違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

唐揚げ

食べ物の違い

ザンギ/から揚げ/竜田揚げ/フライドチキンの違いをわかりやすく解説

鳥肉を使った料理の代表といえば『から揚げ』を思い浮かべる人が多いでしょう。

しかし、鳥を揚げた料理には、ほかにも『竜田揚げ』や『フライドチキン』もあります。

それに、一部の地域では、似たような料理に『ザンギ』もあります。

あなたは、『ザンギ』『から揚げ』『竜田揚げ』『フライドチキン』の違いを知っていますか?

 

はなこ
この間の北海道旅行のとき、居酒屋に入ったら『ザンギ』っていう料理があったの。

でも、出てきたのは『竜田揚げ』だったわ。

『ザンギ』は『から揚げ』のことじゃなかったかな?
たろう
はなこ
そうなの?

そういえば、鳥を揚げる料理って、似たものが多いわね。

『フライドチキン』も同じようなものだし。

それぞれ、何が違うんだろうね。
たろう

 

今回は、『ザンギ』『から揚げ』『竜田揚げ』『フライドチキン』の違いをわかりやすく解説します。

スポンサーリンク

『ザンギ』『から揚げ』『竜田揚げ』『フライドチキン』の違い

まずは、基本の『から揚げ』から見てみましょう。

『から揚げ』とは?

小麦粉や片栗粉を食材にまぶして揚げた料理

のことです。

『から揚げ』と聞くと『鳥のから揚げ』を連想する人が多いですよね。

でも、他にも魚や野菜を揚げた『から揚げ』があります。

 

元々は、食材を素揚げしたものを『から揚げ』と呼んでいました。

『空揚げ』という言葉がルーツだったわけですね。

今では、小麦粉や片栗粉をまぶして揚げた料理を『から揚げ』と呼びます。

基本的には、

食材に下味はつけない状態

で揚げます。

 

『竜田揚げ』とは?

しょうゆや、みりんなどから作ったタレに食材を漬け込み、片栗粉をまぶして油で揚げた料理

のことです。

『竜田揚げ』も、鳥肉だけでなく、魚を使ったものもあります。

『から揚げ』とは異なり、

タレに食材を漬け込んで下味をつけてから

油で揚げます。

 

『フライドチキン』とは?

鳥肉に、塩やコショウなどのスパイスで味付けしてから、小麦粉をまぶして油で揚げた料理

のことです。

『竜田揚げ』と同様に、『フライドチキン』も下味をつけます。

ただ、使うものが

塩やスパイスである

という点が異なります。

また、『フライドチキン』という名前ですから、

鶏の肉しか使わない

という点も他とは違いますね。

 

『ザンギ』とは?

北海道や愛媛、山形などでの『鳥のから揚げ』の呼び名

のことです。

特に、北海道で『鳥のから揚げ』といえば『ザンギ』と呼びます。

しかし、『から揚げ』とは異なり、タレで下味をつけるのが普通です。

そういう意味では『竜田揚げ』が、より近いと言えるでしょう。

また、タコを同じように、揚げた『タコのザンギ』も有名ですね。

 

『ザンギ』『から揚げ』『竜田揚げ』『フライドチキン』の違い

『ザンギ』『から揚げ』『竜田揚げ』『フライドチキン』の主な違いをまとめると次のようになります。

『ザンギ』『から揚げ』『竜田揚げ』『フライドチキン』の違い

  • 『ザンギ』は、北海道などでの呼び名であり、『から揚げ』『竜田揚げ』『フライドチキン』は一般的な料理名である。
  • 『ザンギ』『から揚げ』『竜田揚げ』は、鳥以外の食材に対しても用いられるが、『フライドチキン』は鶏肉だけに使われる。
  • 『ザンギ』『から揚げ』『竜田揚げ』は、日本発祥、『フライドチキン』は海外が発祥
  • 『から揚げ』は一般的に下味をつけず、『ザンギ』『竜田揚げ』『フライドチキン』は下味をつける

『ザンギ』は、北海道などの地方の方言のようなものです。

しかし、最近では『ザンギ』という言葉も広く知られるようになってきました。

『から揚げ』『竜田揚げ』『フライドチキン』は、一般的に使われる料理名ですね。

 

『ザンギ』にはタコを使ったものもあります。

『から揚げ』は魚や野菜などの食材に対しても使われます。

そして、『竜田揚げ』にも魚などを使ったものがあります。

『フライドチキン』だけは必ず鶏肉が使われます。

 

『ザンギ』『から揚げ』『竜田揚げ』は日本発祥であるのに対し、『フライドチキン』はアメリカなどから日本に入ってきた料理です。

『ケンタッキー・フライドチキン』などは、非常に有名ですね。

あれは、誰もが知っているように、アメリカのチェーン店です。

 

『ザンギ』『竜田揚げ』『フライドチキン』は、食材に下味をつけてから揚げます。

しかし、

『から揚げ』は一般的に下味はつけません。

全くつけないかというと、そんなことはないのですが、他に比べると量は少ないですね。

 

はなこ
なるほどね。

『ザンギ』という言葉が定着したのは最近のことかな?

そうだね。

今でも『から揚げ』と呼ぶほうが一般的だよね。

たろう

 

『ザンギ』の呼び方の由来

鳥松

鳥松

少し、『ザンギ』という呼び名の由来について見てみましょう。

『ザンギ』という言葉の発祥は、

北海道の釧路にある『鳥松』

というお店です。

もともと焼き鳥店だったのですが、

鶏を一羽まるごとぶつ切りにして、から揚げを出したこと

から始まりました。

 

この呼び方の由来には諸説あります。

中国語の『ザーギー(炸鶏)』に、運がつくように

と『ウン』を混ぜて『ザンギ』になったという説があります。

他にも、鶏肉を骨ごと切るから『ザンギ』と呼ぶという説もありますね。

 

『鳥松』は今でもあるので、釧路に旅行に行ったときには訪れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントを、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『から揚げ』は、小麦粉や片栗粉を食材にまぶして揚げた料理である。
  • 『竜田揚げ』は、しょうゆ、みりんなどから作ったタレに食材を漬け込み、片栗粉をまぶして油で揚げた料理である。
  • 『フライドチキン』は、鳥肉に、塩やコショウなどのスパイスで味付けしてから、小麦粉をまぶして油で揚げた料理である。
  • 『ザンギ』は、北海道や愛媛、山形などでの『鳥のから揚げ』の呼び名である。
  • 『ザンギ』は、北海道などでの呼び名であり、『から揚げ』『竜田揚げ』『フライドチキン』は一般的な料理名である。
  • 『ザンギ』『から揚げ』『竜田揚げ』は、鳥以外の食材に対しても用いられるが、『フライドチキン』は鶏肉だけに使われる。
  • 『ザンギ』『から揚げ』『竜田揚げ』は日本発祥、『フライドチキン』は海外が発祥
  • 『から揚げ』は一般的に下味をつけず、『ザンギ』『竜田揚げ』『フライドチキン』は下味をつける

どの料理も、ついつい食べすぎてしまうくらいおいしいです。

食べ過ぎには注意してくださいね。

関連記事

-食べ物の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.