違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

絵を書く女性

ITの違い

イラストレーターとフォトショップの違いを解説!機能を比較!

アドビ社の販売しているお絵かきソフトとしては、『イラストレーター』と『フォトショップ』が有名ですよね。

あなたは、『イラストレーター』と『フォトショップ』の違いを知っていますか?

 

はなこ
お絵かきソフトを購入しようと思っているんだけど、『イラストレーター』と『フォトショップ』のどちらがいいのかな?
どちらもアドビ社が販売しているソフトだね。

でも、どちらの方がいいのかは僕もわからないな。

たろう
はなこ
まずは、『イラストレーター』と『フォトショップ』の違いを見ないとね。

 

今回は、『イラストレーター』と『フォトショップ』の違いについて解説し、機能を比較してみます。

スポンサーリンク

『イラストレーター』と『フォトショップ』の機能比較

色鉛筆

色鉛筆

まずは、『イラストレーター』と『フォトショップ』のそれぞれの機能について見てみましょう。

『イラストレーター』の機能

『イラストレーター』は、ベクトル画像を取り扱うソフトウェアです。

ベクトル画像とは、

直線や曲線で表すことのできる図形

のことです。

例えば、三角形は3つの直線からできていますよね。

また、円や楕円は曲線で表すことができます。

直線や曲線を利用すれば、文字のような、さらに複雑な図形を表すことも可能です。

『イラストレーター』は、直線や曲線で表された図形を使って絵を描くソフトウェアです。

 

『フォトショップ』の機能

『フォトショップ』は、ビットマップ画像を取り扱うソフトウェアです。

ビットマップ画像は、

点の集まりによって構成される画像

のことです。

それぞれの点は、異なる色にすることができるので、どんな絵でも表現することが可能です。

『フォトショップ』の場合、様々なペンやブラシを使って絵を描きます。

また、画像に対していろんな加工を行うことができます。

例えば、画像にぼかしを加えたり、色をくすませて古い写真のように見せることも可能です。

 

はなこ
『イラストレーター』はベクトル画像、『フォトショップ』はビットマップ画像を扱うことができるのね。
おそらく、それが2つのツールの大きな違いになるんだね。
たろう

 

『イラストレーター』と『フォトショップ』の違い

『イラストレーター』と『フォトショップ』の違いは、扱う画像が異なる点です。

『イラストレーター』はベクトル画像を扱います。

それに対して

『フォトショップ』はビットマップ画像を扱います。

この違いが、それぞれに異なる特色を生み出します。

 

『イラストレーター』と『フォトショップ』の違い

  • 写真や画像を加工するのは『フォトショップ』のほうが得意である。
  • 図形を自由にレイアウトするのは『イラストレーター』のほうが得意である。
  • ペンやブラシを使って絵を描くのは『フォトショップ』でしかできない。
  • ロゴやアイコンを製作するのは『イラストレーター』のほうが向いている。
  • 『イラストレーター』は、絵を拡大・縮小・変形しても画像が劣化しない

 

画像の加工処理

写真や画像に対して、ぼかしや色調の変化、また異なる画像との合成など、様々な加工をするのは『フォトショップ』の得意とするところです。

加工の種類はたくさんあって、一度に覚えることはまず無理でしょう。

撮影した写真を加工したり、一部を切り出して他の画像と重ね合わせたりしたいのなら『フォトショップ』を選ぶべきです。

 

レイアウト

出版物などでは、図形や文字をレイアウトする必要がありますね。

そのような処理を行いたいのであれば『イラストレーター』が良いでしょう。

ベクトル画像は図形や文字を自由に拡大・縮小・変形させることができます。

『イラストレーター』なら図形や文字は、それぞれ独立して加工できるので、自由に配置させることが可能です。

 

ペン・ブラシ

実際に絵を描くとき、ペンやブラシを使いますよね。

『フォトショップ』には、様々な形のペンやブラシが用意されています。

水彩画や油絵などのようなタッチの絵を描くことも可能です。

キャンバスに絵を描くイメージで利用したいのであれば、『フォトショップ』がおすすめです。

 

ロゴやアイコン

ロゴやアイコンなどの、シンプルで分かりやすい図形を描くのは、『イラストレーター』のほうが得意です。

『イラストレーター』なら、円や四角などのシンプルなオブジェクトを利用して、均一な図形を描くことが可能です。

ロゴやアイコンなどは、太さが均一であったり、左右対称であったりといった均一性が求められますよね。

そのような画像を描くなら『イラストレーター』が向いています。

 

絵の変形処理

ビットマップ画像の場合、画像を拡大・縮小したり、変形させたりすると、ジャギー(ギザギザな線)が発生したり、絵がつぶれてしまうことがあります。

ベクトル画像なら、どんなに画像を変形させても品質は変わりません。

そのため、

自由に画像を変形させる必要があるときは『イラストレーター』が向いています。

 

『フォトショップ』は、キャンバスに絵を描くイメージで自由に絵を描いたり、写真を様々な形に加工することに向いたソフトウェアです。

それに対して、『イラストレーター』はロゴやアイコンなど、シンプルな図形を使って様々なレイアウトを行うことに向いたソフトウェアです。

それぞれ目的が異なり、お互いに補完しあって利用することができると言えるでしょう。

 

出版物を作成するために、図形をいろいろとレイアウトしたいのなら、『イラストレーター』が良いでしょう。

しかし、絵を自由に描いたり、写真の加工に利用したいというのであれば、『フォトショップ』を選ぶべきです。

 

はなこ
なるほど、『イラストレーター』と『フォトショップ』では、用途が全く異なるのね。
『イラストレーター』は出版物の作成、『フォトショップ』は絵描きや写真の加工といったところかな?
たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントを、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『イラストレーター』は、ベクトル画像を扱うソフトウェアである。
  • 『フォトショップ』は、ビットマップ画像を扱うソフトウェアである。
  • 写真や画像を加工するのは『フォトショップ』のほうが得意。
  • 図形を自由にレイアウトするのは『イラストレーター』のほうが得意である。
  • ペンやブラシを使って絵を描くのは『フォトショップ』でしかできない。
  • ロゴやアイコンを製作するのは『イラストレーター』のほうが向いている。
  • 『イラストレーター』は、絵を拡大・縮小・変形しても画像が劣化しない

『イラストレーター』も『フォトショップ』も、それぞれに得手不得手があります。

ともに決して安いものではありません。

目的に合わせて、よく検討して購入するようにしましょうね。

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.