違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

カチンコ

ITの違い

H.264とH.265の動画コーデックの違いをわかりやすく解説!画質が良いのは?

『動画コーデック』には、様々な種類がありますが、特に知られた『動画コーデック』に

『H.264』と『H.265』

があります。

あなたは、『H.264』と『H.265』の違いを知っていますか?

 

はなこ
この間、旅行で撮影した動画を編集したんだけど、『動画コーデック』に『H.264』と『H.265』の2つがあったの。

これって、いったい何が違うのかな?

どちらも国際規格になっている『動画コーデック』だよ。

でも、何が違うのかは僕も知らないな。

たろう
はなこ
じゃあ、いったい何が違うのか、ちょっと調べてみましょうよ。

 

今回は、『動画コーデック』の『H.264』と『H.265』の違いについて解説し、画質が良いのはどちらなのかチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

【動画コーデック】『H.264』と『H.265』の違い

まずは、『動画コーデック』について簡単に解説します。

『動画コーデック』とは、

動画データを圧縮・符号化するための形式

を表します。

『動画コーデック』には、『MPEG-2』『Xvid』『Divx』など様々な種類がありますが、『H.264』と『H.265』は、その中の一つです。

 

では次に、『H.264』と『H.265』について見てみましょう。

『H.264』とは?

『H.264』とは、

2003年に国際規格となった『動画コーデック』で、正式名称は『H.264/MPEG-4 AVC』

となります。

古い『動画コーデック』である『MPEG-2』に比べて、圧縮率は2倍になります。

同じ画質であれば『H.264』のファイルサイズは『MPEG-2』の半分にできるのです。

世界中で広く利用されている『動画コーデック』であり、

YouTubeやニコニコ動画でも採用

されていました。

 

『H.265』とは?

『H.265』とは、

2013年に国際規格となった『動画コーデック』で、正式名称は『H.265/MPEG-H HEVC』

となります。

『MPEG-2』に比べて圧縮率は4倍になるため、同じ画質であれば『H.265』のファイルサイズは『MPEG-2』の1/4、『H.264』の半分になります。

また、『H.264』がサポートしているフレームレートは60fps(1秒間に60フレーム)、サイズは4Kまでなのに対し、『H.265』ではフレームレート300fps、サイズ8Kまでサポートされています。

 

『H.264』と『H.265』の違い

『H.264』と『H.265』の主な違いをまとめると、次のようになります。

『H.264』と『H.265』の違い

H.264H.265
正式名称H.264/MPEG-4 AVCH.265/MPEG-H HEVC
策定時期2003年2013年
圧縮率(『MPEG-2比』)2倍4倍
フレームレート60fpsまでサポート300fpsまでサポート
画像サイズ4K(3840 x 2160)までサポート8K(7680 x 4320)までサポート

 

はなこ
『M.265』の方が後発なだけあって、スペックは上ね。
そうだね。

『H.264』は今でも活躍しているらしいけど、これからは『H.265』の方が普及していくんだろうね。

たろう

 

『H.264』と『H.265』では、どちらが画質が上?

動画配信

動画配信

『動画コーデック』の画質は、『ビットレート』で決まります。

『ビットレート』とは、一定の再生時間あたりのデータサイズを表し、『ビットレート』が高いほど、データサイズは大きくなりますが、画質は向上します。

 

つまり、『ビットレート』を同じにすれば、『H.264』と『H.265』のどちらの『動画コーデック』を使っても、ファイルサイズは、ほぼ同じになります。

では、『ビットレート』を等しくした場合、『H.264』と『H.265』ではどちらの方が画質は上でしょうか?

 

結論を言うと、『H.265』のほうが、画質は上になります。

 

これは、同じ画質であれば『H.265』のほうが『H.264』よりもファイルサイズを半分にできることから明らかですね。

同じファイルサイズにすれば、当然『H.265』の方が『H.264』よりも画質は上です。

 

なぜ、『H.265』は、同じ画質で高い圧縮率を得られるのでしょうか?

動画を圧縮する時、時間とともに連続して変わる画像(フレーム)を符号化するわけですが、このとき、前の画像から変化した部分だけを記録することでデータを圧縮しています。

動画では、背景など、前の画像から変化しない部分が少なからずあります。

そういった場所は、前回と変化していないので記録しなくても済みますよね。

前の画像との変化点は、ブロックと呼ばれる、画像をいくつかに分割した区域ごとにチェックされます。

『H.264』では、ブロック1つあたりのサイズが固定になっています。

しかし、

『H.265』では、変化しない場所に対してはブロックを大きく、逆に変化している場所はブロックを小さくとるようにします。

こうすると、変化しない場所に対しては、変化していないということを一度に符号化することができますね。

なので、ファイルサイズが『H.264』よりも小さくなるわけです。

 

はなこ
『H.265』の方がサイズが小さくなるのは納得できるけど、処理が重くなりそうね。
確かに、『H.265』の符号化の処理速度は『H.264』より遅いみたいだね。

でも、コンピューターの処理能力も向上していくから、これもだんだんと改善されていくんだろうね。

たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『H.264』とは、2003年に国際規格となった『動画コーデック』で、正式名称は『H.264/MPEG-4 AVC』である。
  • 『H.265』とは、2013年に国際規格となった『動画コーデック』で、正式名称は『H.265/MPEG-H HEVC』である。
  • 同じ画質の場合、『H.265』の圧縮率は、『H.264』の圧縮率の2倍である。
  • 『H.264』のサポートするフレームレートは60fpsなのに対し、『H.265』は300fpsまでサポートしている。
  • 『H.264』のサポートするサイズは4Kなのに対し、『H.265』は8Kまでサポートしている。

『動画コーデック』の技術は、現在も新しいものが次々と登場しています。

これからも目が離せないですね。

関連記事

-ITの違い

Copyright © 違いを解説君 , All Rights Reserved.