違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

床屋の看板

その他の違い

美容室/美容院/床屋/理容室/ヘアサロンの違いをわかりやすく解説!

散髪するところには、

『美容室』『美容院』『床屋』『理容室』『ヘアサロン』

と、いろいろな場所がありますね。

それぞれの違いを知っていますか?

 

はなこ
この間、『美容室』へ行って髪を切ってもらったの。
僕が利用するのは『床屋』だね。

散髪するところって、『美容院』とか『理容室』とも言うよね。

たろう
はなこ
言葉が違うということは、中身も違うのかな?

 

今回は、『美容室』『美容院』『床屋』『理容室』『ヘアサロン』の違いについて解説します。

スポンサーリンク

『美容室』『美容院』『床屋』『理容室』『ヘアサロン』の違い

『美容室』『美容院』『床屋』『理容室』『ヘアサロン』の違いを理解するためには、そこで働いている人の違いを理解する必要があります。

髪を扱う職業としては、大きく『理容師』と『美容師』に分けられます。

『理容師』とは?

頭髪の刈込、顔そり等の方法により容姿を整えることを業とする者

のことです。

散髪や顔そりを行うことが主な役目となりますが、その他にパーマをあてたり染毛をすることも含まれます。

『理容師』は、

理容師法に基づいて厚生労働大臣の免許

を得なければならず、免許がなければ理容を行うことはできません。

 

『美容師』とは?

パーマ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくすることを業とする者

のことです。

パーマ、結髪、化粧を行うことが主な役目となります。

その他に、散髪や染毛を行うことも含まれます。

『美容師』は、

美容師法に基づいて厚生労働大臣の免許

を得なければならず、免許がなければ美容を行うことはできません。

 

『美容室』『美容院』とは?

正式には『美容所』で、美容師が美容を行うために設けられた施設

のことです。

美容師法に定められている、美容を行うための施設は『美容所』です。

しかし、一般的にはそれを『美容室』や『美容院』と呼んでいます。

 

『理容室』『床屋』とは?

正式には『理容所』で、理容師が理容を行うために設けられた施設

のことです。

理容師法に定められている、理容を行うための施設は『理容所』です。

しかし、一般的にはそれを『理容室』や『床屋』と呼んでいます。

 

また、『床屋』という言葉は

江戸時代、髪結い床として店舗を構えていた髪結い(現代でいう『理容師』)

を指した言葉です。

それが現代では、『理容所』のことを指す言葉となったわけですね。

 

『ヘアサロン』とは?

『理容所』と『美容所』の両方を指す言葉

のことです。

どちらかと言えば、『美容所』のことを『ヘアサロン』と呼ぶほうが多いです。

一部で、『理容所』を『ヘアサロン』という場合もあります。

特に規定はありません。

『理容所』や『美容所』が、自由に『ヘアサロン』と名乗ることができます。

 

『美容室』『美容院』『床屋』『理容室』『ヘアサロン』の違い

『美容室』『美容院』『床屋』『理容室』『ヘアサロン』の主な違いをまとめると、次のようになります。

『美容室』『美容院』『床屋』『理容室』『ヘアサロン』の違い

  • 『美容室』と『美容院』は、どちらも正式には『美容所』のことである。
  • 『理容室』と『床屋』は、どちらも正式には『理容所』のことである。
  • 『ヘアサロン』は、『理容所』と『美容所』の両方の意味を兼ね備える
  • 『美容室』と『美容院』は、言葉が違うだけで意味は全く同じである。
  • 『床屋』という言葉は江戸時代から使われていたが、『理容室』は現代の言葉である。

『美容室』と『美容院』は、言葉が異なるだけで、どちらも同じ意味です。

また、

『理容室』と『床屋』も同じ『理容所』を表します。

しかし、『床屋』という言葉は江戸時代から使われていたという違いがあります。

『ヘアサロン』は、『美容所』の場合もありますし、『理容所』である場合もあります。

 

まとめると、『美容室』『美容院』と、『理容室』『床屋』は違う場所を表します。

そして、『ヘアサロン』は、両方の意味を兼ね備えています。

 

『美容室』『美容院』『床屋』『理容室』『ヘアサロン』行くならどっち?

barber

barber

『美容室』『美容院』『床屋』『理容室』『ヘアサロン』のうち、どこを選んで行けばいいでしょうか?

 

行きつけのお店がある人は、特に悩む必要はありませんね。

しかし、進学や就職、転勤などにより他の場所へ引っ越した人にとっては、どの店に行けばいいか迷うところです。

 

主に散髪を目的として行くのなら『床屋』や『理容室』へ行きましょう。

また、

顔そりもしてほしいのなら、やはり『床屋』や『理容室』ですね。

パーマをあてたり、染毛することが目的の場合は、どこを選んでも基本的には変わりません。

近所には、いくつかお店があるでしょうから、ひと通り試してみて、納得できる仕上がりのところを選ぶのが最善でしょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントを、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『理容師』とは、頭髪の刈込、顔そり等の方法により容姿を整えることを業とする者のことである。
  • 『美容師』とは、パーマ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくすることを業とする者のことである。
  • 『美容室』『美容院』は、正式には『美容所』で、美容師が美容を行うために設けられた施設のことである。
  • 『理容室』『床屋』は、正式には『理容所』で、理容師が理容を行うために設けられた施設のことである。
  • 『ヘアサロン』は、『理容所』と『美容所』の両方を指す言葉である
  • 『美容室』と『美容院』は、言葉が違うだけで意味は全く同じである。
  • 『床屋』という言葉は江戸時代から使われていたが、『理容室』は現代の言葉である。

最近は、格安の『理容所』『美容所』も増えてきました。

値段や仕上がり、サービスなどを参考に、ときには新しい店に行ってみると、自分に合ったところが見つかるかもしれませんよ。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.