違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

モニター

その他の違い

有機ELテレビと液晶テレビの違いをわかりやすく解説!画質が良いのは?

今では非常に広く使われている『液晶テレビ』。

最近は『有機ELテレビ』も少しずつ売れているようです。

あなたは、『有機ELテレビ』と『液晶テレビ』の違いが分かりますか?

 

はなこ
最近、『有機ELテレビ』も売れているって聞いたことあるんだけど、『液晶テレビ』よりもいいのかな?
画質に差があるのかどうかは、僕も見たことがないからわからないな。

それに、まだ高いんじゃなかったっけ?

たろう
はなこ
それでも『有機ELテレビ』が選ばれる理由があるんじゃないのかな?

『有機ELテレビ』と『液晶テレビ』の違いを知れば、何か分かるかもしれないわね。

 

今回は、『有機ELテレビ』と『液晶テレビ』の違いを解説し、画質がよいのはどちらなのか見てみましょう。

スポンサーリンク

『有機ELテレビ』と『液晶テレビ』の仕組み

そもそも、『有機ELテレビ』や『液晶テレビ』は、どうやって画面を映しているのでしょうか?

『液晶テレビ』の仕組み

『液晶』とは、

個体と液体の間の状態にある物質

のことです。

『液晶テレビ』には、2枚のガラス板の間に液晶が規則正しく注入されています。

液晶部分に電圧をかけると、液晶はねじれた状態になり、その間を通る光の波もねじれて通るようになります。

それを利用して光の通る強弱を調整し、画面に映像を映し出すのが『液晶テレビ』の原理になります。

液晶自体が光るのではなく、バックライトの光を通したり通さなかったりすることで、映像が表示される

という特徴をまずは理解しましょう。

 

『有機ELテレビ』の仕組み

『有機EL』は、

『Organic Electro-Luminescence』

の略語で、

電圧をかけることで発光する物質

のことを指します。

つまり、『液晶』とは異なり、

塗布された『有機EL』そのものが発光して映像が表示されるわけです。

ですから、『液晶テレビ』に必要なバックライトは『有機ELテレビ』には不要です。

 

はなこ
ちょっと難しいけど、『液晶テレビ』は『液晶』が発光しているわけではないのね。
ざっくり言ってしまえば、裏側から光が漏れる量を『液晶』が調整しているということだね。

『有機ELテレビ』は『有機EL』自体が発光するわけだから、原理がぜんぜん違うんだね。

たろう

 

『有機ELテレビ』と『液晶テレビ』の違い

『有機ELテレビ』と『液晶テレビ』の主な違いは、次のようになります。

『有機ELテレビ』と『液晶テレビ』の違い

  • 『有機ELテレビ』は、『有機EL』そのものが発光するが、『液晶テレビ』は『液晶』が光の透過率を調整している
  • 『液晶テレビ』には、バックライトが必要であるが、『有機ELテレビ』には不要である。
  • 『有機ELテレビ』のほうが、『液晶テレビ』よりも薄く、軽くできる。
  • 『有機ELテレビ』の画面には、柔軟性がある
  • 『有機ELテレビ』のほうが、視野角が広い

『有機ELテレビ』では『有機EL』そのものが発光します。

そのため、

『液晶テレビ』には必須であったバックライトが不要である

というメリットがあります。

バックライトが不要になることで、薄型のテレビが実現しやすく、軽くすることもできます。

 

また、

『有機ELテレビ』は柔軟性があるので、画面を丸めたり、折りたたんだりすることが可能です。

最近、折りたたみができるスマホが話題になったりしますよね。

あれは、『有機EL』を利用しているからこそ、できることです。

 

『液晶テレビ』の場合、バックライトの光は正面に進む傾向があるので、どうしても視野角が狭くなります。

『有機ELテレビ』では、そのような心配はありません。

 

はなこ
『有機ELテレビ』って、いい事ずくめのような気がするわね。
あとは、画質がどうなのかってところかな。
たろう

 

『有機ELテレビ』と『液晶テレビ』では画質がいいのはどっち?

モニター

モニター

『有機ELテレビ』と『液晶テレビ』では、画質が良いのは、どちらになるでしょうか?

 

『液晶テレビ』は、バックライトの光を調節することで画面が表示されます。

光を透過して表示する仕組みなので、どうしても発色が悪くなります。

とくに、

黒色はバックライトの光を完全に遮断する必要があり、『液晶テレビ』が苦手

とするところです。

 

『有機ELテレビ』では、

『有機EL』自体が発光するために『液晶テレビ』よりも発色がいい

というメリットがあります。

また、黒色も『液晶テレビ』よりきれいに再現されます。

よって、

同じ画像を表示させた場合は、『有機ELテレビ』の方が『液晶テレビ』より画質は上です。

 

『液晶テレビ』に比べてメリットばかりの『有機ELテレビ』ですが、実はデメリットもあります。

『有機ELテレビ』のデメリット

  • パネルの寿命が短い。
  • 消費電力が大きい。
  • パネルの焼き付きが発生しやすい。
  • 明るさが『液晶テレビ』より劣る。
  • 値段が高い。

パネルの寿命

パネルの寿命は、『液晶テレビ』の場合、約6万時間に対し、『有機ELテレビ』は約3万時間と半分程度です。

1日6時間使った場合、『液晶テレビ』は約27年、『有機ELテレビ』は約13.5年の寿命ということですね。

しかし、家電の寿命を考えると、10年以上使えるのであれば、それほど問題にはならないでしょう。

 

消費電力

消費電力は、『液晶テレビ』の約1.5倍程度と言われています。

『有機EL』だと電気代が高くなることは、覚えておいたほうがいいですね。

 

パネルの焼き付き

昔のブラウン管では、パネルの焼き付きという現象がありました。

同じ画面が長時間、映されていると、その映像が文字通り焼き付いてしまう現象です。

『液晶テレビ』は、その構造上、焼き付きは発生しませんが、

『有機ELテレビ』は焼き付きが発生しやすい

という問題があります。

 

画面の明るさ

これは将来、技術が進めば逆転する可能性があります。

ただ、明るさは今のところ『液晶テレビ』が上です。

お店で見ると、発色のよさに気を取られて、明るさについてはあまりチェックしないことが多いです。

なので、明るい部屋などで『有機ELテレビ』を見ると

画面が暗い

といった口コミがよく見受けられます。

 

価格

『有機ELテレビ』を敬遠する最も大きな理由は

価格が高い

という点に尽きるでしょう。

現在のところ、『有機ELテレビ』は歩留まりがあまりよくないため、どうしても価格が高くなります。

しかし、これも技術が進めば改善されていくはずです。

 

はなこ
今のところ、まだ『液晶テレビ』で十分かな。
そうだね。

もう少し価格が下がって、『液晶テレビ』と同等になってから購入するほうがいいかもね。

たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントを、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『有機ELテレビ』は、『有機EL』そのものが発光するが、『液晶テレビ』は『液晶』が光の透過率を調整している
  • 『液晶テレビ』には、バックライトが必要であるが、『有機ELテレビ』には不要である。
  • 『有機ELテレビ』のほうが、液晶テレビよりも薄く、軽くできる。
  • 『有機ELテレビ』の画面には、柔軟性がある
  • 『有機ELテレビ』のほうが、視野角が広い
  • 『有機ELテレビ』には、次のようなデメリットがある。

パネルの寿命が短い。

消費電力が大きい。

パネルの焼き付きが発生しやすい。

明るさが『液晶テレビ』より劣る。

値段が高い。

スマホにも利用されるようになり、『有機ELテレビ』は、これからも利用者が増えていくことでしょう。

いつの日か、『液晶テレビ』よりも多くなるときが予想されます。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.