違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

戸籍謄本

その他の違い

戸籍謄本と戸籍妙本の違いをわかりやすく解説!取り方や使い方も紹介

重要な手続きの時、よく必要になる書類に『戸籍謄本』や『戸籍抄本』がありますね。

読み間違えで違う書類を取得してしまい、

「手続きができなかった…」

なんて経験はないでしょうか。

あなたは、『戸籍謄本』と『戸籍抄本』の違いを知っていますか?

 

はなこ
この間、『戸籍謄本』が必要だったのに間違えて『戸籍抄本』を用意してしまって、手続きができなかったことがあったの。
『戸籍謄本』と『戸籍抄本』は字も読み方もよく似ているから、間違えやすいよね。
たろう
はなこ
そもそも、『戸籍謄本』と『戸籍抄本』の違いって、いったい何なのかしら?

 

今回は、『戸籍謄本』と『戸籍抄本』の違いについて解説し、取り方や使い方を紹介します。

スポンサーリンク

『戸籍謄本』と『戸籍抄本』の違い

まずは、『戸籍』について簡単に解説します。

『戸籍』とは、

血縁関係や結婚・離婚、生死などの身分事項を地元の役所に登録し、国籍や親族関係を公的に証明する制度

のことです。

『戸籍』があることで、その人は日本の国籍を持ち、親や兄弟が誰なのか、正式に証明されるというわけですね。

 

それでは、『戸籍謄本』と『戸籍抄本』がどんなものなのか、見てみましょう。

『戸籍謄本』とは?

『戸籍』に関係するすべての項目が書かれている書類

のことです。

『戸籍謄本』には、家族全員の血縁関係や生没年月日、日本国籍などの身分事項が記載されています。

そのため、現在では『戸籍謄本』のことを

『戸籍全部事項証明書』

と呼ぶようになっています。

 

『戸籍抄本』とは?

『戸籍』の中で、個人に関係するすべての項目が書かれている書類

のことです。

『戸籍謄本』とは異なり、『戸籍抄本』は

家族の中の一人

について、身分事項が記載されています。

そのため、現在では『戸籍抄本』のことを

『戸籍個人事項証明書』

と呼ぶようになっています。

 

『戸籍謄本』と『戸籍抄本』の違い

以上の説明から、『戸籍謄本』と『戸籍抄本』の違いはもう明らかですね。

『戸籍謄本』と『戸籍抄本』の主な違いをまとめると、次のようになります。

『戸籍謄本』と『戸籍抄本』の違い

  • 『戸籍謄本』には、家族全員に関する身分事項が記載されているのに対し、『戸籍抄本』には、家族の中の個人に関する身分事項が記載されている。
  • 『戸籍謄本』は、『戸籍』をまるごと写し取った書類であり、『戸籍抄本』は、『戸籍』の一部を抜き取った書類である。

そもそも、

『謄本』は『写本』、すなわち手書きで書き写した本のことを意味します。

ですから、『戸籍謄本』は、

『戸籍』をまるごと写し取った本

という意味になるわけですね。

しかし、現在は『戸籍』は電子化されているので、『戸籍全部事項証明書』と呼び方を変えたわけです。

『抄本』は、『抜き書き』という意味があります。

ですから、『戸籍抄本』は『戸籍』の一部を『抜き書き』したという意味になります。

こちらも、電子化に伴い『戸籍個人事項証明書』という言葉に変わっています。

 

はなこ
なるほどね。

『戸籍謄本』は全部書き写したもの、『戸籍抄本』は一部を抜き出したものということね。

言葉自体が古いから、わかりやすい言葉に変わったけど、今でも古い言葉が使われているんだね。
たろう

 

『戸籍謄本』と『戸籍抄本』の取り方・使い方

各種証明書交付請求書

各種証明書交付請求書

『戸籍謄本』や『戸籍抄本』は、どのように取ればいいのでしょうか?

『戸籍』は、

本籍地の役所

で管理されています。

ですから、

『戸籍謄本』も『戸籍抄本』も、本籍地の役所・役場で取得可能です。

 

本籍地が遠方にある場合、郵送で取り寄せることも可能です。

郵送の場合、いくつかの書類(『交付請求書』『本人確認書類』『請求者情報』『委任状』など)と手数料(定額小為替か現金書留)が必要になります。

用意する書類や支払い方法は各自治体によっても異なるため、必ず本籍地の自治体が運営するホームページを確認してみてください。

『戸籍謄本』も『戸籍抄本』も、取得にかかるお金は、450円程度です。

 

『戸籍謄本』が必要になるのは、主に次のような場合です。

戸籍の本籍を変えるため、『転籍届』を提出するとき

現在の戸籍から除籍し、別の戸籍を作成するために『分籍届』を提出するとき

『婚姻届』『離婚届』を提出するとき

『養子縁組届』『養子離縁届』を提出するとき

相続税の申告手続きをするとき

不動産の相続登記をするとき

預貯金や証券口座の名義を相続人に変更するとき

 

また、『戸籍抄本』が必要になるのは、主に次のような場合です。

パスポートを申請するとき

結婚する場合など、氏名変更の手続きをするとき

生命保険金を請求するとき

年金の受給手続き

 

どちらの書類が必要になるかについては、手続きや申請時の書類に記載されていますので、必ず確認するようにしましょう。

特に『戸籍謄本』と『戸籍抄本』は、字がよく似ているので、間違いないようにしてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『戸籍謄本』とは、『戸籍』に関係するすべての項目が書かれている書類のことである。
  • 『戸籍抄本』とは、『戸籍』の中で、個人に関係するすべての項目が書かれている書類のことである。
  • 『戸籍謄本』は、『戸籍』をまるごと写し取った書類であり、『戸籍抄本』は、『戸籍』の一部を抜き取った書類である。
  • 『戸籍謄本』は、『転籍届』『分籍届』『婚姻届』『離婚届』『養子縁組届』『養子離縁届』などで必要になる。
  • 『戸籍抄本』は、パスポートの申請、氏名変更手続き、生命保険金の請求、年金の受給手続きなどで必要になる。

人生の節目の中で必要になることの多い『戸籍謄本』や『戸籍抄本』。

間違えて異なる書類を取得することのないように、どういうモノなのかしっかり覚えておきましょう。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.