違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

子供

その他の違い

NPOとNGOの違いをわかりやすく解説!目的や役割をチェック!

あなたは、『NPO』や『NGO』と聞いて、どんな組織を連想しますか?

 

はなこ
私の友達が、『NPO』に勤めているの。
ふーん。

どんな組織なの?

たろう
はなこ
海外の貧しい地域で学校を建設する活動をしているみたい。
そうすると、『NGO』になるんじゃないかな?
たろう
はなこ
『NPO』と『NGO』って違うものなの?

 

今回は、『NPO』と『NGO』の違いについて解説し、それらの目的や役割をチェックします。

スポンサーリンク

『NPO』と『NGO』の違い

まずは、『NPO』と『NGO』の定義から見てみましょう。

『NPO』とは?

『Non-Profit Organization』の略で、『非営利組織』

を指します。

『NPO』が行う活動は、

主に社会に貢献できる内容

が多いです。

 

もちろん会社だって、人々に役立つ製品を生産したり、サービスを提供していますから、社会に貢献するための活動をしているといえますよね。

しかし、『NPO』が会社と異なるのは、

組織のメンバーに利益が分配されない

という点です。

よく誤解されるのですが、『NPO』も利益を得ることは認められています。

というのも、必要な経費が得られなければ、運営することはできないですよね。

しかし、『NPO』の場合、その利益をメンバーに分配することができないのです。

 

『NGO』とは?

『Non-governmental Organization』の略で、『非政府組織』

を指します。

つまり、政府に属さない組織は『NGO』であることになりますね。

すると、

近所でつくる組合や、大学のサークルなども、広い意味では『NGO』

ということになります。

しかし元々は、国際連合で、参加国以外の組織を指す言葉として『NGO』という言葉が用いられていました。

ですから、

一般的には、国境を越えて活動する組織のことを『NGO』といいます。

 

『NPO』と『NGO』の違い

『NPO』と『NGO』の主な違いは次のようになります。

『NPO』と『NGO』の違い

  • 『NPO』は、利益をメンバーに分配しない組織を意味し、『NGO』は、政府に属さない組織を意味する。
  • 『NPO』は一般的に国内で活動し、『NGO』は一般的に国をまたいで活動する。
  • 海外では、『NGO』という言葉の方が広く用いられている。

『NPO』は利益をメンバーに分配しない組織です。

それに対して、

『NGO』は政府に属さない組織です。

なので、

『NGO』であると同時に『NPO』でもある組織はたくさんあります。

 

『NPO』という言葉は、地域の活性化やいじめの撲滅など、国内にある諸問題を解決するための活動をしている組織に対してよく用いられます。

それに対して『NGO』という言葉は、地域紛争の解決や発展途上国の開発援助など、国際的な問題について活動する組織に用いられます。

しかし、これはあくまでも一般的な話です。

国際的な問題に対処する『NPO』もありますし、国内の問題について活動する『NGO』もあります。

 

海外では、『NPO』という言葉はあまり使われません。

ただ日本は、どちらかというと『NPO』の方がよく知られているのではないでしょうか。

『NPO』で活動していると言っても、海外では通じない場合があるので注意しましょう。

 

はなこ
『NPO』と『NGO』では意味がまったく異なるようね。
『NPO』と『NGO』の両方の意味を持つ組織もたくさんあるみたいだよ。
たろう

 

『NPO』や『NGO』の目的や役割

難民の写真

難民の写真

『NPO』や『NGO』の目的や役割について見てみましょう。

前にも書いたように、『NPO』は利益を得ることを目的としているわけではありません。

主に、社会に貢献できる活動を行うことが『NPO』の役割になります。

例えば、次のような活動があります。

『NPO』の主な活動

  • ホームレス問題の解決
  • 子育て支援
  • 環境問題への取り組み
  • 災害の復興への支援
  • 不登校児童の支援

『NPO』は、主に国内にある諸問題の解決を目指して活動しています。

企業からの寄付を基金として活動している組織が多いですね。

 

例えば、

『武田薬品工業株式会社』からの寄付金を基金として活動している『タケダ・いのちとくらし再生プログラム 』

『日産自動車株式会社』からの寄付による『日産スマイルサポート基金』

などがあります。

日本は、東日本大震災をはじめとする様々な災害を経験していますね。

そのため、災害からの復興を支援する団体が非常に多くあります。

 

『NGO』は、政府に属さず、国をまたいで活動する組織でしたね。

『NGO』の行っている主な活動は次のようになります。

『NGO』の主な活動

  • 災害・紛争による被害者や難民への緊急支援
  • 学校の建設
  • 医療活動
  • 環境問題への取り組み

『NPO』と似た部分がありますが、

違いとしては、国をまたいだ活動が多いというところでしょう。

同じ環境問題への取り組みについても、

『NPO』はどちらかと言うと日本国内の問題がメイン

になりますが、『NGO』では世界の海洋汚染や地球温暖化などへの取り組みがメインになります。

 

はなこ
『NPO』も『NGO』も、いろいろな活動を通して社会に貢献しているということね。
僕たちも、もっと応援しないといけないね。
たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントを、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『NPO』は、『Non-Profit Organization』の略で、『非営利組織』を指す。
  • 『NGO』は、『Non-governmental Organization』の略で、『非政府組織』を指す。
  • 『NPO』は、利益をメンバーに分配しない組織を意味し、『NGO』は政府に属さない組織を意味する。
  • 『NPO』は一般的に国内で活動し、『NGO』は一般的に国をまたいで活動する。
  • 海外では、『NGO』という言葉のほうが広く用いられている

あなたの身近にも『NPO』や『NGO』は様々な活動をしています。

これを機会に、調べてみてはいかがでしょうか。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.