD』と『Blu-ray(BD)』の違い ー 画質や容量は異なる?

『DVD』と『Blu-ray』の主な違いは次のとおりです。

『DVD』と『Blu-ray』の違い

  • 利用する光の波長が異なる。
  • 記録できるデータ容量が異なる。
  • 再生できる動画の画質が異なる。
  • 価格に差がある。

順番に詳しく見ていきましょう。

 

レーザー光

『DVD』も『Blu-ray(BD)』も光ディスクなので、記録や再生にはレーザー光が使用されています。

『DVD』では、波長650nmの赤色レーザーが使われます。

それに対し、

『Blu-ray(BD)』では波長405nmの青紫色半導体レーザーが使われます。

 

データ容量

『DVD』には、1層と2層の2種類があります。

『DVD』の容量

1層 4.7GB
2層 8.54GB(『DVD-RAM』は9.4GB)

 

『Blu-ray(BD)』は『DVD』よりも、はるかに大容量で、大きさや層によって次のようになります。

『Blu-ray(BD)』の容量

大きさ 容量
直径120mm 1層 25GB
2層 50GB
3層 100GB
4層 128GB
直径80mm 1層 7.5GB
2層 15GB

 

画質

『DVD』の場合、通常は720x480の解像度です。

現在のテレビのスペックから見ると、非常に低い解像度と言わざるを得ません。

それに対して、

『Blu-ray(BD)』の場合は、1920x1080の解像度です。

 

さらに4K対応の『Blu-ray(BD)』もあり、この場合は

3840x2160の解像度

になります。

画質は、圧倒的に『Blu-ray(BD)』のほうがいいですね。

 

価格

『Blu-ray』の欠点は、あらゆる面において価格が高いということです。

例えば、『Blu-ray(BD)』と『DVD』で、映画などのメディアの価格を比較すると、だいたい2割程度、『Blu-ray(BD)』が高くなります。

さらに、ブランク(生の)メディアは、だいたい5割程度の価格差があります。

 

『DVD』と『Blu-ray(BD)』では、利用するレーザー光も違うので、

再生や録画用のプレーヤーも異なります。

たいていの場合、『Blu-ray(BD)』対応プレーヤーとして販売されており、

『Blu-ray(BD)』と『DVD』の両方が録画・再生できるようになっています。

しかし、

単に『DVD』プレーヤーとして販売されている製品は、『Blu-ray(BD)』の再生はできません。

プレーヤーの購入を検討している人は注意しましょう。

 

プレーヤーの値段はピンからキリまでありますが、

機能が同じなら、『Blu-ray(BD)』対応プレーヤーの方が、『DVD』プレーヤーより高いです。

例えば、パナソニックの製品で比較すると(価格.com 2020年1月現在の最安値)、

DVD-S500(DVDプレーヤー) 3,859円

DMP-BD90(『Blu-ray』対応プレーヤーの最安値の機種) 7,972円

となっていて、一目瞭然で『Blu-ray(BD)』が高くなります。

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントを、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『DVD』は、Digital Versatile Discの略で、デジタルデータを記録するための第2世代光ディスクのことである。
  • 『Blu-ray(BD)』は、『DVD』の後継となる第3世代光ディスクのひとつである。
  • 『DVD』は、波長650nmの赤色レーザーが使われるが、『Blu-ray(BD)』は、波長405nmの青紫色半導体レーザーが使われる。
  • 『DVD』よりも『Blu-ray(BD)』のほうが、記録できるデータ容量が大きい
  • 『DVD』の解像度は720x480、『Blu-ray(BD)』の解像度は1920x10803840x2160である。
  • 『DVD』より『Blu-ray(BD)』のほうが、メディアや録画・再生機器は高価である

今では、『Blu-ray(BD)』用の録画・再生機器も安く手に入れることができるようになりました。

『Blu-ray(BD)』を利用していないなら、導入を検討してみてください。

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.