違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

卒業

その他の違い

学士/修士/博士の違いをわかりやすく解説!修了年数や就活への影響をチェック

大学を卒業した後も、研究のために大学院課程に進む人は、少なからずいます。

そのような人たちは皆、『修士』や『博士』の称号を取得することが目的です。

あなたは、『学士』『修士』『博士』の明確な違いを知っていますか?

 

はなこ
私の友達で、『博士』号を持っている人がいるの。
へえ、すごいね。

『修士』号をとるのだって大変なのに。

たろう
はなこ
私は大学院には進んでなかったから『学士』ね。
『学士』『修士』『博士』って、やっぱりいろいろと違うところがあるんだろうね。
たろう
はなこ
それぞれの違いについて調べてみましょうか。

 

今回は、『学士』『修士』『博士』の違いについて解説し、修了年数や就活への影響をチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

『学士』『修士』『博士』の違い

まずは、『学士』『修士』『博士』について見てみましょう。

『学士』とは?

大学の学部を卒業した人に与えられる学位

のことです。

大学は、通常4年制(短大なら2年、医学部などは6年)ですね。

4年間に必要な単位を取得し、『卒業論文』や『卒業試験』をパスした人たちに与えられる学位が『学士』です。

日本では、多くの人がこの『学士』を取得しているのではないでしょうか。

 

『修士』とは?

大学院課程にて、必要な単位を取得し、『修士論文』が審査にパスした『学士』に与えられる学位

のことです。

『修士』を得るためには、まず大学院に進む必要があります。

そこで必要な単位を取得し、さらに『修士論文』を提出する必要があります。

『修士論文』が審査にパスすれば、ようやく『修士』となることができるわけです。

しかし、学部によっては『修士論文』が不要な場合もあります。

『修士』は、英語では『master(マスター)』と呼ばれますね。

 

『博士』とは?

大学院課程にて、必要な単位を習得し、『博士論文』が審査にパスした『修士』に与えられる学位

のことです。

当然のことですが、『博士』になるためには、まず『修士』になる必要があります。

『修士』になった後、必要な単位を取得して、『博士論文』を提出します。

その『博士論文』が審査にパスすれば、晴れて『博士』になることができます。

 

『修士論文』の場合、必ず指導教官が付いてサポートを受けることができます。

しかし、『博士論文』ではサポートは受けられず、自力で論文を書き上げなければいけません。

他にも、学校から指定された論文を作成して学会や学校に提出したりといった仕事もあります。

ですから、扱いとしてはほとんど研究者といっしょですね。

『博士』は、英語では『doctor(ドクター)』と呼ばれます。

 

『学士』『修士』『博士』の違い

『学士』『修士』『博士』の主な違いを簡単にまとめると次のようになります。

『学士』『修士』『博士』の違い

  • 『修士』になるためには『学士』が、『博士』になるためには『修士』が必要になる。
  • 『学士』は主に『卒業論文』が、『修士』では『修士論文』が、『博士』では『博士論文』が必要になる。
  • 『修士』になるには『学士』より長い時間が、『博士』になるには『修士』より長い時間が必要になる。

当然のことですが、

『修士』になるには『学士』が必要になります。

また、

『博士』になるには『修士』が必要です。

『学士』『修士』『博士』のそれぞれで、論文を書いて提出し、審査にパスしなければなりません。

また、

『学士』より『修士』の方が、さらには『博士』の方が、長い時間が必要になる

ことも明らかですね。

 

はなこ
『修士』や『博士』になるのも大変みたいね。
どれくらいの時間が必要になるんだろうね。
たろう

 

『学士』『修士』『博士』の修了年数

大学の授業

大学の授業

まず、

『学士』の修了年数は最短で4年です。

しかし、留年する場合もあるので、最長で8年まで在学できることになっています。

『修士』の場合、最短でもさらに2年が必要です。

ここでも留年する場合はあるので、最長で4年までとなっているのが一般的です。

そして

『博士』では最短でさらに3年必要です。

最長でも6年までに結果を出す必要があるので、かなり大変ですね。

つまり、

『学士』は最短4年

『修士』は最短6年

『博士』は最短9年

修了までに必要となるわけですね。

それぞれでギリギリまで在学する場合、18年間は大学・大学院にいることができるという計算になります。

 

大学で留年する人は、それほど多くはいません。

ですが大学院になると、特に理系では簡単に審査にパスすることはできないので、ギリギリまで留年する人も少なからずいるそうです。

『修士』の場合、留年する学生を出したくない考えから、指導教官も手厚くサポートしてくれるので、なんとかなる人が多いです。

しかし、『博士』を取得する場合、ほぼ自力で論文を仕上げなければなりません。

そのため、ハードルは『修士』を取る場合よりも高くなります。

『博士』号を持っている人というのは、その専門分野では相当のレベルを持っているといえるでしょう。

 

『学士』『修士』『博士』は就活に有利?

日本では、『学士』を持っている人は、かなり多いのではないでしょうか。

そうすると、『修士』や『博士』を持っているほうが、就職には有利ではないかと思いますよね。

しかし、そんなに甘くはないようです。

 

まず、『修士』をとるためには必要な単位を取得し、論文を仕上げなければなりません。

そのような中で、就活をする余裕はないのが現実です。

それでも、『修士』ということで就職する上で有利になることはあります。

ですから、かなり多忙な中で就活をすることを覚悟できれば、『修士』をとることは、かなりプラスになるでしょう。

 

では、『博士』の場合はどうでしょうか?

前にも書きましたが、『博士』は、ほとんど研究者扱いです。

ですから、普通の就活とは少々勝手が違います。

民間企業の中でも、研究職への就職には、かなり有利になるでしょう。

しかし、普通の就職先を考えているのなら、『博士』だから有利になることはありません。

また、『博士』までとった人は、

そのまま教授を目指して学校に残る

という人も多いのではないでしょうか。

 

もし、就職に有利になるように大学院を目指すのなら、『修士』までにしておいたほうがいいでしょう。

『博士』を取得したときには、30歳を越えているということも珍しい話ではありません。

そうすると、逆に就職に不利になる場合もあります。

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントを、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『学士』は、大学の学部を卒業した人に与えられる学位である。
  • 『修士』は、大学院課程にて、必要な単位を取得し、『修士論文』が審査にパスした『学士』に与えられる学位である。
  • 『博士』は、大学院課程にて、必要な単位を習得し、『博士論文』が審査にパスした『修士』に与えられる学位である。
  • 『学士』には、最短で4年、『修士』には最短で6年、『博士』には最短で9年必要である。
  • 就職を考えた場合、『修士』までが最善であるが、就活する余裕がないことには注意が必要である。

今、大学院に進むべきか悩んでいるのであれば、周囲の人ともよく相談するようにしましょう。

『修士』や『博士』になるには、かなり大変な苦労が必要になりますよ。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.