違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

シルク印刷

その他の違い

顔料インクと染料インクの違いをわかりやすく解説!使い分け方を紹介

プリンタで使用されるインクですが、種類が『顔料インク』と『染料インク』の2つあります。

あなたは、『顔料インク』と『染料インク』の違いを知っていますか?

 

はなこ
プリンタに使うインクって、『顔料インク』と『染料インク』があるじゃない。

あれって、いったい何が違うの?

プリンタによって、使えるインクが決まっているよね。

両方使うことは普通はできないみたいだよ。

たろう
はなこ
それって、それぞれに中身が違うからよね。

『顔料インク』と『染料インク』の違いについて知りたいわね。

 

今回は、『顔料インク』と『染料インク』の違いについて解説し、その使い分け方を紹介します。

スポンサーリンク

『顔料インク』と『染料インク』の違い

まずは、『顔料』と『染料』が、それぞれどんなものなのか見てみましょう。

『顔料』とは?

着色するための粉末で、水や油に溶けないもの

を指します。

塗料やインクの他に、合成樹脂や織物、化粧品や食品の色付けなどにも使用される非常に用途の広い物質です。

赤色のヴァーミリオンや、ラピスラズリから得られる青色のウルトラマリンなどは、非常に有名な顔料ですね。

 

『染料』とは?

水などの溶媒に溶ける有色の物質

を指します。

織物を染めるためによく用いられますね。

天然の染料としては、桜や柿渋などが有名です。

 

『顔料インク』と『染料インク』の違い

『顔料インク』と『染料インク』の主な違いは次のようになります。

『顔料インク』と『染料インク』の違い

  • 『顔料インク』のインク粒子は大きく、『染料インク』のインク粒子は小さい
  • 『顔料インク』は、紙の表面に付着して色付けされるが、『染料インク』は、紙の内部まで浸透して色付けされる。
  • 『顔料インク』は細かな色の表現に優れ、『染料インク』は、鮮やかな発色が特徴である。
  • 『顔料インク』は、耐水性・耐熱性・耐光性に優れている。
  • 『顔料インク』は、速乾性があり、色の安定が速いが、『染料インク』は、乾きが遅く、色が安定するのも遅い
  • 『染料インク』は、印刷のスピードが速い
  • 『顔料インク』のほうが、利用できる用紙の種類が多い
  • 『顔料インク』は、ノズルの詰まりが起こりやすい
  • 『顔料インク』のほうが、コストが高い

たくさんあるので、一つずつ違いを見ていきましょう。

 

粒子の大きさ

『顔料インク』は、粒子が溶剤に溶けた状態ではないので、粒子が大きいという特徴があります。

それに対して『染料インク』は溶剤に溶けた状態であり、粒子も非常に小さくなります。

この違いは、紙への印刷のされ方にも影響します。

 

『顔料インク』は粒子が大きいので、紙の内部には浸透せず表面に付着します。

それに対して、『染料インク』は粒子が小さいため、紙の内部にまで浸透します。

そのため、『顔料インク』で印刷したときの仕上がりは、くっきりとした鮮明な画像になります。

それに対して『染料インク』で印刷したときの仕上がりは鮮やかな発色が得られ、グラデーションの表現も優れています。

 

耐性の違い

『顔料インク』は、『染料インク』よりも耐水性・耐熱性・耐光性に優れています。

ですから、水に濡れてもにじみにくく、

光を長時間浴びても色落ちしにくい

というメリットがあります。

 

スピードの差

『顔料インク』は、乾きが速く、色もすぐに安定しますが、『染料インク』は乾きが遅く、しばらく待たないと色が安定しません

『染料インク』の場合、印刷してすぐに色を調整すると、

色が安定してからイメージと違う

ということも起こりえます。

なので、仕上がりをすぐに確認したい場合は、『顔料インク』がいいですね。

しかし、

印刷のスピードは『染料インク』の方が上です。

色の細かな調整はせずに、どんどん印刷したい人には『染料インク』が向いているでしょう。

 

用紙の種類

『顔料インク』は、

印刷できる紙の種類が非常に多いと

いうメリットがあります。

 

『染料インク』の場合、紙の内部に浸透する仕組みなので、

普通紙で印刷すると、にじんだような仕上がり

になります。

なので、きれいな仕上がりにするには専用紙で印刷する必要があり、その分のコストがかかります。

 

メンテナンス

『顔料インク』は、粒子が大きいことから、ノズルの詰まりが起こりやすいというデメリットがあります。

定期的なクリーニングをしないと、トラブルが発生しやすいということですね。

最近のプリンタは、ノズルの詰まりを起こさないように自動で定期クリーニングを行うものが多いです。

 

コスト

プリンタ用紙については、『染料インク』のほうが、専用紙を使う必要がありコストがかかります。

しかし、

インクについては『顔料インク』のほうがコストが高くなります。

 

はなこ
どちらもメリットとデメリットがあるようね。
どうやって使い分ければいいんだろうね。
たろう

 

『顔料インク』と『染料インク』の使い分け方

印刷

印刷

『顔料インク』と『染料インク』は、どのように使い分ければいいのでしょうか?

まず、『顔料インク』と『染料インク』のどちらを使うのかは、プリンタによって決まります。

『顔料インク』専用のプリンタで『染料インク』を使うことはできませんし、逆もまた同じです。

ですから、

プリンタを購入するときに、どちらがいいかを決める必要があるということですね。

 

一般的には、家庭で写真などを印刷するために使うプリンタは『染料インク』が多いです。

『顔料インク』に比べて、インクにかかるコストも抑えられますし、手軽に素早く印刷できるメリットがあります。

しかし、発色にこだわって調整しながら印刷したい場合、色がすぐに安定しない『染料インク』では時間がかかってしまいます。

ですから、仕上がりにこだわって印刷したい場合、『染料インク』を選ぶことは、おすすめできません。

 

『顔料インク』を使ったプリンタは、写真愛好家やプロ向けの製品という位置づけです。

また、仕上がりが鮮明なため、ビジネス用プリンタとしても多いですね。

 

『染料インク』は発色がよい利点がありますが、『顔料インク』は色を増やすことで、『染料インク』にも負けないくらい発色のいい製品もあります。

色の安定が速いので、発色の具合を確認しながら調整ができるというのも大きな利点でしょう。

 

はなこ
プリンタによって『顔料インク』と『染料インク』のどちらを使うか決まるってことね。
それぞれのよいところを兼ね備えた、『顔料インク』と『染料インク』の両方を利用するタイプのプリンタもあるみたいだね。
たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントを、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『顔料』は、着色するための粉末で、水や油に溶けないものを指す。
  • 『染料』は、水などの溶媒に溶ける有色の物質を指す。
  • 『顔料インク』のインク粒子は大きく、『染料インク』のインク粒子は小さい
  • 『顔料インク』は、紙の表面に付着して色付けされるが、『染料インク』は紙の内部まで浸透して色付けされる。
  • 『顔料インク』は、細かな色の表現に優れ、『染料インク』は、鮮やかな発色が特徴である。
  • 『顔料インク』は、耐水性・耐熱性・耐光性に優れている。
  • 『顔料インク』は、速乾性があり、色の安定が速いが、『染料インク』は、乾きが遅く、色が安定するのも遅い
  • 『染料インク』は、印刷のスピードが速い
  • 『顔料インク』のほうが、利用できる用紙の種類が多い
  • 『顔料インク』は、ノズルの詰まりが起こりやすい
  • 『顔料インク』のほうが、コストが高い

あなたが使ってるプリンタは『顔料インク』と『染料インク』のどちらを使っているでしょうか。

わからない人は、一度確認しておくことをおすすめします。

関連記事

-その他の違い

Copyright © 違いを解説君 , All Rights Reserved.