違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

ギター

音楽の違い

フォークギターとアコースティックギターの違いをわかりやすく解説

投稿日:

「これから楽器を始めたい!」

と考えている人の中でも、

「ギターを弾いてみたい!」

 

と考えている人は多いでしょう。

 

しかし、ギターと言っても

  • エレキギター
  • アコースティックギター
  • クラシックギター
  • フォークギター

とたくさんの種類があり、どれをはじめようか、迷ってしまうことでしょう。

今回は、その中でも、違いのわかりづらい

アコースティックギターとフォークギターの違い

を解説していきます。

スポンサーリンク

アコースティックギターとは?

アコースティックギターとは、どんなギターのことを指すのでしょうか?

アコースティックギターとは

アコースティックギターとは、

電気的な増幅無しに演奏されるギター

のこと。

対して、電気的な増幅装置の付いたギターをエレクトリックギターと呼びます。

このように、アコースティックギターという言葉は、かなり広い意味で使われています。

 

エレキギターのように、

『付属のマイクで弦の振動を収音し、アンプで増幅する』

という仕組みがなければ、全てアコースティックギターと言ってよいのです。

 

フォークギターとは?

では、フォークギターとは、どのようなものを指すのでしょうか?

フォークギターとは

フォークギターとは、

スチール弦を張ったアコースティックギター

のこと。

ちなみに、ガット弦やナイロン弦を張ったものは、クラシックギターと呼ばれます。

この通り、

実はフォークギターとはアコースティックギターの一種

なのです。

そして、アコースティックギターというと、一般的にはフォークギターのことを指すことが多いのが現状です。

フォークギターは、

フォークソング

ポップス

ロック

など、様々な音楽ジャンルで使用されています。

 

フォークギターの種類

アコースティックギターの定番ともいえるフォークギター。

その中にも大きく

ドレッドノート

フォークタイプ

の2種類に分かれます。

では、その違いとは何でしょうか?

ドレッドノートの特徴

ドレッドノートとは、

やや大型のボディを持つフォークギター

を総称して呼ばれます。

パワー感があり、主にロックアーティストに支持されています。

しかし、繊細さも兼ね備えていて、ポップスブルースなどの様々な音楽にも重宝されているのです。

代表的なのは、マーチンの『D-28』やギブソンの『J-45』など。

フォークタイプの特徴

フォークタイプは、

ボディが引き締まっていてくびれがあるフォークギター

を総称して呼びます。

クビレが大きいと抱え込みやすく、比較的細かな演奏をするプレイヤーに支持されています。

ブランドによって、

000(トリプルオー)』

グランドオーディトリアム』

グランドコンサート』

など様々な呼び名があります。

 

その他のアコースティックギター

では、アコースティックギターではフォークギターのほかに、どんなものがあるのでしょうか?

クラシックギター

クラシックギターは、

ナイロン弦を張ったアコースティックギター

のことです。

『クラギ』と呼ばれることが多いです。

以下にクラシックギターの特徴をまとめます。

クラシックギターの特徴

ナイロン弦を使用

⇒弦は比較的硬く、音には温かみがある

音量が比較的小さい

チューニングが安定しづらい

主に指弾きである

といった感じです。

アコースティックギター弾き語りなどの伴奏的な役割

クラシックギターソロ演奏

という認識で良いでしょう。

 

エレクトリックアコースティックギター

『エレアコ』と呼ばれるこのギターは、簡単に言うと

アコースティックギターにマイクを仕込んだギター

のことです。

『エレクトリック』と名前がついていても、本体はアコースティックギターです。

そのため、本来のアコースティックギターの使用と同様の使い方も可能です。

これは電気的に音を増幅するのでアコギとは言えるかは微妙かもしれません。

ですがライブでの演奏を考えるとやはりエレアコのほうが適しているでしょう。

 

フォークギターとクラシックギターの違い

アコースティックギターには、

『フォークギターとクラシックギターの2種類がある』

と紹介しました。

そこで、少しわかりづらい両者の違いを簡単にまとめます。

フォークギターとクラシックギターの違い

弦の違い

フォークギター⇒スチール弦

クラシックギター⇒ナイロン弦

フォークギターはきらきらした華やかな音、クラシックギターは温かく優しい音がする。

ネックの違い

クラシックギターのほうが、ナット幅は広く、ネックは短い

ボディの違い

クラシックギターのほうが、ボディは小さい。

また、アコースティックギターにはピックガードがついていることが多い。

弾き方

使用される場面として、

  • クラシックギターは、ソロギターやギターインスト。
  • アコースティックギターは弾き語り。

フォークギターとの違いが、一見わかりづらいクラシックギターの違いも押さえておくと役に立ちますよ。

スポンサーリンク

まとめ

フォークギターとアコースティックギターの違いをまとめます。

フォークギターとは、スチール弦を張ったアコースティックギターのこと。

一般的にアコースティックギターは、フォークギターのことを指す。

フォークギターには

  • ドレッドノート
  • フォークタイプ

の2種類があり、それぞれ特徴が違う。

アコースティックギターには、

  • クラシックギター
  • エレクトリックアコースティックギター

があり、場面により使い分ける。

以上となります。

アコースティックギターとフォークギターは、一見違いが説明しづらいです。

一般的には、フォークギターのことをアコースティックギターと言ってしまいがち。

ですが、厳密には違います。

アコースティックギターの定義をしっかり理解することで、その違いが明らかになるのです。

これからギターをはじめたい人も、どんな音楽をしたいかによって、ギターを選ぶ基準にしてくださいね。

関連記事
ギター
ギターとベースの違いを音域や見た目などわかりやすく解説!

ロックバンドやミュージシャンに憧れて、 「楽器をはじめたい!」 と思ったことのある人は多いのではないでしょうか。 その中でも 『ギター』と『ベース』 は、有名ですよね。 しかし、楽器やバンドをあまり知 ...

続きを見る

-音楽の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.