違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

麦畑

食べ物の違い

もち麦と押し麦と大麦の違いとは?成分やカロリーを比較解説!

健康食品として見直されている麦ですが、いろいろな種類があります。

あなたは、『もち麦』『押し麦』『大麦』の違いを知っていますか?

 

はなこ
最近、『もち麦』がダイエットにいいって聞いたことがあるんだけど。
テレビなんかでよく話題になるよね。
たろう
はなこ
麦って他にも色んな種類があるでしょ?

『押し麦』だとか、『大麦』もそうだし。

そういえば、それぞれの違いについてはよく知らないな。
たろう
はなこ
『もち麦』と『押し麦』と『大麦』の違いについて調べてみましょうよ。

 

今回は、『もち麦』『押し麦』『大麦』の違いを解説し、成分やカロリーを比較してみましょう。

スポンサーリンク

『もち麦』『押し麦』『大麦』の違い

麦には、いろいろな種類があります。

大麦

小麦

ライ麦

エン麦

はと麦

『大麦』は、デンプンが非常に多いのに対し、『小麦』はデンプン量は少なく、代わりにグルテンというタンパク質が多く含まれています。

なので、『大麦』はごはんとして食べられ、『小麦』はパンやうどんなどに加工して食べられます。

ライ麦は寒冷地で育つ麦で、ドイツのライ麦パンなどが有名ですね。

エン麦はオートミールなどによく使われます。

外皮にβ-グルカンという成分が含まれ、これにコレステロールを下げるなどの働きがあるということで、健康食品として注目されています。

はと麦も栄養が豊富であり、お茶などとして利用されています。

『大麦』は、大きく2つの種類に分けられます。

米に『もち米』と『うるち米』があるように、

『大麦』にも『もち麦』と『うるち麦』があります。

 

『大麦』の中の『うるち麦』は、そのままで食べようとしても水を吸いにくく、体内に吸収されにくいです。

ですから、蒸気で加熱して柔らかくした後、ローラーでつぶして加工されます。

この加工された『うるち麦』が『押し麦』になります。

以上のことから、『もち麦』『押し麦』『大麦』の主な違いは次のようになります。

『もち麦』『押し麦』『大麦』の違い

  • 『大麦』は、麦の中の品種の一つを指す。
  • 『もち麦』は、『大麦』の中に含まれる
  • 『押し麦』は、『大麦』の中の『うるち麦』を加工して作られる

『大麦』は、麦の中の品種の一つを表します。

『大麦』という名の由来はいろいろありますが、『小麦』に比べても粒の大きさや草の背丈に差はありません。

別の理由によるものと考えられています。

 

『もち麦』は『大麦』の中の一種であり、独特のもっちりした食感が特徴です。

それに対して『うるち麦』は粘り気が少なく、プチッとした感触が楽しめます。

しかし、『うるち麦』はそのままでは食べにくいので、ローラーでつぶしたものがよく食べられます。

ローラーで押しつぶした『うるち麦』が『押し麦』になります。

 

分類を表でまとめると次のようになります。

『もち麦』『押し麦』『大麦』の分類

大麦 うるち麦 押し麦
もち麦
小麦
ライ麦
エン麦
はと麦

 

はなこ
なるほど、『もち麦』と『押し麦』と『大麦』では、くくり方が全く異なるのね。
じゃあ、成分やカロリーにはどんな違いがあるのかな?
たろう

 

『もち麦』『押し麦』『大麦』の成分やカロリー

麦

『もち麦』『押し麦』『大麦』の成分やカロリーを調べてみましょう。

まず、

『もち麦』の特徴として食物繊維が多く含まれているという点があります。

特に水溶性食物繊維の量が多く、

『押し麦』などの『うるち麦』では100gあたり2g

なのに対し、

『もち麦』は100gあたり3.3gあります。

食物繊維全体としても、

『うるち麦』は100gあたり4.2g

ですが、

『もち麦』は100gあたり4.8gです。

 

水溶性食物繊維には、小腸での栄養素の消化吸収を抑えたり、有害物質を吸着して体外へ運び出す効果があります。

『もち麦』がダイエットなどに効果がある

と言われているのは、このためです。

 

『押し麦』には、『もち麦』よりは少ないですが、それでも白米に比べて非常にたくさんの食物繊維が含まれています。

また、

『大麦』には、カルシウムやカリウムなどのミネラルや、ビタミンB群・ビタミンEなどの、美容や健康に欠かせないビタミンが多いことも特徴です。

古来、日本では米よりも麦が多く食べられていました。

麦食から米食へと変化した結果、ビタミン不足による病気が増えたという記録もあります。

 

カロリーについてはどうでしょうか?

大麦(押し麦) 340kcal

もち麦 334kcal

白米 356kcal

カロリーについては、ほとんど変わりません。

白米よりは若干低めの数値ですね。

 

はなこ
ダイエット食品としても、健康食品としても『大麦』は優れているのね。
そうだね。

僕も、これを機会に麦ごはんを食べるようにしようかな。

たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントを、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『大麦』は、麦の中の品種の一つを指す。
  • 『もち麦』は、『大麦』の中に含まれる
  • 『押し麦』は、『大麦』の中の『うるち麦』を加工して作られる
  • 『大麦』は、食物繊維が豊富であり、特に『もち麦』には多くの食物繊維が含まれている
  • 『もち麦』『押し麦』『大麦』で、カロリーにはほとんど差がない

日本では古来から食べられていた『大麦』の麦ごはん。

その豊富な栄養を取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

-食べ物の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.