違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

ファッションの違い

チュニックとワンピースの違いをわかりやすく解説!特徴と見分け方を紹介

今や定番のファッションアイテムとして、すっかり定着した、『チュニック』。

着回しもできますし、ちょっと気になる体形もカバーしてくれる、とても便利なアイテムの1つです。

 

ところで、『チュニック』って、なんだかいろいろな服との見分け方が難しいですよね。

特に似ている服の1つが、『ワンピース』です。

この『チュニック』と『ワンピース』の違い、わかりますか?

実は、筆者もこれまでは、よくわかりませんでした。

 

ということで今回は、

  • チュニックとワンピースの違い
  • チュニックとワンピース、それぞれの特徴
  • チュニックとワンピースの見分け方

について調べ、まとめてみました。

ぜひ最後まで読んでくださいね!

スポンサーリンク

『チュニック』と『ワンピース』の違いとは?

チュニックとワンピースって、何がどう違うの?

『チュニック』『ワンピース』とは?

『チュニック』と『ワンピース』の違いの前に、それぞれどんなものか、簡単に確認しておきましょう。

 

『チュニック』とは

『チュニック』はトップスの1種で、日本では『筒形で筒袖の服の総称』とされています。

ですから、『チュニック』と呼べる服の範囲は、かなり広いのです。

 

形としては、ブラウスやシャツの丈を伸ばした感じのデザインが一般的です。

 

といっても、ただ裾を伸ばしたようなものだけではなく、

  • ウエスト部分が絞ってある
  • 胸の下や腰のあたりの部分にギャザーや切り返しがある

というデザインのチュニックも、たくさんあります。

 

丈の長さは、『お尻が隠れるくらい』のものが多いです。

ただし、丈が長めで、膝くらいまでの丈のものもあります。

 

『ワンピース』とは

『ワンピース』は、日本では、

主に女性が着る、トップスとスカートが繋がった形の服

のことを指します。

 

『ワンピース』という言葉の元々の意味は、

『一続き』『一つながり』

そこから、上下一体になった服のことを指すようになりました。

ですから、

  • つなぎの作業服
  • 上下一体型の水着

なども『ワンピース』と呼びます。

『チュニック』と『ワンピース』の違いと特徴

ではいよいよ、チュニックとワンピースの違いについてです。

ひとまず、ざっと比べてみましょう。

 

チュニック ワンピース
服のタイプ トップス トップスとスカートが一体になっている
お尻が隠れるくらいが一般的だが、膝辺りまでのロング丈もある ミニスカートくらいの長さから、足首辺りまでと多様
コーディネート スカートやレギンス、パンツなどのボトムと合わせる ワンピース1つでコーディネートが完成する

 

こうして比べてみると、一番の違いは

『チュニックはトップスで、ワンピースはトップスとボトムが一体になっていること』

と言えますね。

『チュニック』と『ワンピース』の違いを詳しく

では、いよいよ『チュニック』と『ワンピース』の違いです。

 

服のタイプの違い

チュニックとワンピースでは、服のタイプが違います。

先ほども触れましたが

  • チュニックはトップス
  • ワンピースは、トップスとスカートが一体になったもの

です。

 

ということは、

チュニックの裾は、トップスの延長

ワンピースの裾は、『スカートの裾』

ということですね。

 

ただし、トップスを延長したような形の、ストンとしたワンピースもあることを考えると、

裾だけで区別できるとは言えないでしょう。

 

丈の長さの違い

チュニックの丈は、一般的には

『お尻が隠れるくらいの長さ』

と言われています。

でも実際には、膝くらいまでの丈のチュニックもあります。

さらに、膝下くらいの長さでも『チュニック』として売られている服もあります。

 

ワンピースはどうかというと、

膝上から足首くらいまで、いろいろな丈の長さのものがあります。

 

つまり、

ワンピースより長い丈のチュニックも、チュニックより短い丈のワンピースもあり得る

ということ。

 

こうなると、丈の長さだけでチュニックとワンピースを区別するのも難しいですね。

 

コーディネートの違い

チュニックとワンピースでは、コーディネートの仕方が違います。

 

チュニック

⇒ボトムと合わせる

ワンピース

⇒単体でコーディネートが完成し、合わせるとしても上着くらい

 

チュニックは、あくまでも『トップス』として着るもの。

ですから、パンツやスカート、レギンスなどと合わせる必要があります。

 

一方ワンピースはというと、ワンピースだけでコーディネートが完成します。

ワンピースにスカートやパンツを合わせることって、まずないですよね。

ノースリーブのワンピースなどには、上着を着ることが前提のデザインもありますが、あくまでもプラスするのは上着だけです。

 

『チュニック』と『ワンピース』の見分け方は?

それ、チュニック?ワンピース?

『チュニック』と『ワンピース』を見分けるのは難しい!?

チュニックとワンピースの見分け方は、一般的には

  • トップスを伸ばしたような形で、お尻が隠れるくらいの丈のものは、だいたいチュニック
  • ひざ下だったらだいたいワンピースと判断できる
  • 腰より下がスカートの形になっていたら、ワンピース

と言えるでしょう。

 

でも、これはあくまでも『これでだいたい見分けられる』という範囲にすぎません。

『チュニックとワンピースを完全に区別するのはとても難しい』

というのが、筆者の見解です。

 

なぜかというと、

  • 『ちょっと長めのチュニック』と同じくらいの丈のワンピースもある
  • トップスを伸ばしたような形のワンピースもある
  • ワンピースとして着られるくらい丈が長いチュニックもある

など、チュニックもワンピースも、形や丈が実に多種多様だからです。

 

実際、同じ服なのに『チュニックだ』という人も『ワンピースだ』という人もいる、なんてことも、あったりするようです。

そのうえ、『チュニックワンピース』なんていうものもあります。

 

こうなると、区別は難しいですね。

でもこれも、ファッションが多種多様であるからなのでしょう。

チュニックはワンピースとして着ることはできる?その逆は?

丈が長めのチュニックを、ワンピースとして着ることはできるのでしょうか?

また、逆にワンピースをチュニックとして着られるのでしょうか。

 

結論としては

服のデザインや形と、着こなしによる

ということになります。

 

チュニックをワンピースとして着る

チュニックの中には、膝くらいまでの丈のものもあります。

丈がそのくらいあれば、ワンピースとしても着られそうな気がしますよね。

実際、ひざ下までのロングチュニックを、ワンピースとして着る人もいます。

 

でも、チュニックはあくまで『トップス』。

チュニックの裾は『スカート』にはなっていません。

ある程度丈の長さがあるとしても、たとえば歩いたり走ったりした時になびいて、下着が見えてしまうこともあり得ます。

 

ですから、チュニックをワンピースとして着るなら、

  • 丈の長さが十分あるものを選ぶ
  • 歩いたり走ったりしてもふわふわしすぎない素材やデザインでできているものにする
  • タイツやストッキングをはく

など、注意が必要です。

 

ワンピースをチュニックとして着る

ミニワンピースをチュニックとして着ることも、できなくはありません。

ただし、これも服のデザイン、それから組み合わせのセンス次第というところもあります。

 

『どこからどう見てもワンピースにしか見えない』

というものだと、ボトムにパンツやスカートを合わせると、おかしくなってしまいそうですよね。

特に、腰から下が『いかにもスカート』というものは、難しいでしょう。

『絶対無理』ではありませんが、ステキに見えるコーディネートを考える必要があります。

 

でも、チュニックに近いデザインのもの、たとえば

  • ストンとしたデザイン
  • スカート部分がトップの延長のような感じ

といったものなら、ハードルは低いかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

チュニックとワンピースの違いは、一般的には

  • チュニックは、トップスで、ワンピースはトップス+スカート
  • チュニックは、お尻が隠れるくらいの丈が多く、ワンピースは膝上から足首までの丈と、いろいろな丈のものがある
  • チュニックは、ボトムと合わせるが、ワンピースは単体で着られる

ということです。

 

といっても、チュニックもワンピースもデザインがとても豊富で、明確に線引きするのは難しいところです。

デザインによっては

「これ、チュニック?それともワンピース?」

と思うようなものもあります。

 

特に、ストンとした形の

  • 膝上丈のチュニック
  • 膝上丈のワンピース

だと、見分けることは難しいでしょう。

 

いずれにせよ、チュニックもワンピースも、かなりお役立ちなファッションアイテムです。

あなたのセンスで、ぜひ素敵に着こなしてくださいね!

関連記事

-ファッションの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2020 All Rights Reserved.