違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

ファッションの違い

振袖/留袖/着物/袴の違いと見分け方をわかりやすく解説!

『普段から和服を着ている人』

って、多くないですよね。

和服を着るとしても、結婚式や成人式、お正月など、特別な時くらいではないでしょうか。

 

そして特別な時に着る和服も

  • 振袖
  • 留袖

がありますよね。

 

この振袖や留袖、袴と着物ってどう違うのでしょうか?

普段から和服を着る習慣がないと、知らないことばかりでしょう。

 

ということで今回は

  • 振袖
  • 留袖
  • 着物

の違いと見分け方について、お話します。

 

和服は、着ていく場や状況によって着るものが違います。

その場に相応しい和服を選ぶためにも、知っておいたほうが良いですから、ぜひ覚えておいてください!

スポンサーリンク

『振袖』『留袖』『着物』『袴』の違いって何?

振袖、留袖、着物、袴って何がどう違うの?

『着物』と『振袖』『留袖』『袴』の違いとは?

まず、『着物』と、その他の『振袖』『留袖』『袴』の違いについてお話します。

 

『着物』は、一般的には、

和服のうち、羽織、襦袢、コート以外の『長着』のこと

を指します。

 

『長着』とは、

前でかき合わせて帯で留める、ワンピースタイプ(一部式)の表着

のことです。

『和服』を総称して『着物』ということもありますが、この記事では『長着のこと』という意味で使います。

 

そして『着物』の中に

  • 振袖
  • 留袖
  • 訪問着
  • 浴衣

など、いろいろな種類があるのです。

 

ですから、

  • 『着物』は服の種類
  • 『振袖』『留袖』は『着物』の種類

ということです。

 

図にすると、このようになります。

『着物』と『振袖』『留袖』『袴』を分類してみると…

『着物』と『振袖』『留袖』『袴』を分類してみると…

 

このように、

『着物』と、他の『振袖』『留袖』『袴』は、示す範囲が違う言葉なのです。

『着物と振袖の違いは?』というのは、『動物と猫の違いは?』というのと似たようなことなんですね。

『振袖』と『留袖』と『袴』の違い

では、『着物』以外の『振袖』『留袖』『袴』の違いを見ていきましょう。

 

『袴』とは

まず先に、『袴』について説明します。

 

『袴』とは『着物の上から、履いてひもで結び、腰から下を覆うように着る和服』のこと。

 

つまり『袴』は振袖や留袖とは全く違うものです。

振袖や留袖は長着ですよね。

それに対して、袴は長着ではなく、洋服で言う『ボトム』です。

 

着方も、振袖や留袖は体全体にまとうように着ますが、袴は振袖や留袖の上から履きます。

洋服に例えるなら、ワンピースの上にスカートやズボンを履くような感じです。

メモ

袴と言えば、卒業式ですよね。

なぜ卒業式に女子が袴を履くようになったのでしょうか?

それは、

明治時代に女学生の制服として取り入れられたこと

が発端です。

それが現代に受け継がれ、卒業式の時には袴を着るようになった、と考えられています。

 

『振袖』とは

『振袖』は、その名の通り、袖の長い着物のことです。

この『袖が長いこと』が、留袖との一番大きな違いです。

 

袖の長さによって

  • 大振袖(114㎝以上)
  • 中振袖(100㎝くらい)
  • 小振袖(76㎝くらい)

があり、

袖が長いほど格式が高い

とされています。

 

ただし、

振袖は未婚女性が着る正装です。

既婚女性や、年を重ねた未婚女性は、次に紹介する『留袖』を着ます。

 

『留袖』とは

『留袖』は、元々は振袖の袖を切って仕立て直したものです。

 

振袖との違いは

留袖の方が袖が短い(57~68㎝くらい)

ということ。

 

また、

『裾の方に縁起の良い柄が入っていて、上半身がシンプルな無地になっているものが多い』

というのが、留袖の特徴です

 

元々留袖は、振袖の袖を短くしたものなので、全体に華やかな柄が入っていました。

でも現在の留袖は、裾の方にだけ柄が入っているものが主流です。

 

振袖と留袖の違いをまとめると

『袴』と『振袖』『留袖』の違いは、明らかですよね。

似ているのが『振袖』と『留袖』。

ということで、ここで振袖と留袖の違いをまとめてみましょう。

 

振袖 留袖
袖の長さ 長い(小振袖でも76㎝くらい) 短い(長くても68㎝くらい)
着る人 未婚女性 既婚女性・年を重ねた未婚女性
種類 袖の長さによって

  • 大振袖
  • 中振袖
  • 小振袖

があり、さらに

  • 色振袖
  • 黒振袖

がある

  • 色留袖
  • 黒留袖
全体に華やかな柄が入っている 上半身は無地で、裾の方に柄が入っていものが多い
格式の違い 黒振袖、特に黒引き振袖が格式が高く、色振袖はその次。

さらに、袖が長い方が格式が高い

黒留袖が一番格式が高く、次が色留袖

 

振袖と留袖の一番わかりやすい違いは袖の長さです。

でも、その他にも

  • 着る人の状況
  • 種類の多さ
  • 柄の入り方
  • 袖の長さで格式が違うかどうか

という違いがあるのです。

振袖と留袖の使い分けについて

先にも触れましたが、振袖と留袖は

  • 未婚女性なら振袖を着る
  • 既婚女性や年齢を重ねた未婚女性は留袖を着る

というのが基本です。

 

でも、未婚でも年を重ねた女性は、留袖を着るのが一般的です。

どのくらいの年齢で留袖になるかというと、

だいたい30代に入った辺りから

とのこと。

 

では逆に、既婚で成人式に出る場合は、振袖は着られないのでしょうか?

 

これについては、

既婚の人が振袖で成人式に出ても、まず問題ありません。

 

というのも、現代では『振袖』は『成人式の晴れ着』として定着しているからです。

実際、振袖を着て成人式に出る既婚の人もいますよ。

もし心配なら、振袖を借りるお店の人などに相談してみてくださいね。

振袖と留袖以外の着物の種類

着物には、振袖と留袖以外にも、たくさんの種類があります。

簡単に紹介しましょう。

 

フォーマルな場向けの着物としては、振袖、留袖の他に

  • 訪問着
  • 付け下げ

 

カジュアルな場向けの着物は

  • 江戸小紋
  • 小紋
  • 浴衣

など。

 

なお、着物はこういった種類だけでなく、

『模様を織り込んだ生地を使っているか、白い生地を染めて模様を入れたか』

といったことでも、格式が変わります。

その場に合わせた着物を選んでくださいね。

 

ちなみに、浴衣と着物の違いや、草履や雪駄などの違いは、以下の記事で詳しく書いています。

こちらも、合わせて読んでみてください。

関連記事
浴衣と着物の違いをわかりやすく解説!見た目で見分ける方法とは?

日本の伝統的な服と言えば、 『浴衣』や『着物』 ですよね。 でも、今の日本では、すっかり洋服がメインとなり、着物や浴衣を着る人は少数派です。 和服に袖を通すのは、花火大会やお祭り、冠婚葬祭の時くらいで ...

続きを見る

関連記事
雪駄/草履/草鞋/下駄の違いをわかりやすく解説!見分け方をチェック

日本の伝統的な服と言えば、着物や浴衣に羽織袴。 伝統的な履物と言えば 雪駄(せった) 草履(ぞうり) 草鞋(わらじ) 下駄(げた) がありますよね。   それぞれ、頭の中に思い浮かべられま ...

続きを見る

 

『振袖』、『留袖』、『袴』の見分け方

振袖と留袖と袴ってどう見分けるの?

ここからは、『袴』『振袖』『留袖』の見分け方を紹介します。

 

なお、『着物』は先ほどお話したように、『長着』全体を指す言葉ですから、ここでは除外します。

ただし、『留袖』と『留袖以外の着物』の見分け方は、紹介しますよ!

『袴』と『振袖』『留袖』の見分け方

まず袴ですが、写真を見てみましょう。

『袴』はこのような和服。

『袴』はこのような和服。

この女性たちが着ている服の、ボトム部分が『袴』です。

振袖や留袖とは、スタイルがまったく違いますよね。

ですから、『見分けがつかない』ということは、まずないでしょう。

 

袴を着る時にはこのように、

  1. 着物を着る
  2. その上から袴を履く

という着方をします。

振袖と留袖の見分け方

次に、『振袖』と『留袖』の見分け方ですが、これも簡単です。

 

シンプルに

  • 袖が長いのが振袖
  • 袖が短いのが留袖

これでOKです。

 

この写真を見てみましょう。

左が訪問着、右が振袖

左の女性の着物は袖が短く、右の女性の着物は長いですよね。

 

左の女性が着ているのは、留袖ではなく訪問着と思われますが、袖の長さは留袖と同じくらいです。

なので、

『留袖の袖はこのくらいの長さ』

と思って見てくださいね。

そして、右の女性が着ているのは、振袖です。

 

さらに、模様の入り方で見分けるなら

  • 振袖は全体に模様が入っていることが多い
  • 留袖は裾の方にだけ柄が入っていることが多い

というところで見分けることができます。

留袖とその他の着物の見分け方

『袴』と『振袖』と『留袖』の見分け方は、わりと簡単ですよね。

一方、ちょっと難しそうなのが、『留袖』と『訪問着』などの着物の見分け方。

 

でも、実はこれも簡単です

留袖と訪問着には

留袖(色留袖・黒留袖)

⇒裾に縁起の良い柄が入っていて、上半身は無地

訪問着

⇒『絵羽模様』といって、襟や肩から裾まで流れるように模様が入っている

という違いがあります。

 

つまり、

『上半身に模様が入っているかどうか』

で『留袖』と『訪問着』を見分けることができるのです。

 

さらに、訪問着以外でも、『留袖以外の着物』と『留袖』を見分けるには、先ほどの

上半身が無地で、裾に縁起の良い柄が入っているのが『留袖』

ということを押さえておけば、見分けることができます。

メモ

『訪問着』も和礼装の1つ。

結婚披露宴などの正装が求められる場から、演奏会やディナーなどの個人的なお出かけになど、幅広く対応できる着物です。

スポンサーリンク

まとめ

『着物』『振袖』『留袖』『袴』の違いは

着物

⇒和服の長着のこと

振袖

⇒和服の長着のうち袖が長いもので、主に未婚女性向けの礼装

留袖

⇒和服の長着のうち袖が短いもので、主に既婚女性向けの礼装

⇒着物の上から下半身を覆うように履く和服

ということです。

 

そして振袖、留袖、袴の見分け方は

  • 着物の上にズボンのように履いているのが袴
  • 振袖と留袖は、袖の長さで見分けられる

 

さらに『留袖』と、そのほかの着物は

  • 袖が短い
  • 上半身が無地
  • 裾の方に縁起の良い柄が入っている

この3つに当てはまるのが『留袖』。

そうでないのは『留袖以外の着物』ということで見分けられます。

 

『着物を着る』って、ハードルが高く感じる人も多いかもしれませんね。

でも今はレンタルもできるし、着付けもしてもらえます。

また、着付けの練習をするなら、おトクなお値段の着物もあります。

チャンスがあったらぜひ、着てみてくださいね!

関連記事

-ファッションの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.