違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

すいか

食べ物の違い

果物と野菜の違いをわかりやすく解説!定義や見分け方をチェック

スイカは、『野菜』でしょうか?

それとも、『果物』でしょうか?

あなたは、『果物』と『野菜』の明確な違いを知っていますか?

 

はなこ
スイカって『果物』よね。
いや、厳密には『野菜』だと聞いたことがあるよ。
たろう
はなこ
でも、実の部分を食べるんだし、甘いから『果物』と言ったほうが正しいんじゃないの?
『果物』と『野菜』の明確な違いを調べないと、どちらが正しいのかわからないね。
たろう
はなこ
じゃあ、ちょっと調べてみましょうか。

 

今回は、『果物』と『野菜』の定義や見分け方をチェックして、その違いについて解説します。

スポンサーリンク

『果物』と『野菜』の定義

まずは、『果物』と『野菜』の定義について見てみましょう。

『果物』の定義

果樹(木などの永年作物)になる実の部分

を指します。

強い甘味があり、調理せずにそのまま食べるのが一般的ですが、ジャムに加工したり、ケーキなどの菓子の具材に使ったりもしますね。

次のようなものは『果物』になります。

りんご

杏(あんず)

ぶどう

みかん

マンゴー

パイナップル

 

『野菜』の定義

食用の草本植物

を指します。

『果物』が実の部分だけを食べるのに対し、

『野菜』の場合は葉や根、茎、そして果実などの部分が食用となります。

ここがややこしい点になるのですが、『果物』同様に、果実が食用になる場合も『野菜』に含まれる場合があります。

木などの永年作物ではないので、

収穫した後はもう一度、種から育てる必要があるのが『野菜』

と考えれば分かりやすいでしょう。

次のような種類があります。

果菜類

⇒ナス・トマト・ピーマン・カボチャ・キュウリ

穀物類

⇒トウモロコシ

豆類

⇒小豆・エンドウ・枝豆・大豆・ゴマ・インゲン

発芽野菜

⇒カイワレ大根・モヤシ

果実的野菜

⇒イチゴ・スイカ・メロン

葉菜類

⇒キャベツ・セロリ・チンゲンサイ・ニラ・ほうれん草・レタス・白菜

茎菜類

⇒アスパラガス・タケノコ・玉ねぎ・ニンニク・ネギ

根菜類

⇒大根・ゴボウ・ニンジン・レンコン・ショウガ

花菜類

⇒ミョウガ・カリフラワー・ブロッコリー・食用菊

イモ類

⇒サツマイモ・ジャガイモ・里芋

菌茸類

⇒エノキダケ・エリンギ・シメジ・シイタケ・マイタケ・キクラゲ

広い意味ではキノコ類やイモ類も野菜の部類に入ります。

『果実的野菜』というあいまいな定義がありますが、

この中のイチゴやスイカ、メロンなどは、『果物』ではなく、実は『野菜』に含まれます。

 

はなこ
イチゴやスイカが『野菜』というのはちょっと不思議ね。
『果実的野菜』というのも、ちょっと苦しい分類の仕方に思えるな。
たろう

 

『果物』と『野菜』の違い

野菜畑

野菜畑

『果物』と『野菜』の主な違いは、次のようになります。

『果物』と『野菜』の違い

  • 『果物』は木になる実のことであり、『野菜』は草本性植物(茎やつるなど)の一部を食用にしたものである。
  • 『果物』を収穫する木は次の季節にも収穫ができるが、『野菜』を収穫する植物は種から育て直さなければならない

大きな違いとしては、

『果物』は木になった実を、『野菜』は茎やつるなどの草本性植物の一部を食べるということです。

そのため、

『果物』は収穫しても、次の季節にまた実がなります。

しかし、

『野菜』は収穫した後、もう一度種から育てなければなりません。

 

イチゴやスイカ、メロンなどは木にはなりません。

そして、一度収穫したら、もう一度種から育てなければなりません。

なので、『果物』ではなく、『野菜』になるわけですね。

ですが、『果物』のように甘く、通常は生のまま食べるので、『果実的野菜』と分類されるわけです。

 

『果物』と『野菜』の見分け方

『果物』と『野菜』を見分けるには、収穫後ではなく、収穫前の状態を見る必要があります。

スーパーなどで店頭に並んだ状態では、もはや『果物』か『野菜』かを厳密に見分けることはできません。

収穫前ならば、その植物が木なのか、それとも草本性植物なのかが分かれば、簡単に見分けられます。

木になった実が食用ならば『果実』、草本性植物の一部が食用ならば『野菜』です。

 

よく間違いやすいのは、次のような食物でしょう。

イチゴ

スイカ

メロン

トマト

バナナ

パッションフルーツ

『トマト』は『果物』か『野菜』か、話題になることがありますよね。

『トマト』は果菜類に入ります。

なので、『野菜』ということになりますね。

 

『バナナ』は『果物』と思っている人は多いのではないでしょうか?

実は、バナナは木ではなく草になります。

ですから、厳密には『果実的野菜』の一つです。

 

『パッションフルーツ』も、フルーツという名が付いているのに『野菜』の仲間です。

ちょっと、ややこしいですね。

 

はなこ
ややこしいわね。

『バナナ』や『パッションフルーツ』が『野菜』に分類されるなんて、信じられないわ。

『果物』と『野菜』を分類するというのも、あまり意味はないのかもね。

『イチゴ』や『メロン』なんかは『果物』として扱う場合も多いし。

たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントを、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『果物』は、果樹(木などの永年作物)になる実の部分である。
  • 『野菜』は、食用の草本植物である。
  • 『果物』は、木になる実のことであり、『野菜』は草本性植物(茎やつるなど)の一部を食用にしたものである。
  • 『果物』を収穫する木は、次の季節にも収穫ができるが、『野菜』を収穫する植物は種から育て直さなければならない

『果物』も『野菜』も、非常にたくさんの種類があって、どれも栄養価が高いですよね。

健康のためにも、できるだけ意識して食べるようにしましょう。

関連記事

-食べ物の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.