違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

カレーライス

食べ物の違い

キーマカレーとドライカレーの違いとは?材料と作り方をチェック!

日本人の好きな食べ物として、必ず上位になる食べ物といえば、『カレー』を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

『カレー』にも、様々な種類がありますよね。

『チキンカレー』『ビーフカレー』『グリーンカレー』『キーマカレー』『ドライカレー』など、それぞれ特色があります。

しかし、『キーマカレー』と『ドライカレー』って、よく似ています。

あなたは、『キーマカレー』と『ドライカレー』の違いを知っていますか。

 

はなこ
『カレー』といったら、何が一番好き?
僕は『キーマカレー』だね。

ひき肉がたっぷり入っていて、食べごたえがあるからね。

たろう
はなこ
『キーマカレー』って、『ドライカレー』と同じよね。
えっ?

『キーマカレー』と『ドライカレー』は別物だよ。

たろう
はなこ
そう?

じゃあ、『キーマカレー』と『ドライカレー』って、いったい何が違うの?

 

今回は、『キーマカレー』と『ドライカレー』の違いについて解説し、その材料や作り方をチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

『キーマカレー』と『ドライカレー』の違い

まずは、『キーマカレー』と『ドライカレー』がどのようなものか、見てみましょう。

『キーマカレー』とは?

ひき肉を使ったカレー

のことです。

『キーマ』とは、ヒンドゥー語で『細切れ肉』や『ひき肉』を意味します。

インド料理の一つであり、インドでは宗教上の制約から、羊や山羊、鶏肉を使ったものが多いです。

 

『ドライカレー』とは?

『キーマカレー』や『カレーチャーハン』『カレーピラフ』などをまとめた呼び名

のことです。

『カレー』というと、通常は液体のものを指しますが、『ドライカレー』は水分が少なかったり、ほとんど含まれない場合もあります。

ひき肉を使った『ドライカレー』は、いわゆる『キーマカレー』のことです。

ただ他にも、チャーハンやピラフをカレー風味にしたものも、『ドライカレー』に含まれるわけです。

 

『キーマカレー』と『ドライカレー』の違い

『キーマカレー』と『ドライカレー』の主な違いをまとめると、次のようになります。

『キーマカレー』と『ドライカレー』の違い

  • 日本では、『キーマカレー』は『ドライカレー』の中に含まれる。
  • 『キーマカレー』は、必ずひき肉を使うが、『ドライカレー』はひき肉を使わない場合がある。
  • 『キーマカレー』は、インド発祥であり、『ドライカレー』は日本固有のメニューである。
  • 『キーマカレー』は、水分を多く含んだ『カレー』もあるが、『ドライカレー』は全て水分が極端に少ない。

 

まず、『ドライカレー』の中には、『キーマカレー』『カレーチャーハン』『カレーピラフ』の3つの種類があることは前にも書いたとおりです。

中でも『キーマカレー』は、必ずひき肉を使います。

つまり、ひき肉を使わないカレーは『キーマカレー』とは呼べません。

しかし、『ドライカレー』はひき肉を使わない形のものもあります。

 

『キーマカレー』はインドが発祥です。

そのバリエーションは非常に豊富で、水分を含むもの、含まないものと、様々なタイプがあります。

しかし、

『ドライカレー』は日本で誕生した『カレー』です。

そして、

『ドライカレー』には水分がほとんど含まれません。

 

はなこ
『キーマカレー』は、『カレー』の本場であるインド発祥の料理なのね。
『ドライカレー』という料理はインドにはないんだね。

日本固有のメニューとは知らなかったな。

たろう

 

『キーマカレー』と『ドライカレー』の材料・作り方

香辛料の入ったスプーン

香辛料の入ったスプーン

『キーマカレー』と『ドライカレー』の材料・作り方を紹介します。

『キーマカレー』の材料と作り方

『キーマカレー』の材料

カレーのルー 100g

牛豚ひき肉 250g

玉ねぎ 中1個

トマト 中1個

なす 2本

ピーマン 2個

パプリカ(黄) 1/2個

サラダ油 大さじ1

水 200ml

『キーマカレー』の作り方

  1. 玉ねぎはみじん切り、トマト・なす・ピーマン・パプリカは1.5~2cm角に切る。
  2. フライパンにサラダ油を入れて熱し、みじん切りにした玉ねぎをよく炒める。
  3. 玉ねぎが透き通ってきたら、ひき肉を加えて炒める。
  4. トマトの半量・なす・ピーマン・パプリカを加えて、さっと炒めたら水を加える。
  5. 沸騰したらあくを取り、ふたをして中火で約5分煮込む。
  6. いったん火を止め、カレーのルーを割り入れて溶かす。
  7. 再び弱火で時々かき混ぜながら約10分煮込む。
  8. 最後に、残りのトマトを加えてひと煮立ちさせる。

 

『ドライカレー(カレーピラフ)』の材料と作り方

『ドライカレー』の材料

米 2合

ウインナー 6本

冷凍ミックスベジタブル 100g

玉ねぎ 1/4個

オリーブ油 大さじ1杯

水 360cc

カレー粉 大さじ1杯

コンソメキューブ 1個

塩コショウ 少々

バター 10g

『ドライカレー』の作り方

  1. お米は軽く洗ってザルにあげ、ウインナーは5mmの輪切り、玉ねぎはみじん切りにする。
  2. フライパンにオリーブ油を中火で熱し、ウインナー・玉ねぎ・ミックスベジタブルを炒める。
  3. 玉ねぎの色が変わったらお米を加え、透き通るまで炒める。
  4. 水・カレー粉・砕いたコンソメを加え、混ぜながら溶かす。
  5. 沸騰したら蓋をして、弱火で汁気がなくなるまで15分ほど炊く。
  6. 7〜8分蒸らして、バターと塩コショウを加え、全体を混ぜる。

 

ここに紹介したのは、ほんの一例ですが、他にもいろいろな作り方がありますよ。

手軽に作ることができるので、ぜひ一度試してみてください。

 

はなこ
『キーマカレー』も『ドライカレー』も、割と手軽にできそうね。
そうだね。

今度、試しに作ってみようかな。

たろう

スポンサーリンク

まとめ

今回の違いのポイントについて、まとめていきましょう。

ポイント

  • 『キーマカレー』とは、ひき肉を使ったカレーのことである。
  • 『ドライカレー』とは、『キーマカレー』や『カレーチャーハン』『カレーピラフ』などを、まとめた呼び名のことである。
  • 日本では、『キーマカレー』は『ドライカレー』の中に含まれる。
  • 『キーマカレー』は、必ずひき肉を使うが、『ドライカレー』はひき肉を使わない場合がある。
  • 『キーマカレー』は、インド発祥であり、『ドライカレー』は日本固有のメニューである。
  • 『キーマカレー』には、水分を多く含んだ『カレー』もあるが、『ドライカレー』は全て水分が極端に少ない。

現在では、『キーマカレー』も『ドライカレー』も、日本の定番メニューですね。

美味しいお店を探してみてはどうでしょうか。

関連記事

-食べ物の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.