違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

リビング

その他の違い

ダイニングとリビングの違いをわかりやすく解説!意味や定義を紹介

家の間取りを見ると、よく『1LDK』とか『2LDK』という言葉を目にしますよね。

Lは『リビング』、Dは『ダイニング』、Kは『キッチン』を表すことは、あなたも知っているのではないでしょうか。

では、『ダイニング』と『リビング』の違いは分かりますか?

 

はなこ
家の間取りで『ダイニング』とか『リビング』とか言うでしょ。

あれって、結局何を意味しているの?

『1LDK』とか『2LDK』っていうやつだよね。

僕も何を意味しているのか、よく分からないな。

たろう
はなこ
じゃあ、『ダイニング』と『リビング』の違いについて、調べてみましょうよ。

 

今回は、『ダイニング』と『リビング』の意味や定義を解説し、その違いについて見てみましょう。

スポンサーリンク

『ダイニング』と『リビング』の意味や定義

まずは、『ダイニング』と『リビング』の意味や定義についてです。

『ダイニング』とは?

食事をするスペースのこと

を表します。

日本語では『食堂』という言葉に訳すことができます。

 

しかし、大勢が食べに来る『食堂』とは異なり、

その家に住む人が食べるためのスペース

という意味になります。

ダイニングには通常、ダイニングテーブルや椅子を置いて、そこで食事ができるようにします。

 

『リビング』とは?

家族がくつろぐための場所

を表します。

家族団らんのためのソファを置いたり、テレビを見たりといった用途で使う場所ですね。

日本語では『居間』という言葉が使われます。

 

『DK』と『LDK』の定義

間取りによく書かれている『DK』や『LDK』の文字。

これらにもちゃんとした定義があります。

『DK』は『ダイニングキッチン』の略で、ダイニングとキッチンが同じ部屋にあることを意味します。

キッチンで作った料理を、同じ部屋で食べることになるわけですね。

日本の家屋では、こういう形態の住宅が多くあります。

 

『LDK』は『リビングダイニングキッチン』の略で、『DK』にリビングの機能もあわせ持った部屋を意味します。

『DK』と『LDK』は、広さによって呼び方が決まっています。

『DK』と『LDK』の広さ

部屋数 DK LDK
1部屋 4.5帖以上 8帖以上
2部屋以上 6帖以上 10帖以上

 

はなこ
『ダイニング』は食事のため、『リビング』はくつろぐための場所ということね。
でも、『ダイニング』と『キッチン』の用途をあわせ持った部屋もあるから、ややこしくなるんだね。
たろう

 

『ダイニング』と『リビング』の違い

キッチン

キッチン

『ダイニング』と『リビング』の定義が分かれば、その違いは簡単ですね。

『ダイニング』と『リビング』の主な違いをまとめると、以下になります。

『ダイニング』と『リビング』の違い

  • 『ダイニング』は食事をとるための部屋であり、『リビング』はくつろぐための部屋である。
  • 『リビング』のほうが、一般的に広い
  • 『ダイニング』は、『キッチン』と同じ部屋であることが多い。

それぞれの定義について書いたように、『ダイニング』は食事を取るための部屋、『リビング』はくつろぐための部屋です。

もちろん、使い方は住む人の自由。

『ダイニング』を『リビング』として使っても、また『リビング』を『ダイニング』として使っても問題はありません。

しかし、

一般的には『リビング』のほうが場所は広いので、

『リビング』があるのに、『ダイニング』を『リビング』として使うのは、なんとなく損な気がしますね。

しかも、

『ダイニング』は『キッチン』と同じ部屋であることが多いので、

『ダイニング』と『リビング』を逆に使うと食事を運ぶときなど非常に手間になります。

ですから、よほどのことがない限り、『ダイニング』と『リビング』を交換して使うことはありません。

 

『1DK』『1LDK』『2DK』『2LDK』の違い

部屋の間取りに書いてある『1DK』『1LDK』『2DK』『2LDK』の違いについて見てみましょう。

『1DK』

部屋が一つあり、『ダイニングキッチン』が4.5帖以上、8帖未満の場合、『1DK』となります。

この場合、『リビング』はないことになりますね。

 

『1LDK』

部屋が一つあり、8帖以上の『リビングダイニングキッチン』がある場合、『1LDK』となります。

『リビング』と『ダイニングキッチン』が別々にあるわけではないことに注意しましょう。

 

『2DK』

部屋が2つあり、『ダイニングキッチン』が6帖以上、10帖未満の場合、『2DK』となります。

 

『2LDK』

部屋が2つあり、10帖以上の『リビングダイニングキッチン』がある間取りが『2LDK』です。

 

こうしてみると、『DK』と『LDK』の違いは、『(リビング)ダイニングキッチン』の広さに依存することになります。

一人暮らしや、夫婦など二人で暮らす場合、『DK』でも十分ですね。

しかし、子供が生まれて3人、4人と増えたときは、『LDK』の間取りの方がいいでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントを、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『ダイニング』とは、食事をするスペースのことである。
  • 『リビング』とは、家族がくつろぐための場所のことである。
  • 『DK』は『ダイニングキッチン』の略で、ダイニングとキッチンが同じ部屋にあることを意味する。
  • 『LDK』は『リビングダイニングキッチン』の略で、『DK』にリビングの機能もあわせ持った部屋を意味する。
  • 『リビング』のほうが一般的に広い
  • 『ダイニング』は、『キッチン』と同じ部屋であることが多い。
  • 部屋が一つあり、『ダイニングキッチン』が4.5帖以上、8帖未満の場合、『1DK』となる。
  • 部屋が一つあり、8帖以上の『リビングダイニングキッチン』がある場合、『1LDK』となる。
  • 部屋が2つあり、『ダイニングキッチン』が6帖以上、10帖未満の場合、『2DK』となる。
  • 部屋が2つあり、10帖以上の『リビングダイニングキッチン』がある間取りが『2LDK』である。

部屋を選ぶときは、間取りが非常に重要になります。

実際に部屋を見学してから決めたほうがいいですよ。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.