違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

青のり

食べ物の違い

あおさと青のりの違いをわかりやすく解説!栄養や味を比較チェック

お寿司屋さんに行くと、よく『あおさ』の味噌汁がありますよね。

よく似た食材に『青のり』がありますが、これはお好み焼きなどにふりかけたりします。

この『あおさ』と『青のり』の違いを説明できますか?

 

はなこ
『あおさ』と『青のり』って、よく似ているわよね。
『あおさ』は味噌汁の具にしたり、天ぷらなんかもあるよね。

『青のり』は、お好み焼きや焼きそばにふりかけたりするね。

たろう
はなこ
用途が違うということは、あの2つってやっぱり別物なのかな?

 

今回は、『あおさ』と『青のり』の違いを解説し、栄養や味についてチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

『あおさ』と『青のり』の違い

お好み焼き

お好み焼き

まずは、『あおさ』と『青のり』が、どんなものなのか見てみましょう。

『あおさ』とは?

アオサ目アオサ科アオサ属の緑藻

のことです。

日本では沿岸に普通に見られ、海岸に打ち上げられた状態でよく目にします。

『アオサノリ』とも呼ばれますね。

『青のり』とは?

アオサ目アオサ科旧アオノリ属の緑藻

のことです。

『旧アオノリ属』となっていることに注目してください。

実は現在、『アオノリ属』は『アオサ属』と同一とみなされています。

『旧アオノリ属』に属している『アオノリ』としては、『スジアオノリ』『ウスバアオノリ』『ヒラアオノリ』『ボウアオノリ』などがあります。

『あおさ』と『青のり』の違い

食べ物としての『あおさ』と『青のり』の主な違いをまとめると、次のようになります。

『あおさ』と『青のり』の違い

  • 『あおさ』より『青のり』のほうが高級品であり、値段も高い
  • お好み焼きなどの粉ものに使われる『青のり』は、実は『あおさ』から作られているものが多い
  • 『あおさ』は葉っぱの形であるが、『青のり』は糸状の形をしている。

一般に、『あおさ』より『青のり』のほうが高級品として扱われています。

そのため、『あおさ』よりも『青のり』のほうが高額です。

料亭などで出てくるのは、たいていの場合、『あおさ』ではなく『青のり』ですね。

 

また、『青のり』は

熱に弱い

という特徴があります。

ですから、お好み焼きなどにふりかけるのは『青のり』よりも『あおさ』が適しています。

ふりかけとしての『青のり』は、実は『あおさ』であることも多いです。

 

形状にも違いがあります。

『あおさ』は、葉っぱの形をしていますが、『青のり』は糸状の形をしています。

ふりかけになってしまえば形状はわからなくなりますが、海で採りたての状態なら簡単に見分けることができますね。

 

はなこ
分類上は、両者はすごく似ているということね。
でも、『青のり』の方が高級品なんだね。

そうすると、栄養や味にも違いがあるのかな?

たろう

 

『あおさ』『青のり』の栄養や味は?

『あおさ』と『青のり』の栄養や味について見てみましょう。

『あおさ』と『青のり』には、次の栄養素が含まれています。

『あおさ』と『青のり』の栄養素

あおさ 食物繊維 29.1g

ナトリウム 3,900mg

カリウム 3,200mg

マグネシウム 3,200mg

ナイアシン 10.0mg

青のり 食物繊維 38.5g

βカロテン 17,000μg

ナイアシン 6.1mg

葉酸 260μg

ビタミンB1 0.89mg

ビタミンB2 1.61mg

ビタミンB6 0.49mg

ビタミンB12 31.8μg

ビタミンC 40mg

成分の横の数値は100gあたりの質量

一般的に食物繊維は、

便秘などに効果がある

と言われています。

『あおさ』や『青のり』に含まれる食物繊維は、

水溶性なので、腸内環境を改善したり、血糖値の急激な上昇を抑える働き

があります。

 

カリウムは、

高血圧の予防・改善に効果がある

と言われています。

カリウムの1日の摂取量は、

  • 成人男性で2,500mg
  • 成人女性で2,000mg

が目安となります。

『あおさ』に含まれるカリウムの量は、100gあたり3,200mgですから、

『あおさ』を100g食べれば1日の摂取量は十分

まかなえるわけですね。

 

マグネシウムは生命活動に欠かせない栄養素です。

歯や骨の形成、高血圧の予防等の効果

が見込めます。

マグネシウムの1日の摂取量は、

  • 成人男性で、だいたい350mg
  • 成人女性で、だいたい300mg

が目安となります。

『あおさ』10gで、1日の摂取量は、だいたいまかなうことができます。

 

『青のり』に豊富に含まれるβカロテンは、にんじんやカボチャなどに含まれる色素で、体内でビタミンAに変換されます。

皮膚や目、粘膜の細胞を正常に保つ働きがあり、免疫力を高めたり、がんの予防にも効果がある

と言われています。

 

また、『青のり』に含まれる葉酸は、

妊婦さんの必須栄養素

として知られています。

他にも『青のり』には豊富なビタミンが含まれているので、積極的に摂取したほうがいいですね。

 

最後に、味についてはどうでしょうか?

一般的に、味が濃いのは『あおさ』のほうです。

『青のり』のほうが、味が薄いのです。

逆に、

香りは、『青のり』のほうが強く、『あおさ』は弱いです。

 

磯の香りを感じたいのであれば『青のり』のほうがいいですね。

しかし前に書いた通り、『青のり』は熱に弱いので、味噌汁の具として最後に投入するなら、

すぐに食べる

ようにしてください。

『あおさ』は、風味では『青のり』に負けますが、味は濃く、熱にも強いので、天ぷらにしたり、粉ものなどにふりかけて食べるとおいしくいただけますよ。

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントを、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『あおさ』とは、アオサ目アオサ科アオサ属の緑藻のことである。
  • 『青のり』とは、アオサ目アオサ科旧アオノリ属の緑藻のことである。
  • 『あおさ』より、『青のり』のほうが高級品であり、値段が高い
  • お好み焼きなどの粉ものに使われる『青のり』は、実は『あおさ』から作られているものが多い
  • 『あおさ』は、葉っぱの形であるが、『青のり』は糸状の形をしている。
  • 『あおさ』は、カリウムやマグネシウムなどのミネラルが豊富に含まれる
  • 『青のり』は、βカロテンや葉酸、ビタミン類が豊富に含まれる
  • 味は、『あおさ』のほうが濃く、香りは『青のり』の方が強い

『あおさ』も『青のり』も、日本に古くからある食品ですね。

栄養価も高いので、積極的に摂取するようにしましょう。

関連記事

-食べ物の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.